考えたら一家離散 家族の半分以上と言葉が通じない恐れ 英語に挑戦 1: ずくなしの冷や水

2020年01月17日

考えたら一家離散 家族の半分以上と言葉が通じない恐れ 英語に挑戦 1

息子の一人が結婚しそうだと別の息子に伝えたら、「それはめでたいことでぜひ婚約者に会ってみたい」と返事してきた。私は、君も考えないといけないのでは? と婉曲に促したつもりだったのだが。

まあ、結婚しなければしないでもいいのだが、今の環境で結婚相手が見つかったら99%外国人だと思う。そうなると、一番可能性のあるコミュニケーションツールは、英語。孫娘も英語で話していることが多いから、子供の配偶者を含めた家族全員の共通語は英語だ。

今でも息子との日本語での意思疎通すら怪しいのに・・・。そうなったら完全に難聴老人だ。この難聴は、補聴器を買っても直らない。さて困った。

「一家離散」すなわち、不幸な家族の一典型なんでしょうね。私はそういう不幸に見舞われた気の毒な老人、いや自分で招いてしまった愚かな老人なのだ。

※ sonoko @sonokoss 氏の2014/9/3のツイー
移住後、仙台に一度も戻っていない。2年8ヵ月になる。 戻る気持ちもなく、両親も戻るなと言う。母がかなり弱り、80歳近い父が買い物、掃除、洗濯と殆どの家事をしている。 これが父母と、ひとり娘の私が選んだ道。 お互い決して泣き言はいわない。後悔もない。心はいつも傍に...父よ母よ。

この方は、ちょっとセンチメンタル。「心はいつも傍に」なんて考えられない。視界から消えればそれで終わりだ。

イラン問題を契機に英米人のツイートに接することが多くなっています。文の構造が複雑な上に単語もニュースに出てくるものとちょっと違う。私が読めなくて困ったもの、調べたものをここに掲げていきます。一緒に勉強しませんか。

※ Ryan Lizza@RyanLizza氏の2020/1/13のツイート
Today the Sanders campaign attacked Biden on busing. But Sanders opposed busing, according to this 1974 interview. The reporter wrote that Sanders believed busing “creates racial hostility.” https://archive.org/details/middle

busingは、bus+ingで (人種差別廃止のための、生徒の)バス通学輸送を言うのだそうです。
上のツイートだけから判断すると、バイデンがbusingに否定的な発言をし、サンダースの陣営がこれを批判したが、サンダース自身busingに反対したことがある。1974年のインタビューでサンダースはbusingは人種的な対立心を産むと信じていると記者が書いている ということでしょう。

※ CNN@CNNの2020/1/11のツイート
Instagram and its parent company Facebook are removing posts that voice support for slain Iranian commander Qassem Soleimani to comply with US sanctions, a Facebook spokesperson said in a statement to CNN Business https://cnn.it/30ba9P9

インスタグラムや・・・が書き込みを削除している。どういう書き込みかというとイランの司令官カッセム・ソレイマニに対する支持をvoice表明するものを、その理由は米国の制裁。

イランの司令官カッセム・ソレイマニの前にslain(slayの過去分詞が形容詞的に挿入されています。「殺害されたイランの司令官カッセム・ソレイマニを支持する書き込みを削除している」ですね。
Instagram says it's removing posts supporting Soleimani to comply with US sanctions

知りませんでしたが、米国では、SNSがソレイマニを支持する意見の投稿を掲載してはならないんですよ。こんな国の言うデモクラシーなどまがいものです。

※ RT2020/1/12
The International Federation of Journalists condemned the censorship effort as “unprecedented in the history of social networks and in conflict with the very innate actuality of media.” In its letter to Instagram, the AoIJ Teheran noted that numerous Iranian state media accounts had been removed and 15 journalists had been censored recently, which goes against and freedom of speech principles.

innateは、生来の、天賦の という意味。innate ability 天賦の才, 天賦の才能 actualityは 現実(性), 現存; 実在. 難しい概念ですね。
the AoIJ Teheran:The Association of Iranian Journalists Teheran

目が悪くて、innateとinmateを読み間違えます。後者は塀の内側の人ですね。

※ ウクライナ機の撃墜事件後 vigil という単語が頻出しています。
wake : 航跡, 通夜, 葬儀式
all-night vigil over a body : 通夜
vigil は、辞書には、寝ずの番、徹夜、(祈願のための)通夜(つや)、警戒 などとされています。

vigilと聞いたら、神妙な顔をしなければなりません。

sputnik
US Realises That Guaido's Jig is Up, Planning New Strategy in Venezuela - Scholar
The US-backed 36-year-old opposition lawmaker Juan Guaido is continuing to lose his grip, while Nicolas Maduro's positions remain unwavering, says Brazilian scholar Gustavo Guerreiro weighing up what strategy the US is now likely to choose.
jigとは、治具の意味のほかにダンスのジグ(テンポの速い活発なダンス)の意味があります。ここではクワイドの浮沈を激しい上下動を伴うjigの踊りになぞらえているようです。

このほか内乱関係では、rig もよく見かけます。基本的に艤装(ぎそう)する意味のようですが、rig a horse raceは競馬の八百長、rig the marketは市場操作ですから、不当、不正なことを働く意味があります。

gripはまさに掌握する意味、
weighing upは、量ることから発して比較考量する、検討するの意味ですね。

※ Ian56@Ian56789氏の2020/1/13のツイート
Shock!
CONFIRMED: Israel Prodded The US Into The Reckless Terrorist Drone Strike That Murdered #Soleimani.

prodがわからないと意味が取れません。
She prodded me in the side with her elbow.彼女は私を肘で突いた などと使われるらしい。

reckless 無謀な もよく見ます。
blatant 露骨な

ロシアが進めているリビアの和平協議、良い見込みが出てきています。しばらくラブロフの姿が見えないと思っていました。UNや欧州の国ができないことをロシアがやっています。難民流入問題で欧州は助かるはず。彼らは何も解決できないくせに、なにかにつけロシアに制裁だとか言っています。南米でも中東でも頼れるのはロシアとの理解が浸透しています。
RT2020/1/13
Peace talks in Moscow bringing together the leaders of Libya’s warring parties were a serious step forward in attempts to put an end to a brutal civil war sparked by NATO’s disastrous 2011 military intervention.

この見出しの文章の基本は、Peace talks^ were a serious step forward ^(civil war)^です。^のところに直前の名詞を説明、修飾する語句が並んでいます。リビアの災難が、NATOとオバマ政権の介入によってもたらされたとの知識があれば容易に理解できます。

※ Serge@Zinvor氏の2020/1/15のツイート
American and Russian troops meet on the road in Hasakeh, Syria. Just the latest surreal image the war in Syria has produced, a crossover few could have predicted even just a year ago.


米国とロシアの兵士がハサカの道路上で出会う。シリアでの戦争が産んだ最新の超現実的なイメージ。1年前でもごくわずかな人しか予想できなかった交差。

このツイートは、シリア戦争のこれまでの経過を知らないと理解できないでしょう。次もitが何を指すのか、そこがポイントです。



(引き続くいくつもの)戦争もこの同盟を破らなかった、一部の馬鹿な西側のジャーナリストには決してそれはできない。won't の後に省略されているのはbreakでしょう。
Iran is in the heart of every Syrian, their help through the war was enormous, we won't forget it.このitはtheir helpですね。

Part of this war goal was to break it, but we refused to sell Iran in exchange of US "malign" support, everyone said we are nuts & this alliance will bring our end.
最初のitはAn alliance、nutsは頭のおかしい人たち、この同盟が我々の終わりをもたらすと

But everyday pass it proves it was worth it.
"everyday pass it"が主語で"it was worth it" 「それは価値があった」ことを証明しているということでしょうが、"everyday pass it"は、「毎日がそれendを避けて過ぎていく」という意味でよいと思いますが、文法的によくわからない。

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/15のツイート
イランとシリアの友好関係は、アサドの父、ハフェズの時代から何十年も続いている。米国は、わずかばかりの援助と引き換えに、イランを売るよう持ちかけてきたが、シリアは拒絶した。経済的ダメージを受け、シリアは愚かだと言われたが、今、その決断が正しかったことが証明されている

※ Carl Zha@CarlZha氏の2020/1/15のツイート
Girlfriend said people eat Papaya to cure constipation on Bali. Does it work? Is there a faster natural cure? Urgently asking for a friend!
何を焦っているのかと思ったら、constipationは便秘でした。
constipateが便秘にさせる、diarrhea が下痢。現地で暮らすときはこういう単語が何よりも大事です。

※ RT@RT_comの2020/1/16のツイート
New appointment is not demotion for #Medvedev in current political climate – Neil Clark
demotionは降格、promotionの反対ですね。

ロシアの政局がらみで見たことのない単語がいっぱい。時間がなくて取り上げていませんが、そのうちに。

次のツイートは大変難しいです。
※ Javad Zarif@JZarif氏の2020/1/16のツイート
Appeasement confirmed.
E3 sold out remnants of #JCPOA to avoid new Trump tariffs.
It won't work my friends. You only whet his appetite. Remember your high school bully?
If you want to sell your integrity, go ahead. But DO NOT assume high moral/legal ground.
YOU DON'T HAVE IT.

Appeaseは和解という意味で使われることが多いですが、ここでは譲歩・妥協の意味でしょう。独の国防大臣がトランプの脅しを確認しています。

譲歩が確認された。
欧州3か国(英、独、仏)は、トランプの新しい関税を回避するために核合意の残存部分を売った。
私の友人たちにはそれがそうさせることはなかったであろう。
あなた方は、彼の食欲をそそるだけだ。あなたの高校時代のいじめっ子を思い出してください。
あなた方は、誠実さを売りたいのであれば、そうしたらよい。しかし、高い道徳的/法的根拠があるとは思わないでください。
あなた方には、それはない。
posted by ZUKUNASHI at 02:06| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。