福島第一原発は 次なる破局的事故に備える段階: ずくなしの冷や水

2020年02月12日

福島第一原発は 次なる破局的事故に備える段階

福島第一原発は 次なる破局的事故に備える段階です。老朽化が激しい。

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/2/5のツイート
安心はできません。排気筒の中間錆大きくなりましたね。これでも倒れれば原子炉建屋まで20mしかなく燃料プールに打撃与えます。水が無くなればジルカロイ反応で火災(化学消火通用しない)起こすこともある。プールゲート壊しても近寄れなくなるし中性子線も飛ぶ。解放状態の原発総合的危険予知必要。

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2020/2/12のツイート
福島第一3号機原子炉建屋3階監視カメラ設置しておいたほうがいいんじゃない。いつ崩れるかもわからないんだから。プール歪で割れはいって水漏れ起こすと大変でしょう。取り返し付かないよ。「オリンピックどころじゃないからね!」原子力村の悪あがきバレちゃうよ。

・・・引用終わり・・・

原発関係者はみんな逃げると思います。一般の方はどんな状況、境遇に置かれる? みんな何ごともなかったように行動して死んでいくんでしょうね。それも生き方ですね。

管理人は、「リアルタイム空間線量率 全国」と「ただいまの空間線量率 変動状況」が安定稼働を確保できましたので、これを監視しています。
posted by ZUKUNASHI at 20:21| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。