千葉市長の言う社会崩壊とはこうなること 東日本の小選挙区でワーストワン: ずくなしの冷や水

2020年03月02日

千葉市長の言う社会崩壊とはこうなること 東日本の小選挙区でワーストワン


2020/1の出生数は2009年以降で最低、死亡数は2009年以降で最高。
しかもその勢いは加速中。ここに新コロナウィルス。

「社会の崩壊」なる言葉を多用する熊谷氏は、自分のやってきたことがまさにその実現であったことをわかっている?

千葉1区に続く人口動態悪化小選挙区は、茨城3区取手市など、埼玉9区狭山市など、神奈川14区相模原市など、東京23区町田市。

千葉市には、大学もあるのにみんな頭いかれて差し迫る危機を感じられないらしい。千葉市の大学に子供を進ませるのは止めたほうがよい。

他の人口動態の悪い小選挙区も子供を健康に育てるにはリスクが多い。年寄りが他の地域より死に方が速く、新生児が生まれないのだから誕生後の子供の発育に良くない環境だということは明らかだ。

千葉県は、新コロナウィルス関係の情報を2020/2/26以来出していません。もう1週間になります。なにやっているの? 千葉県の住人の人たち、どこの情報で身を守っているの? 笑っちゃうよ。千葉県に住むとダチョウになる。
posted by ZUKUNASHI at 16:07| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。