医療従事者が感染する例が増えるだろう: ずくなしの冷や水

2020年04月05日

医療従事者が感染する例が増えるだろう

海外の新コロナウィルスとの戦いの様子を追っています。

詳しいのはロシアのメディアが伝える情報です。

ロシアは、武漢にロシア人を連れ戻しに行った時も、飛行機の乗員は完全装備でした。イタリアには、もともと細菌兵器や放射性物質による汚染に対処する部隊が送られており、輸送機で運んだトラック自体がそのための専用装備になっています。柄の長いスプレーノズルがトラックの後ろ扉の内側に着脱式で取り付けてありました。


防護服、マスクなどもそれなりの水準を保ったもののように見えます。

軍事部門の一つとはいえ、機器から消耗品まで供給に不足がないのは、大変驚かされます。ロシアの製品と言えば、昔は品質が悪い、供給が滞る、慢性的な不足が常識でした。

一方、今の日本では、医療関係消耗品は、「品質が悪い、供給が滞る、慢性的な不足が」が生じています。

そんな中で急増する感染者。医療従事者に感染者が広がります。これは今の装備上からして避けられないでしょう。

亡くなる人、障害の残る人も増えるでしょう。

でも、それは福島第一原発事故の後から見えていたんですよね。被ばくを懸念する人の声を鼻で笑うような医師が大半だったわけですから。

新コロナウィルスについても、海外の状況を知らないでツイッターなどでとんでもない発言を繰り返している医師が多いです。

日本の医師は、試験には合格しているかもしれませんが、知識人でも有識者でも、もちろん人格者ではない。幻想を捨てて現実をよく見るべきです。日本の医療を過信しないことです。

別に今始まったことではない。その通りです。ただ言えるのは、福島第一原発事故後、医師たちが恥部を隠さなく、堂々とさらけ出すようになったことです。

※ Masaki Oshikawa (押川 正毅)@MasakiOshikawa氏の2020/3/29のツイート
「何故感染者が増えているのか、特に大学生から40歳代の人、コロナに感染しても無症状か、軽い風邪だと思っている人が、アクティブに行動することが、その大きな原因と言われて…」
東京都医師会がCOVID-19の危険性を過小評価した広報を行ったことも、その大きな原因では?

※ Masaki Oshikawa (押川 正毅)@MasakiOshikawa氏の2020/3/9のツイート
東京都医師会
新型コロナウイルス感染症に関するリーフレット 都民の皆様へのお願い
https://tokyo.med.or.jp/16698
なかなか凄い。
「感染力はインフルエンザと同程度かそれより弱い」
「重症度は、通常のインフルエンザなどと同程度」
「感染しても多くの方は症状が出ないか、少し長めの呼吸器症状で完治」

3/8と言えば、このブログでは、次の記事を載せています。
2020年03月08日
もたつく日本を尻目にイタリアはロンバルディア地方と他の14の州を4月3日まで事実上封鎖

大きく状況判断が異なります。東京医師会の資料を作った医師らは、このような情報は全く得ていなかったということです。

※ onodekita@onodekita氏の2020/3/30のツイート
医師のネトウヨ割合は、6〜7割あるような感じを受けます。

海外からは医療従事者、医師の死亡が伝えられています。

孫向文 新刊「国籍を捨てた男が語る中国のヤバすぎる話」@sonkoubun氏の2020/3/29のツイート
米国初 医者が感染で死亡

日本でも亡くなる方が続くでしょう。

次は、ロシアの兵士が消毒を終えて退出するところです。感染者死亡者がたくさん出た施設ですが、こんな風にしっかりと消毒しています。青い服と銀色の服は、使い捨てではないようです。



医師に限らず、一般の方でもこの点は十分注意してください。普通のマスク1枚で防護ができるわけではありません。

薄いマスク1枚で新コロナウィルスで汚染された場所、環境にいれば感染します。これは間違いない。だから感染者が爆発的に増えているのです。

※ コロナ怖い研修イさん@kenshui_arai氏の2020/3/30のツイート
補足
3人の感染した医療職とは、愛知県の旭労災病院の40代女性看護師(3/19)、兵庫県西宮市立病院の20代男性研修医(3/24). 群馬県の公立館林厚生病院の20代女性看護師(3/28)でいずれも患者を担当していました。加えて名古屋市感染症指定医療機関の20代男性看護師(3/29)の4人に増えました。

2020/3/30、宮城県発表 大崎市民病院勤務の医師 30代男性が感染

2020/3/31 新たに医師ら2人の感染を確認 − 国立がん研究センター中央病院
2020/3/31 静岡市立静岡病院の看護師が新型コロナに感染

※ Michael Tracey@mtracey氏の2020/4/2のツイート
Doctor killed by coronavirus at Valley Hospital in Bergen County, NJ according to @NJTVNews. I was there around six weeks ago and it looked like they were taking maximal precautions, very early on

カナロコ by 神奈川新聞2020/4/4(土) 21:30配信
「危機感足りなかった」 研修医20人で会食、5人でカラオケ5時間… 横浜市立市民病院で研修医の感染2人目
 横浜市立市民病院(同市保土ケ谷区)で、新たに20代男性研修医の新型コロナウイルス感染が明らかになった。同病院関係者の感染は2人目。感染経路は3月下旬に同僚の研修医20人で開いた会食とみられ、その場には1人目の感染者の20代女性も含まれていた。
 同病院は感染症指定医療機関の一つで、新型ウイルス感染者らを受け入れる立場。市役所での会見で同病院幹部は「危機感が足りていなかった」と陳謝した。
 市によると、20人の会食があったのは3月27日。前日の26日には、黒岩祐治知事が夜間を含む週末の外出を自粛するよう県民に緊急メッセージを発していた。
 男性研修医は27日の前後にも、同病院の医師や研修医、放射線技師、看護師と計4回にわたり会食やカラオケに参加。研修医5人でのカラオケは5〜6時間に及んだという。病院は会食などへの参加について明確に禁じていなかった。
 感染が判明した研修医2人の濃厚接触者は、現在も同病院に勤務する医師や研修医らだけで30人以上という。いずれも検査結果は陰性だったが、自宅で経過観察中。同病院の医療体制について、幹部は「大きな影響はない」としている。
神奈川新聞社

※ superbigchoco@superbigchoco1氏の2020/4/5のツイート
八戸では20代男性医師が、3/23からのスペイン旅行にて感染、28,29日に発熱症状、1日から病院での研修、3日に感染確認。研修医がこの時期に旅行って、非常識極まりない。そして病院は外来休止5日間。医師になる資格はお持ちだがモラルがない。プロ意識の欠如、病院の管理も甘いんじゃないか。

posted by ZUKUNASHI at 12:35| Comment(3) | Covid19
この記事へのコメント
ロシアの物資、選択と集中で、水準が上がっている分野とそうでない分野はあるかも知れませんが、今回のような危機管理分野の水準はかなりのものということですね。国民の安心感、どれほどのものかと思います。

日本に関しては、もう残念ながら、医師だけでなく官僚・マスコミ・財界…「基本的に」信頼するのが難しくなってしまいました。
相互の信頼が失われた社会。本当にどうなるのでしょうか…。
Posted by みゆう at 2020年03月29日 13:16
みゆうさん、ロシアはソ連時代から国家総力戦(核戦争、細菌戦、毒ガス戦)で勝利する準備しています。日本は、米国に頼りなにもしませんでした、とろい頭の間抜けの国です。バカだから仕方ありません。狂人になり新コロナウイルス踊りしてあの世に行くだけです。特攻軍神安倍総理 ウイルス天国日本 万歳3。
Posted by 西 亨 at 2020年03月29日 14:40
西さま、

ロシアはすでに長い期間、総力戦の準備をしているんですね。
実際に、レングラード封鎖とかえげつない攻撃をしかけられた歴史もあるわけですし、現在のRussophobiaも酷いですから…常に最悪のことを想定しているのでしょうね。

敗戦直後の日本には、大いなる反省が確実にあったと思うのですが、いつの頃からか(いわゆる高度経済成長の時代からだと思いますが)お金もうけのことしか考えない、自分の頭で考えない国になってしまいました。
「エコノミック・アニマル」という言葉があったことを思い出します。当時は、それでもこの言葉は自嘲的に使われていたように思いますが、今ではみんなすっかりエコノミック・アニマルに成り下がってしまい、自嘲の雰囲気もなくなってしまいました。新コロナウィルス踊りで、熱狂の中であの世に行けるなら、それはそれで良し、なんですかね〜(´Д`)?!
Posted by みゆう at 2020年03月29日 20:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。