「これから1〜2週間が瀬戸際」だって! もう手遅れだと思うよ さらに拡大だ: ずくなしの冷や水

2020年02月24日

「これから1〜2週間が瀬戸際」だって! もう手遅れだと思うよ さらに拡大だ

※ Kana Kubota@affluencekana氏の2020/2/24のツイート
イタリアでコロナウイルス感染が増えている
5万人が自宅に滞まるよう指示され、10の都市が封鎖
学校、レストラン、大学も閉鎖
人口密度が高い日本はもっと厳重な警戒態勢を早急にとるべき
検査をしたら感染数が増えるから検査しないとか完全に狂気

※ 毎日新聞2020年2月24日 21時26分(最終更新 2月24日 22時24分)
新型コロナウイルス感染症の感染拡大に備えた政府の基本方針案が24日、判明した。患者が大幅に増えた地域では、一般の医療機関で感染の疑いがある患者を受け入れるようにし、軽い風邪症状のある人には自宅療養を求める。一方、医療機関内で感染するのを防ぐため、風邪症状がない高齢者や基礎疾患がある人は、電話などで出かけなくても診察を受け処方箋をもらえる体制を作るとしている。25日に対策本部会議を開いて正式に決定する。【原田啓之、金秀蓮】
 国内の感染状況について、政府の専門家会議は16日に「発生早期」と位置付けていた。基本方針案では「一部で小規模の集団感染が把握されているが、まだ大規模な感染拡大は認められてはいない」との認識を示し、対策の柱に「患者の増加スピードを可能な限り抑制し、流行の規模を抑える」「重症者死亡者の発生を食い止める」を掲げた。
 国は現在、風邪症状などがある人には各地に設置された相談センターに電話し、専門外来を受診するよう求めている。今後、患者が増えた地域ではこれを改め、一般医療機関でも診療時間や出入り口を区分した上で感染の疑いのある患者を診療する。透析患者用の診療所など疑い患者を受け入れない施設も決めておく。
 また、ウイルス検査も患者が増えた地域では全員に実施せず、入院が必要な肺炎患者の確定診断のための検査に移行する。さらに、感染経路の調査も集団感染が起きていなければ縮小し、濃厚接触者には外出の自粛を求めるだけにする
 企業にはテレワークの推進などを呼び掛けるが、イベントの一律自粛要請はしないとしている。

・・・引用終わり・・・

一般医療機関でも感染の疑いのある患者を診療するんだそうだ。

開業医に行くのはしばらく見送りだ。これまでも院内感染に気を付けて無事に過ごしてきたのに、怖くて行けるはずがない。

「患者が増えた地域」とはどこのこと? 検査していないから千葉県にはそんな地域はないよ。

別の記事では、「至近距離では、せきやくしゃみがなくても感染する可能性が否定できない」、感染力と重症度は必ずしも相関せず「無症状や軽症の人も他の人に感染させる例がある」との見方も示した。 とあるが、そんなことはわかりきったこと。だからどうするかを助言しなければ意味ない。

集団感染が起きやすい状況として「対面で人と人との距離が近い接触や、会話が一定時間以上、多くの人と交わされる環境」を例に挙げた。ともあるが、そういう状況に置かれる人はどうしたらよいの?

責任逃れのように聞こえるが。

※ 破天荒@hatenco_keiba氏の2020/2/24のツイート
返信先: @MasakiOshikawaさん, @koichi_kawakamiさん
とにかく医療崩壊を恐れている印象を受けます。しかしながらリテラシーが一定の基準に達していない市井の人々が果たしてそういった「含意」を読み取ることはできるのでしょうか。
しかも今回は怒りと、焦りのバイアスもかかりそうです。

※ Masaki Oshikawa (押川 正毅)@MasakiOshikawa氏の2020/2/24のツイート
韓国やイタリアなどは、軽症あるいは無症状の感染者も最大限捕捉して、そこから感染が広がるのを抑えようとしています。専門家会議は、そのような努力は日本では非現実的として既に放棄したわけです。もはや全国的な蔓延は諦めており、ピークを抑えられるかどうかの「瀬戸際」を論じています。
posted by ZUKUNASHI at 22:29| Comment(0) | Covid19
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。