ロイターがこの記事を流した意図は何だろう: ずくなしの冷や水

2020年01月21日

ロイターがこの記事を流した意図は何だろう

ロイター.co.jp@Reuters_co_jpの2020/1/20のツイート
中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)は、米国での通信事業を手放すまいと必死にあがき、無駄な時間を費やしている。米政府・議会から安全保障の脅威と非難される中で、米国内の地方農村部のワイヤレス市場で顧客をつなぎとめるための闘争を続けているのだ。
・・・完全に頭おかしい記事。

ロイター 2020年1月18日 / 08:27 / 3時間前更新
コラム:サウジ、原発建設で迫り来る「苦渋の選択」
Dasha Afanasieva
[ロンドン 14日 ロイター BREAKINGVIEWS] - サウジアラビアが、野心的な原子力発電所の建設計画で身動きが取れない状態に陥っている。サウジ政府は2017年以来、初の原発建設に向けた準備を進めてきたが、今年は同プロジェクトを巡って、長年の同盟国である米国との関係から厳しい選択を迫られそうだ。

全部で16基、少なくとも2基の原子炉を建設し、人口増加が進む国内向けに二酸化炭素排出量の少ない電力を供給できるようにするという構想自体は、理にかなっている。年内に行われる数十億ドル規模の建設入札には韓国、中国、フランスの企業が参加するだろう。しかし、互いに冷戦状態にあるロシアと米国も入札に加わる可能性があり、事態が複雑化している。

ロシアの国営原子力企業・ロスアトムは、原子炉建設に関する海外からの受注が世界最大。サウジのプロジェクトを最初から最後まで一貫して手掛けることを望んでいる。ロシアはイランやカタールなどサウジと敵対する中東諸国と良好な関係にあるが、サウジとの関係も改善している。ロシアはサウジが主導する石油輸出国機構(OPEC)の減産を支持しており、昨年10月にはプーチン大統領がサウジを訪問したほどだ。

サウジ政府は原発建設で米企業ではなくロスアトムを選ぶ可能性があり、その場合は複数の企業にライセンスを与えるだろう。しかし、そうなれば米政府の不興も買う。

サウジは昨年9月に石油施設が攻撃を受け、生産に大きな支障が出た。ロイターはイランによる計画と報じたが、トランプ米大統領は報復に動かなかった

トランプ氏は昨年10月に突如、シリアから米軍を引き揚げると決断し、サウジにとって信頼の置ける同盟国という米国の立場は揺らいだ。サウジはトランプ氏が年明けに実行したイランのソレイマニ司令官殺害を支持したかもしれないが、原子炉問題という点で司令官殺害は収拾不可能な事態も引き起こした

イラン政府が司令官殺害への対応手段の1つとして、ウラン濃縮ペースを加速するのは明白。これはイランの核保有を阻止するという米国の以前からの目標に反する。こうした状況下、サウジに対して核兵器開発につながり得るウラン濃縮や使用済み燃料の再処理を認めることは、トランプ氏にとって厄介な問題になる。

サウジ政府は、原発建設計画で制約を受けたくはない。しかし、2018年のカショギ氏殺害問題で、対サウジ制裁の導入を検討している米議会の防波堤になっているトランプ氏をいら立たせることも望んでいない。

サウジ政府に残されているのは、計画を遅らせるか、しくじるかの二者択一という苦渋の選択だ。

●背景となるニュース

*サウジアラビアは、原子炉建設の入札を年内に実施する見通し。数十億ドル規模の同プロジェクトを巡る予備的な協議には米国、ロシア、韓国、中国、フランスの企業が参加している。

*ロイターの報道によると、核兵器開発につながり得るウラン濃縮や使用済み燃料再処理の可能性を排除する取り決めへの調印にサウジが否定的なため、協議は難航している。

(筆者は「Reuters Breakingviews」のコラムニストです。本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています)

・・・ロイターの引用終わり・・・

上の記事は、いろいろと首をかしげるところがあります。Dasha Afanasievaは英国のコラムニスト。原文の一部を以下に引用。原文が日本語訳の際に大幅に書き換えられているらしい。

少なくとも、「トランプ氏は昨年10月に突如、シリアから米軍を引き揚げると決断し、サウジにとって信頼の置ける同盟国という米国の立場は揺らいだ。」と書くことの意味がわかっていない。サウジが米国とともにシリアを侵略していたのは事実だが。

サウジが原発建設を遅らせるか、見送ることの雰囲気作り?

Riyadh could soon award tenders to build two nuclear reactors. Picking Russia’s Rosatom would heighten tensions with Washington, its traditional ally. And if the kingdom also lobbies for scope to create nuclear weapons, it would make for an awkward comparison with archfoe Iran.

Saudi Arabia’s tender for the construction of nuclear reactors is expected in 2020, with U.S., Russian, South Korean, Chinese and French firms involved in preliminary talks about the multibillion-dollar project.

購読申し込みが必要なサイトのため、公開部分しか引用していない。
posted by ZUKUNASHI at 00:04| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。