悲劇のベルガモの街: ずくなしの冷や水

2020年03月29日

悲劇のベルガモの街



RTなどが伝えたイタリア北部の街ベルガモでの軍による遺体移送の動画からキャプチャーしました。

https://www.youtube.com/watch?v=AWNWBAD43wc&feature=emb_rel_end から
ベルガモの main cemetery の正面です。


正面左側に車両入口があります。


https://www.youtube.com/watch?v=AWNWBAD43wc&feature=emb_rel_end から
main cemetery の西側にある通用門と見られる門から軍のトラックが出てくるところです。


通用門を出て北に向かっているところです。藤棚のように見えるのは駐車場の屋根です。


市内の高速道路に乗ったところ。


間もなく幹線高速道路のインターです。ミラノ、ベネチア方面と標識にあります。





中国やキューバの救援チームが臨時の病院を開設しています。


ロシアも救援チームと物資を送りました。

ロシアが輸送機で要員と物資を運び込んだのは、ローマに近い空軍基地です。ここから車列を組んで高速道路を一路北部のロンバルディアに移動しました。

次の2枚は地図上のルートを調べていて私自身が迷子にならないよう記録したものです。次の分かれ目にはエアポートミリタリと小さな標識があります。空軍基地自体は大変大きいです。




これら2か所はロシアのコンボイは通りませんでした。大型車両もありますので、道幅の広い道路を通っています。

Russian military medical convoy makes 600km march to the heart of Italy's Covid-19 outbreak
https://www.rt.com/news/484161-russia-military-medics-italy/

確かに600kmはあります。


空軍基地のゲートから出てきて間もないところ。超望遠で撮っていますから道路の傾斜や標識が強調されています。右側に基地のフェンスが見えます。


Googleのストリートビューで見るとこの場所です。


ローマから空軍基地に至るルートの一つはこんなところを通ります。ローマからそんなに離れていないんですが。ここも通りませんでした。


基地の北側の道路を西に走り最初の交差点です。




ローマの環状高速道路に乗って間もなくフィウミチノの空港に近いところ。この先環状高速を半周します。



ローマの環状高速道路の北側の部分です。





うーん、軍隊はやはりすごい。暗いうちに着いて、6時間以上走っています。平均時速は100kmも出ていないはず。下手なところで飯を食べるわけにもいかないのですから。

調べるのに手間がかかりましたが、3日ほどでイタリアの北部と南部の様子をだいたいつかむことができました。農地が多く、北部に比べて南部はやはり貧しそうです。イタリアがアフリカからの難民受け入れに強く抵抗するのもわかります。

SPUTNIK2020/3/26
The day before, Russian military specialists arrived in the Italian city of Bergamo to start deploying the Italy-Russia coronavirus response centre in a move to slow the spread of COVID-19.
The Russian Defence Ministry stated on Thursday that Russian military doctors would be treating coronavirus patients in Italy's Bergamo starting this Friday.
Russia sent its military specialists to assist Italy in fighting the COVID-19 earlier this week. The assistance also includes equipment for diagnosis and disinfection.

WATCH Russian biodefense troops disinfect nursing home in coronavirus-hit Italy
ロシアの支援チームがベルガモに入り活動開始です。死者が多数出たベルガモ北部の高齢者専用住宅の消毒を開始しています。




手際の良さ、普段から機械を扱いなれていますね。






道路に散水しています。これも持ってきた。


この方は鼻梁が高いためでしょう金具で隙間が開かないようにしています。


ロシア軍の兵士は、こうやって実戦、実践の経験を積んでいるんですね。器具は存分に使っていい、しかしミスしたら死ぬぞ。と言われているはずです。彼らは知識は身についている、現場経験を積むことで応用行動ができるようになる。

次は、消毒液を噴霧するためのコンプレッサーです。工事現場で使うのと変わらない。後ろのステンレスの容器は消毒用アルコールでしょう。これも飛行機で運んできたはず。









posted by ZUKUNASHI at 01:14| Comment(2) | Covid19
この記事へのコメント
マスクは普通のサージカルに見えますが、ゴーグルは初めて見ますね。四隅のは吸気弁ではないでしょうが、湿度調整出来るんですかね。素材も枠以外はソフトな感じだし、性能良さそうですね。
Posted by 鯖虎 at 2020年03月29日 23:25
前面以外はソフトな材質のようです。突起が何なのかわかりませんが、曇り止のための換気用か、ゴーグルを顔に密着させるための空気抜きか、そんな用途ではないでしょうか。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年03月29日 23:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。