ぞくぞくと新コロナウィルス感染者 並みの防護策では防げない: ずくなしの冷や水

2020年02月17日

ぞくぞくと新コロナウィルス感染者 並みの防護策では防げない

救急隊員、検疫官、医師が次々に感染しています。並みのサージカルマスクでは感染を防げません。これは怖いぞ。

東京の屋形船新年会関係者の感染例が続いています。
地域分布
発症の経過
1 横浜市
厚生労働省発表
年代: 30代、性別: 男性、居住地: 神奈川県
症状、経過:
2月10日 自治体職員であり、ダイヤモンドプリンセス号で陽性反応が出た患者を病院へ搬送。(搬送時、ゴーグル・マスクを装着)
2月10日夜  発熱
2月11日 解熱   
2月14日 帰国者・接触者外来を受診。新型コロナウイルスの検査を実施したところ、陽性と判明。
行動歴:現在調査中
本人からの申告によれば、2月11日から13日まで勤務はしておらず、また、渡航歴なし。


この方の勤め先は横浜市で救急隊員のようです。鶴見区との情報も。
感染即日発熱は早すぎるとの指摘が出ています。別の要因でないかとしていますが、ウィルスの検査結果は陽性。

もし2/10の搬送時に感染したのでなければそれ以前の搬送患者から感染したと見られます。横浜市の一般救急搬送患者の中に感染者がいることになります。
沖縄県那覇市の女性タクシー運転手が乗せた客は横浜市の年配女性4人ですが、彼らはまだ乗船中のはず。このグループの乗車時間は40分だとされています。それでも感染です。

神奈川県では、50代男性の感染者や亡くなった方がおられるのに情報がサイトに掲載されていません。最も初期のお一人の情報だけです。横浜市のサイトは感染事例は載っていないようです。横浜は隠ぺい体質がさらに強まっています。隠ぺいに努める横浜市幹部。



2 和歌山は院内感染 大阪または奈良も患者が出る可能性
共同2020/2/15 15:45 (JST)2/15 15:57 (JST)updated
外科医は体調崩した後に県外病院で勤務
 和歌山県は済生会有田病院で最初に感染が判明した外科医について、当初は「(発熱や腹痛のため)自宅で療養」としていた8日に、県外の病院で勤務していたことを明らかにした。

この県外の病院は、大阪府済生会泉南医療福祉センターだそうです。関空に近いです。

ほぼ感染源判明ですね。最初に発症した男性外科医がもう一つの勤務先病院でおそらくは外国人から感染。大阪は、さらに感染者が出ますね。

3 沖縄は、女性タクシー運転手からの感染者が出るか。
沖縄県は、接触者を詳しく調べており評価できる。

4 北海道は、重症の患者が1名。中国人旅行者が多いです。
北海道庁も隠ぺい体質。患者の住所地は道央としか公表していない。もちろん感染経路は未解明。

5 千葉は感染者が電車通勤。千葉県はやる気なし。

6 東京は、屋形船での新年会参加者に集団感染です。
東京都の50代女性は、2/4嘔吐、下痢症状で勤務。2/5発熱、咳で都内会場のセミナー参加。

東京40代男性会社員は重症。2/10に新幹線を使用。接触感染者は潜在的に多い。

7 愛知県の60代男性は、ハワイで発症、ハワイに向かう前に感染していた可能性。同行した妻も発症、妻の友人男性も感染判明です。ハワイでは脅威だとして驚きをもって受け止められている。愛知での感染源がいまだ不明。

今回の新コロナウィルス感染では、クルーズ船に乗っていた方は、ある程度の経済力をお持ちの方々でしょうが、それ以外の感染者は、社会階層的には、医師を含めて(?)そう高くはない感じです。

テレビでインフルエンザよりも少し強い程度とかウソをついているいわゆる専門家に騙されて警戒を怠っているとしたら、またその階層に犠牲が集中しますね。

このブログは新コロナウィルス関係の記事に目下集中していますが、アクセスはそれ以前と変わりません。テレビとは勝負になりません。

次なる死者発生は時間の問題だと見ています。無能な医師にかかると一般の肺炎として片づけられることもありましょうが。
posted by ZUKUNASHI at 01:14| Comment(6) | 武漢コロナウィルス
この記事へのコメント
もうひとつ、気になっているのですが、保育園で一過性の激しい下痢(急激)が何人かポツポツと出ています。
通常はお腹の調子の悪さを伴い数日響くところ、前触れがなく突然水状のものが1回きり、その後はすっきりといった感じです。

例えば、中国産の冷凍食品を加熱が甘く食した場合、ウイルスが残っていることはあるでしょうか?
輸入食材に9日間残存、9日も立たずに市場に出回ってますよね。
そちらにも注意した方が良いように感じています。
Posted by Calia at 2020年02月15日 22:30
冷凍食品は、フリーズするときに特に低温にしますからウィルスも死滅するだろうと思いますが。
患者の便の中には無数のウィルスがいますからそれが洗浄不足や扱いの不備で食品や放送に残る可能性は、ないとは言えないでしょうけど。
とにかくしっかり過熱する、それの励行ですね。
私は、むしろ電子部品・機器について汚染を気にしています。モノによっては郵便で直送されてきますから。加熱できませんし。
去年少しストックを備えたので、今はまだ購入の必要はありませんが。そんなことも心配しなければならなくなりました。
Posted by ずくなし at 2020年02月15日 22:48
ありがとうございます。そうですね、工業製品も残存していそうですね。
段ボールなど外包装はあらゆる過程で咳攻撃にあっていそうですね。
店頭のものに気軽に触らない、自宅に届いた怪しいものは数日経過してから触るにしたいと思います。

冷凍は、仮死状態の冬眠みたいなことにはならないでしょうか。日本はかなりの低温で処理するも、中国は家庭並みで済ませてしまっているとこがあるようにも。。
中国に関しては、マスク不足だからといってマスク不適切で製造中に混入もある気がします。。
ただ、中国産食品からの感染があるとすると、もっと爆発的に増えていると思いますので、
気管から入るものは厳重警戒ですが、もしかすると、胃にはいるものは胃酸などでわりと体外排出に成功しているのかも知れませんね。
Posted by Calia at 2020年02月16日 08:00
中国からの食品の輸入業者は、商売としてやっています。もう長い経験、実績があります。シロウトっぽい冷凍処理なんかしていたらとっくに商売がつぶれています。
Posted by ずくなし at 2020年02月16日 11:47
そうなのですね。
以下の記事も見つけましたが、安全を祈るばかりです。

SARSコロナウイルスは「4℃と-80℃では21日後でも、ウイルスの感染性(感染性のあるウイルスの量)はほんのわずかしか減少しなかった。
http://idsc.nih.go.jp/disease/sars/update56-data.html

ノロウィルスは、「電子レンジなどによる短時間の加熱(煮沸)では不十分であり、食品を冷凍してもウイルスは死滅しない。」
http://www.nihs.go.jp/hse/food-info/microbial/noro/noro2014/n-bfr1401.html
Posted by Calia at 2020年02月16日 23:09
新コロナも同じだと考えたほうが良いです。
でもね、今時、冷凍食品を加熱しないで自然解凍して食べる人がどれだけいるんでしょう。
アイスクリームのようなものは過熱できませんからメーカーを選ぶしかない。
それ以外の野菜、肉製品などは火が通せます。生で食べるものなどほとんどないのではありませんか。
そのまま食べるなら缶詰です。保存形態によって使い分けるしかないです。
Posted by ZUKUNASHI at 2020年02月16日 23:20
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。