電子機器の近くでなんとなく感じが違う方はおられます: ずくなしの冷や水

2020年01月15日

電子機器の近くでなんとなく感じが違う方はおられます

お便りから

小さな携帯用AMラジオをつるして部屋を歩くと、
ノートパソコンの周囲では雑音が入ります。
顔や耳の奥が熱くなってつらいので、
1m離れて双眼鏡で読んでいます。滑稽です。
TVもきつく、ON状態の炊飯器の前面もきつい。
まさか。

・・・引用終わり・・・

手探りでの研究ですが、少しずつ分かってきています。

2020年01月03日 やっぱりすごいね 電車内の電磁波

2020年01月01日 Wifi退治物語

2020年01月01日 今年はシロアリ商法類似診断事業で資金確保が課題

2019年12月31日 放射能測定器? それとも電磁波環境異常検出器?

2019年12月30日 妊娠した人、しそうな人は放射能と電磁波の被ばくを回避すべき

2019年12月25日 電磁波問題 スマホ命の人は読まないほうが良い

2019年12月24日 街角のゲーム集団からは離れたほうが良い

2019年11月28日 都市部の携帯電波はより強くつながりやすくなっている

2019年11月10日 リサイクルページ 実験結果

2019年09月06日 家庭内のWifiを止めたら頭痛が消えた

簡易な対策から機器の取り換え、さらには住宅改造、転居まで対応策はあります。管理人は、2件、メールでのやりとりで対策のアドバイスをしました。お一人は頭痛解消。

管理人が現地に行って直接機器を確認して対策を検討するのが一番早いのですが、費用が掛かります。そのため、メールで状況を伺い、対策を提案するのが時間と費用の節約になります。

しかしながら、パソコン関連の機器の名前がわからないと説明をしてもらうことができず、??? となります。モデムとルーター、Wifi、固定回線、モジュラージャックなどなど。そして多くの場合、画像を送っていただく必要がある場合も。

スマホを使う方は、写真画像の送付はマスターしている場合が多いのですが、文章がどうしても端折りがちになります。

上の1m離れて双眼鏡で読むケースについては、プロジェクターの導入という手があります。マウスとキーボードだけを手元に置くことにして、ノートパソコンから画像を外部出力できれば、電源付きのUSBハブを加えても1万円程度の追加費用で済むでしょう。実機テストをやっていないので、プロジェクター画像の明るさや解像度を確かめる必要がありますし、プロジェクター自体が出す電磁波も確認する必要があります。

上のWifi退治の件では、従来のSSIDが消えました。あれだけの電磁波地獄ですと、その部屋の居住者にきっとなにか自覚症状があったはずだと思います。

若い女性がIT主任技師を務めておられるご家庭はご注意を! 多くの場合、操作はできて設定したものは機能するでしょう。ですが、安全面などに対する配慮は絶対的に不足しています。

次は、地下道の中です。撮影のためアイフォンを取り出して近づけたために高周波が一時上がっています。


道路の交差点です。上に高圧線が走っています。道路にトラックなどが連なっています。頻繁に高周波が上がります。次々と目の前をモバイル機器が通っていくためです。


田舎の畑や林しかない場所は、おおむね一つ上の画像のようになります。

逆に、家庭のWifi発信機のごく近くではこのようになります。


ある読者は、電磁波過敏症になると日本では社会生活が困難になるので気を付けていると語っています。私のように世間からも見捨てられほとんど外出しなくて済む生活なら別ですが、現役で働いている方は大変だと思います。

電磁波による体調悪化は、自らが招くものです。対策は難しくない、とはっきり申し上げます。
posted by ZUKUNASHI at 12:15| Comment(0) | 電磁波問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。