新型コロナウイルス感染の現状に関する吉森 保氏の見解: ずくなしの冷や水

2020年02月22日

新型コロナウイルス感染の現状に関する吉森 保氏の見解

Koichi Kawakami@koichi_kawakami氏の午後7:18 ・ 2020年2月21日のツイート
大阪大学吉森先生から新型コロナウィルスに関する貴重な情報のシェアです。「国民の3分の1から2分の1が感染する可能性も」など衝撃的な文字も見えますが。ぜひ全文ご覧になり、今後の行動のご参考になさってください。質問がありましたら私のわかることであれば答えます。
https://facebook.com/koichi.kawakami.39/posts/3487953321275493

吉森 保 昨日 3:44 ・
新型コロナウイルス感染の現状に関する個人的見解(シェアフリー)
ーーーーーーーーーーーー
注:本見解は、私が所属する大学もしくは研究科の公式見解ではない。また私は細胞生物学者であってウイルス学、感染症学、感染制御学は専門ではない。下記はあくまで本学の感染制御の専門家による学内の対策会議における報告を、私がまとめ私個人の意見を加味したものに過ぎない。学内向け報告とは言え、機密性は無くむしろ一般の方にも知ってもらった方が良いと個人的に判断した。
ーーーーーーーーーーーーー


現在既に疫学的リンクが切れ国内感染期に入ったと考えられる(国はまだこの段階では無いという見解だが)。疫学的リンクというのは感染がどこで起こったかが辿れるという意味で、武漢からの観光客を乗せたタクシーの運転手が感染したと言った例。もうそういうことを追跡できる時期では無く、これから急激に国内の感染者が各地で増えるということ。

国民の3分の1から2分の1が感染する可能性も。ただしこれは第一波だけでではなく、時間をかけて起こる。致死率は我が国では多分インフルエンザ程度、すわわち約0.1~0.2%であろう。しかし高齢者や基礎疾患がある場合は10%以上になる可能性がある。
posted by ZUKUNASHI at 11:21| Comment(5) | Covid19
この記事へのコメント
今夜から中国より黄砂が襲撃してきます。
外出を禁止した方が良さそうです!
Posted by デスラー at 2020年02月22日 12:00
もともと四川大地震の時に中国では原発事故が起きて、亡くなった方が鉛に包まれて大量に埋められる写真を見たことがあります。なので黄砂は放射能汚染されています。黄砂が吹いてくると体調を崩される方が多いのはそのためです。腸内環境を整えると不調も和らぐようです。免疫力を高めるためにも日々の被ばく対策は必要ですね。
ウイルスでテロを起こす事が恒例化すると、防御に手は抜けなくなります。皮肉にも今回のテロで正しい生き方、正しい生活が命を守るために大切なのだと実感できました。
Posted by 防御 at 2020年02月22日 18:18
四川では核施設のあるところに大地震が起きて大破したわけですよね。
これは「震源地にたまたま核施設があった」のでしょうか。
今回のコロナの件もあるし、いろいろ疑ってしまいます。
Posted by やず at 2020年02月23日 23:38
放射性物質は、目に見えず、匂いもありませんが、測定器でとらえることができます。しかし、新コロナウィルスは、匂いもなく、目にも見えず、機械で所在を探ることができないというさらに厄介なものですね。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年02月23日 23:44
やず様
やられたのでしょう。フクイチだってそうだったのだから。
こういうテロに対しては被害を受けた国はいつも大人しくしていますね。
フクイチの泣き寝入りも、自国の自尊心をことごとく傷つけてくれました。
気象兵器しかり、世界の平和は遠いですね。
Posted by 防御 at 2020年02月24日 10:55
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。