感染は避けられるなら絶対に避けたほうがいい: ずくなしの冷や水

2020年04月01日

感染は避けられるなら絶対に避けたほうがいい

なごやの読者さんから寄せられた投稿

コロナウィルスに関して、面白い報道がありましたのでご報告します。
https://www.itmedia.co.jp/business/articles/2003/11/news087.html

フマキラーが抗ウィルス効果のあるスプレーを発売したところ、効果がないとの指摘があり、その反論の記事になります。私が注目するのは、この記事の「グレープフルーツの種」の抽出成分も、コロナウィルスに類似するウィルスを不活化する効果がある、としている点です。

実は、この効果が知られたくないために、このスプレーを潰すような記事が流れたのではないでしょうか。種の抽出物が有効なら、種ごと絞っているジュースなどを飲むことで、人の体内のウィルスも不活化(感染力を失わせる)ことができるのでは?なとど考えました。

さらにいえば、この種子由来の抽出物を大量生産して、錠剤にして飲めば、多く人に効果があるのではないでしょうか?

まったくの与太話かもしれません。
面白い情報で、なおかつ面白い展開を見せているので投稿しました。
バカな話であれば、深くお詫び致します。

下記の記事、個人ブログでも指摘がありました。
https://ameblo.jp/mizui15/entry-12574156174.html

面白いことに、この記事、グーグ○では絶対に出てこないです。
他の検索エンジンでは「コロナウィルス グレープフルーツ」で1位ですが笑。

グレープルフルーツの種は、エキスが普通に販売されているようです。

このフマキラーの記事が出る前、実はすでにグレープフルーツジュースに注目していました。私は、日本以外に住んですでに1年近いですが、1月末に武漢でコロナウィルスの爆発拡大があったとき、現在住んでいる国でも広がっている気配を感じていました。

同じビルのフロアで、咳が酷い人が、別の会社で散見されていたこと。
ある会合で、震えながらカラ咳をする日本人に出会ったこと。
その会合ではマスク二重で、しかも着ていた服をすべてすぐ換えたのですが何かの理由で、感染した可能性がありました。

(ここからはさらに与太話、しかし実体験です)

第一週目、ものすごい倦怠感。疲労感が酷く夕方までもたない。
しかし咳が一切出ないので、何かに感染したと思っていませんでした。

第2週目、肺から始まり、喉にせりあがるような痛みと咳症状が急に始まる。
その日から自宅療養(一人住)、しかし鼻うがいをしているので、咳の拡大はなし。

第3週、肺の症状は治まらず、油断するとせり上がる感じ。しかしある日、夕方から急に体温があがり、夜も体温が高く、翌朝には体温下がる。
それから、咳の症状が来ない、肺の状態も落ち着いた。

この感染症の場合、私はこの瞬間まで体温は平熱のままでした。

この日、夕方に一定量のグレープフルーツジュースを飲む機会がありました。
その瞬間はわかりませんでしたが、翌日以降の体調変化で気が付き、飲み続けることに。

あと、生のにんにくを焼肉と一緒に食べると、さらに体力が回復。
倦怠感なし、咳もなし、喉にへばりつくようなカラ咳もなくなりました。

*喉にへばりつくようなカラ咳は、大きな特徴だった。

ただし、職場復帰後も、肺がおかしいと感じるときが数回。
いずれも、トイレをマスクなしで利用した直後であり、エアロゾルによる
トイレ感染を強く疑う。管理会社への朝夕消毒依頼で緩和。

最初、グレープフルーツジュースが効果があるのは、肺の中のアレルギーを抑える働きがある、という部分で理解していましたが、コロナウィルスの不活性に種の成分が効果があるのであれば、私が考えていなかった効果もあったのかもしれません。

私の一連の体験は、ただの風邪、もしくは他の感染症かもしれません。
しかし、グレープフルーツジュースが偶然、回復の転機になりました笑。

現在症状はまったくないですが、トイレを含めたエアロゾル感染の可能性のある場所には、ものすごく注意しています。また、家族に会う前には
PCR検査を2回、14日以上あけて受診する予定です。

与太話ですが、ぜんぶ実体験です。

また、これはもしかしたら本当に効果があるかも、と考え始めています。

グレープフルーツシードのエキス。飲み始めてみます。

先の方のビタミンCの記事が出ていました。
https://indeep.jp/vitamin-c-and-vitamin-d-against-coronavirus/

現状では個人的に、グレープフルーツジュース推薦です。
ちなみに、りんごジュースやオレンジジュースでは効果を感じませんでした。

グレープフルーツの種のエキス、これから飲んでみたいと思います。

相変わらず、黄色いグレープフルーツジュースを飲んでいますが、知人に勧めることがあり、飲んでもらうと「咳を止める効果がすごい」と驚かれます。

しかし、午前中につけたマスクを(昼食後)、午後も着けると、再感染するよ!といっても誰も聞いてくれませんね。
その人はこちらで空咳を何日も続けています。

マスクの再着用が危険なのは、治癒する過程で気づきました。口から出ているウィルスの量がもの凄く多いのだと思います。

目からも感染するのか?という議論がありましたが、私の実感が仮に正しいとすれば、目からも感染するのではと思います。

なにせ、空咳をしている人に近づくと、目がかゆくなり、帰宅後グレープフルーツジュースを飲んで寝ると、翌朝目やにがものすごく出て、翌日には治る、というようなことが何度かありましたので。
(目やにが出る感染症が他にあるのは知っていますが)

ところで、このウィルスで一番怖いのは、後遺症がまだ明確ではない、という点だと思っています。

感染しても治癒すれば、体内からウィルスはいなくなるのか?
もしくはエイズのように一生涯残ってしまうのか。

RNAウィルスを死滅させる、グレープフルーツジュースの効果を知人に話すと、みな大笑いするだけで、何もしません。
しかし実際に飲ませた人は、ぴたりと咳が止まります。

薬の飲み合わせに関する情報サイトで、グレープフルーツの効果は人体で5時間程度は有効だと読んだことがあります。

すると、RNAウィルスを死滅させる効果も、5時間程度は続く?
もしそうなら、非常に嬉しいことですが。

妄想かもしれませんが、お薦めです。
フルーツジュースなので、飲み過ぎ以外はたいした実害はありませんし笑。

日本ではなぜか、既に克服したかのような情報をまともに受け取る人が多いですよね?

本当かな?と思っています。
勿論、コロナを克服しつつあるなら喜ばしいことですが。

コロナウィルスの後遺症、初期には中国からの情報発信がありましたが、今では検索してもなかなか新しい情報が発見できません。

免疫不全ウィルスであれば、免疫細胞に感染したときには劇症化してしまい、既存の免疫システムでは退治できなくなる。
だから、免疫細胞に感染しないで治癒した人は軽傷であり、後者が重傷もしくは死亡に至る。
ウィルス自体はやはり体内に残る?

上記のように想像しています。
だから、感染は避けられるなら絶対に避けたほうがいい。

まだまだ分からないことだらけなのに、日本人の大部分は、すでに上から目線で海外の悲惨な状況を眺め始めているのはほんとうに不思議です。


※ 山本亜希子 Akiko YAMAMOTO@akko_pf氏の2020/3/31のツイート
実は新型コロナと思われる症状で苦しんでいました。猛烈な頭痛、そして発熱。全身筋肉痛、関節痛、倦怠感に襲われ、発症後3日目に突然嗅覚を失い。。
普段ほとんど熱を出さないこの私が10日間もの間熱に苦しめられたのは人生初の経験。もう後半は体力以上に精神的にやられていました。

最初に発症したのは夫。彼は私よりも症状は軽く、でも同じく嗅覚を失い。私はそこから数日遅れての発症。
自宅待機でかれこれ2週間強24時間一緒に居る子供たちは至って元気だったというのも新型コロナを疑う原因(子供は感染しても無症状だと言うし)。ネット診察を受けた医師の見解もコロナだろうと。

今朝やーっと平熱に戻り、解熱剤(パラセタモールを10日間も飲み続けた)が必要なく、頭痛もなく、身体も軽く、、もう見える世界が違う!ああ健康て何て有難いのでしょう。
私たちなんて軽症の部類でしょうから(それでも十分苦しんだ!)重症の方々はさぞ苦しいのだろうと想像します。

皆さんも本当に気をつけて下さい。軽い風邪、インフルエンザとはやはり違うものです。そして何より無症状でも人に感染させてしまうという恐ろしさ。
とにかく不必要な外出は控える、これに限ります。
私たちもまだしばらくは自宅で大人しくしています。


posted by ZUKUNASHI at 23:52| Comment(4) | Covid19
この記事へのコメント
取り上げて頂き、ありがとうございます。

この感染症は、最初の倦怠感が凄いです。

かかっていることを気づいていない時期(咳がなかったので)
なぜこんなにイライラするのかわからないくらい、疲労感もあり
気持ちが維持できない状態が続きました。

初期では、咳も出ないし、発熱も私はなかったです。
ただ、この「ものすごい倦怠感」は感染に気付くきっかけ
になるかもしれません。


倦怠感によるものか、感染で精神的にも影響を受けるのかわかりませんが
簡単に気持ちが落ち込んだり、イライラして人に当たりやすくなります。

飲むなら、グレープフルーツのシードエキスか、黄色い(昔ながらの)
グレープフルーツジュースがいいです。咳を止める効果も抜群です。

ピンクより、黄色のグレープフルーツのほうが、効果のある成分が
多いです。

マスクの2度使いは、ぜったいできないくらい、口からウィルスが
出ていると思います。治癒段階で、もうすごく軽症だと思う時期でも
マスクを2度使おうとすると、「これはダメだ!」と思うほど、
使っているマスクにはウィルスが多量についていたようです。

咳を一切しなくなっても、たった5分程度つけたマスクは
「もう2回は使えない」感覚です。それくらいウィルスが呼吸で出ています。

回復期にある方は、マスクをひんぱんに新しいものに
取り換えるほうが早く治癒すると思います。

後遺症は怖いです。
どんな情報が出るか、戦々恐々ですが。

ただ、黄色のグレープフルーツジュースを飲むことが
なかったら、私もイタリア人の多くのようになっていたのか
いまでも空咳を続けて、ものすごい倦怠感に苦しんでいたのか。

感染は避けられるなら、絶対避けてほしいです。
なにせ、後遺症の全貌がまったくわかっていないのですから。
Posted by なごやの読者です at 2020年03月24日 07:37
免疫抑制剤(シクロスポリンなど)、高脂血症治療剤(シンバスタチンなど)、降圧剤(ニソルジピン、フェロジピンなど)など、一部の医薬品は、グレープフルーツジュースを飲むと効果が強く出たり、副作用が現れやすくなるおそれのあることが知られています。
グレープフルーツジュースを避けるべき医薬品は多数ありますので、新たなお薬が処方された時などは、薬剤師に確認されると良いでしょう。
なお、グレープフルーツと同じ柑橘類でも、ミカン、オレンジなどは影響を与えないといわれています。
*高血圧等で治療中はご注意↓
https://www.pmda.go.jp/safety/consultation-for-patients/on-drugs/qa/0017.html
Posted by sasaki at 2020年04月02日 05:45
呑み合わせがいけないものはいろいろあるんですね。降圧剤でも薬局で強く注意されるものとそうでないものもありますね。
グレープフルーツジュース作るのも面倒でなかなか飲めないですが。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年04月02日 09:19
いつも貴重な情報ありがとうございます。
コロナウィルスの感染の広がり、なんでもありになってきましたね。

黄色いグレープフルーツジュースですが、
市販のパックのものでも十分効果がありますよ。

砂糖が入っていないもの、また南アフリ○産以外がお勧めです。
(南アフリ○産は、農薬?のような味がとても強いので)

咳が止まる効果は、かなりしっかり現れます。
あとは、感染した人が、飲んだ体験記などが他にも
出てくると、本当に効くかわかるのですが。

私はかなり確信がありますが笑。
Posted by なごやの読者です at 2020年04月03日 02:49
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。