米軍は中東から出ていけ 動きは続く: ずくなしの冷や水

2020年01月25日

米軍は中東から出ていけ 動きは続く


このマーチの画像で埋め込めないものがあります。ということは、米国にとって痛手だということですね。

※  mko@trappedsoldier氏の2020/1/24のツイート
イラク人からトランプへの警告!
「イラクからの撤退を拒否し、主権侵害を続けるなら、戦場でマフディ軍が米軍を迎え撃つ。そこに何十万の兵士が合流し、われわれの独立戦争に発展するだろう」

※ Iraqis Hold 'Million-Man March' Against US Military Presence in Baghdad



U.S. Marines with 2nd Battalion, 7th Marines, assigned to the Special Purpose Marine Air-Ground Task Force-Crisis Response-Central Command (SPMAGTF-CR-CC) 19.2, reinforce the U.S. Embassy Compound in Baghdad, Iraq, January 2, 2020. Picture taken January 2, 2020.



※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/13のツイート
ISISを復活させ、イラクを宗派ごとに分割する! これが、米軍撤退を要求したイラクに対する米国の回答。
結局、ISISを創ったのはCIAだし

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/12のツイート
犯罪的マフィア! 米国は数千人をレイプし、200万人のイラク人を殺害し、金を盗み、博物館を盗み、さらに50万人の子どもを制裁で死なせた。そうした残虐な歴史をもつ米国の大統領トランプが、イラクの石油収入の50%を渡せと要求している!

※ Syrian Girl@Partisangirl氏の2020/1/12のツイート
There's a reason the US didn't retaliate against #iran, and that was the risk of world war.

In spite of all the neocon false bravado, they had their chance for war & backed down. What they really want is to continue to kill & steal while minimising risk to themselves #AinAlAssad

※ mko@trappedsoldier氏の2020/1/12のツイート
今、中東で問題になっているのは、この米軍を地域全体から叩き出すこと、この1点です。米軍がいる限り、戦争は続くし、市民が殺されるし、テロリストはいなくならない。中東のど真ん中のイラクは、イラン・イラク戦争から湾岸戦争、イラク戦争、ISIS戦争とずっと戦争状態。米軍がいるから。

RT2020/1/10
US won’t heed Iraq’s call for troop withdrawal, calls military presence there ‘appropriate’
アメリカは、軍の撤退を求めるイラクの要求に応じず、同国への「適切な」軍備配置を行う

The US is willing to discuss “recommitting to strategic partnership” with Iraq but not a troop withdrawal, the US State Department said, after the country’s prime minister told Washington to “prepare a mechanism” for pull back.
アメリカは、イラクからの軍の撤退ではなく、イラクとの「戦略的パートナーシップの再付託」についてイラクと協議したいと考えている。イラク首相がワシントンに対し、軍を撤退させるための「適切な措置」を講じるよう求めたことを受け、米国務省はこのように述べた。

In a statement on Friday, department spokeswoman Morgan Ortagus said that the US military presence in Iraq was ‘appropriate’ and that any delegation the US might send to Iraq to discuss arrangements between the two countries would not discuss the removal of troops.
金曜日の声明の中で、同省報道官モルガン・オルタガスは、イラクにおけるアメリカ軍の駐留は「適切」であり、アメリカがイラクとの2国間合意のために同国に派遣するいかなる代表団も、軍の撤退について協議することはないと述べた。

Ortagus acknowledged that there does “need to be a conversation” between US and Iraqi officials, “not just regarding security, but about our financial, economic, and diplomatic partnership.”
オルガタスは、アメリカとイラクの間には公式に「対話する必要がある」、それは「安全保障についてのみならず、金融・経済・外交分野でのパートナーシップについても」という認識を示した。

Earlier Friday, Iraqi Prime Minister Adil Abdul-Mahdi had asked US Secretary of State Mike Pompeo to send a delegation to begin preparations for a troop pullout.
先立って、イラク首相アディル・アブドゥルマフディは、アメリカ国務省のマイク・ポンペオに対し、軍の撤退を開始する準備を始めるための代表団の派遣を求めた。

The Iraqi parliament last week passed a non-binding resolution asking the government to expel foreign troops and to cancel the ongoing request for military assistance from the US-led coalition.
イラク議会は先週、(イラク)政府に対して、外国の軍隊を追放し、アメリカ主導連合に同国に駐留するよう求めている現行の要請を取り消すよう求める、拘束力のない決議を通過させた。

There are currently 5,200 US troops stationed at bases across Iraq, who were invited by the Iraqi government in 2014 to help combat ISIS militants in the region. The relationship between Washington and Baghdad has soured in recent months, however, as tensions in the region flared. The mood got even more tense after a US drone strike in Baghdad killed a commander of Iran’s elite Quds Force.
現在、5,200のアメリカ軍がイラク全域の基地に配備されているが、これは2014年、同地域のISIS武力勢力との戦いへの助力のために、イラク政府が要請したものである。しかしながら、この地域での緊張が高まるにつれ、ワシントン(アメリカ)とバグダッド(イラク)の関係は悪化。アメリカのドローン攻撃により、バグダッドでイランの精鋭コッズ部隊の司令官が殺害されたことにより、関係はさらに悪化した。

Iraq’s parliamentary resolution was dismissed by US President Donald Trump, who threatened the country with "very big sanctions" and said the US would not leave until Iraq paid Washington back for an expensive air base it had built there. Pompeo has also disregarded the will of the Iraqi parliament, saying he was "confident" that the Iraqi people want US troops to remain.
イラクの議会決議を、アメリカ大統領ドナルド・トランプは拒絶。(トランプは)「かなり大規模な制裁措置」で(イラクを)脅し、アメリカが同国に基地を建設するために費やした高額な費用への見返りを、イラクがアメリカに支払うまでは撤退しないと述べた。ポンペオはまた、イラク議会の意思を無視し、イラク国民はアメリカ軍の駐留を望んでいると「確信している」と述べた。

Saad Al-Muttalibi, a member of the Baghdad Security Committee, told RT last week that it was "very important" for the US to withdraw its troops from Iraq because Iraqis “don't want to be drawn into a war between Iran and America on Iraqi soil.”
イラク安全保障委員会メンバーのサアド・アルムタリビは、先週RTに対し、イラクにとってアメリカ軍の撤退は「非常に重要である」と述べた。なぜならイラクは、「イラクの地で起こるイランとアメリカの間の戦争に巻き込まれたくない」からである、と。

RT2020/1/9
Several rockets hit ‘100 meters away’ from US embassy, cause fire in Baghdad’s Green zone
Two blasts have reportedly been heard in Baghdad, followed by the sirens of emergency services. The apparent explosions come hours after US President Donald Trump walked back from military action against Iran.

Air raid sirens can be heard in video footage presumably captured in the Iraqi capital on Wednesday night. Multiple journalists in the city reported that two explosions rang out, apparently coming from the direction of the heavily-fortified ‘Green Zone,’ home to the US embassy.

Iraq’s military said that “two Katyusha rockets fell inside the Green Zone without causing casualties.” Police sources told Reuters that the rockets came within 100 meters of the US embassy, and caused a fire.

SPUTNIK2020/1/9
Missile Strike ‘Reminded’ Trump of Iran’s Power, But US Not Likely to Leave Iraq Soon - Experts

As US President Donald Trump declared “all is well” and turned his attention to the US economy and sanctions on Iran following that country’s ballistic missile strike on US forces in Iraq, a bevy of experts weighed in Wednesday on Radio Sputnik’s Loud and Clear about what could lie ahead in the tense conflict between Washington and Tehran.

Journalist Rania Khalek argued to hosts Brian Becker and John Kiriakou that “Iran really showed its strength” in the region through the Islamic Revolutionary Guard Corps’ missile launches and has triggered a major “setback” for the US within the region as a result.

“There’s so much anger at the US that I think you’re going to see a lot more US retreat,” she said, “which is essentially what Iran and [Quds Force commander General] Qasem Soleimani always wanted. So it’s kind of like, in death he’s accomplishing what he tried to do in life.”

Mike Prysner, the producer of “The Empire Files” and a co-host of the Eyes Left podcast, highlighted the irony in US Secretary of Defense Mark Esper, the ex-vice president of government relations at Raytheon, previously boasting that the US is "not looking to start a war with Iran,” but is “prepared to finish one.”

“Well I haven’t seen the US finish a war in the last 20 years,” he said, noting that “as long as there are US troops [and associates] on the ground, it’s not an end to the Iraq war - it’s just postponing it for some period of time,” and there will continue to be room for situations, such as the recent killing of a US defense contractor, to put the US on the brink of a major war again.

Mazda Majidi, an author, journalist and anti-war activist, detailed that Iranians were “listening with a great deal of worry” regarding possible escalation by the US following the strikes in Iraq and explained that many whom he spoke with after Trump’s speech Wednesday morning were “relieved that there would not be a wide-scale bombing of Iran.”

Speaking of Trump’s address to the US public, former UK Ambassador to Syria Peter Ford told Sputnik that the main takeaway from the US president’s speech is what was not uttered.

“He didn’t announce any retaliation, and he filled the void [with] a lot of blather and his usual boasting,” he said. “And as always, he dragged in his obsession with besting the first black American president,” Barack Obama.

“It seemed like some people had gotten to him and said, ‘You know, this might be bad if Iran cuts off all of the oil and … prices shoot sky high,’” said “Redacted Tonight” host Lee Camp. “Iran has a lot of power, and I think some people might have reminded him of that.”

Likewise, Anya Parampil, a journalist for The Grayzone who hosts the news show “Red Lines,” said that while Trump “tried to use forceful language and appeared to be in control of the situation,” he actually “looked to be a bit rattled” and “slurred his speech at certain points.”

Ben Norton, a journalist with The Grayzone and co-host of the Moderate Rebels podcast, pointed out that while the US claims that no US troops were harmed in the Wednesday morning incident in Iraq, “Iran claims they killed 80 US soldiers, so we don’t know exactly whether or not what the US said is true.”




posted by ZUKUNASHI at 01:51| Comment(1) | 国際・政治
この記事へのコメント
RT 2020/1/10

アメリカは、軍の撤退を求めるイラクの要求に応じず、同国への「適切な」軍備配置を行う

アメリカは、イラクからの軍の撤退ではなく、イラクとの「戦略的パートナーシップの再付託」についてイラクと協議したいと考えている。イラク首相がワシントンに対し、軍を撤退させるための「適切な措置」を講じるよう求めたことを受け、米国務省はこのように述べた。

金曜日の声明の中で、同省報道官モルガン・オルタガスは、イラクにおけるアメリカ軍の駐留は「適切」であり、アメリカがイラクとの2国間合意のために同国に派遣するいかなる代表団も、軍の撤退について協議することはないと述べた。

オルガタスは、アメリカとイラクの間には公式に「対話する必要がある」、それは「安全保障についてのみならず、金融・経済・外交分野でのパートナーシップについても」という認識を示した。

先立って、イラク首相アディル・アブドゥルマフディは、アメリカ国務省のマイク・ポンペオに対し、軍の撤退を開始する準備を始めるための代表団の派遣を求めた。

イラク議会は先週、(イラク)政府に対して、外国の軍隊を追放し、アメリカ主導連合に同国に駐留するよう求めている現行の要請を取り消すよう求める、拘束力のない決議を通過させた。

現在、5,200のアメリカ軍がイラク全域の基地に配備されているが、これは2014年、同地域のISIS武力勢力との戦いへの助力のために、イラク政府が要請したものである。しかしながら、この地域での緊張が高まるにつれ、ワシントン(アメリカ)とバグダッド(イラク)の関係は悪化。アメリカのドローン攻撃により、バグダッドでイランの精鋭コッズ部隊の司令官が殺害されたことにより、関係はさらに悪化した。

イラクの議会決議を、アメリカ大統領ドナルド・トランプは拒絶。(トランプは)「かなり大規模な制裁措置」で(イラクを)脅し、アメリカが同国に基地を建設するために費やした高額な費用への見返りを、イラクがアメリカに支払うまでは撤退しないと述べた。ポンペオはまた、イラク議会の意思は承知しておらず、イラク国民はアメリカ軍の駐留を望んでいると「確信している」と述べた。

イラク安全保障委員会メンバーのサアド・アルムタリビは、先週RTに対し、イラクにとってアメリカ軍の撤退は「非常に重要である」と述べた。なぜならイラクは、「イラクの地で起こるイランとアメリカの間の戦争に巻き込まれたくない」からである、と。
Posted by みゆう at 2020年01月11日 18:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。