長年の習慣、慣習なんてもろいものです 捨てても何も痛痒を感じないものばかり: ずくなしの冷や水

2020年01月02日

長年の習慣、慣習なんてもろいものです 捨てても何も痛痒を感じないものばかり

管理人は、日本人としての習慣や慣習をほとんど捨てました。最近は、状況の変化に応じてふっ切れる年配者も多いようです。一度捨てて、その後に何が生まれてくるかですね、大事なのは。

今日届いたお便りから。

今年は餅なし、お刺身なし、魚なし、お雑煮なし、おせち料理なしの普通の食卓でした。ついでにうるさい正月番組を流すテレビも消して・・・。

 元旦の朝食は、いつもように中華食材のトウチとフニュウを入れた味噌汁風の御汁とオーストラリア産のごはん、を基本に、好きな洋楽を聞きながら・・・。

 長年の習慣の縛りから抜けることは、案外たやすいことでした。
 今年は人間関係の縛りからも抜けることになりそうです。

・・・・・

若い方は、意味のない習慣にとらわれず、自分流の習慣を。世の慣習に縛られて貴重な時間を費やすことはありません。
posted by ZUKUNASHI at 20:41| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。