妊娠した人、しそうな人は放射能と電磁波の被ばくを回避すべき 証拠はありますよ: ずくなしの冷や水

2019年12月30日

妊娠した人、しそうな人は放射能と電磁波の被ばくを回避すべき 証拠はありますよ

妊娠した人、しそうな人は放射能と電磁波の被ばくを回避すべきの続き

発達障害などを持つ要支援児童生徒が急増しています。

次の表は正確でないところがあるので改訂しています。


次の記事に新しい表があります。

子供の数急減 要支援児童生徒急増 今すぐ軍事路線でなく福祉路線へ切り替えないと大変なことになる

2019年08月08日 発達障害の子供の数は驚かされる水準になっている模様

要支援児童生徒増加の主因の一つとして考えられるのが、モバイル電子機器の普及です。携帯電話の人口普及率が6割を超えてどんどん上がっていく時期は、主婦を含めた女性に携帯が行き渡る段階だとみてよいでしょう。そして年を追って携帯利用者の機器がスマホに変わり、データ通信量が増えていきました。

2019年03月10日 発達障害児童生徒の増大の一因は携帯電話だろう

携帯などのモバイル機器の妊娠中の女性に対する影響は、そういう機器を早くから使っていた研究者などにより強くみられるとの観察があります。もともと能力的には優れているとみられる人たちです。

スマホの使用で骨に膨らみができたなどの例が伝えられています。内外ともに情報はあります。

2019年06月21日 スマホの使用で頭に角が生える? 論争

Wifiの電波に関しては、クレスの種が育たなかったなどの実験例もあります。
Can WiFi Signals Stunt Plant Growth?

Wifiの電波を有線化したら頭痛が消えた事例には管理人が直接関与しました。
2019年09月06日 家庭内のWifiを止めたら頭痛が消えた

2018年11月05日 電磁波照射でネズミに発がん 米国国家毒性プログラム報告書

2018年11月05日 高周波放射でがんができることが確認された

2017年02月03日 モバイル通信機器が不整脈に影響?
管理人は、胸のポケットに入れたスマホが突然死の原因の一つとなった例がありうるはずと考えています。

信じるか信じないか、防護策を実行するか無視するかはあなたのご自由です。電磁波にさらされても何も異常が感知されない例もあります。リスク回避は何でもそういう性質を持っています。ただ、そういう事例に当たった場合は、これまでの生活が様変わりして重苦しいものになることは避けられないのです。そのところをお忘れなく。

中央線の特急は最近車両が最新型に更新され、とても快適だそうです。ですが、Wifi電波が強く、測定器の警報が鳴りっぱなしのWifi地獄だったそうです。山梨県で発達障害児童やがん患者が増える可能性があります。

新築のホテルもWifi電波が強いです。頭痛がしたり、眠りが浅いなどの経験をする人もいるでしょう。

結婚を視野に入れて複数の女性と付き合っている若い男性には、女性たちの放射能防御リテラシーと電磁波の害回避リテラシーを確認されたら良いでしょう。子供ができるかどうか、生まれた子供に障害が出ないかという点で、大きな違いが出ます。

結婚するころまでにそういうリテラシーが身についていない人は、その後に獲得できる可能性は極めて低い。
posted by ZUKUNASHI at 16:02| Comment(0) | 電磁波問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。