2019年も年末まで悪魔のささやきは続きました: ずくなしの冷や水

2019年12月30日

2019年も年末まで悪魔のささやきは続きました

※ kikumaco(2/1ビッグアップル)@kikumaco氏の午後8:34 ・ 2019年12月29日のツイート
福島産の米は全量について放射性物質検査がされており、約1000万袋のうち99.9951%が測定下限値未満。もちろんTOKIOの米もその中に含まれます。値が出たわずかな量の米の中に100Bq/kgの基準値を超えたものはありません
https://fukumegu.org/ok/contentsV2/kome_summary_2.html

この大阪大学の教員のツイートが日本の社会にどれだけの影響力があるか知りませんが、このような悪意に満ちたツイートを繰り返していることは、影響力はないということなのだろうと思います。

※ 桑ちゃん@namiekuwabarad氏の2019/12/30のツイート
放射線管理員も経験した桑ちゃんからすると、Cs134+Cs137>100Bq/kg越えをドラム缶詰め管理区域保管していたもの食品基準とされてもね。しかも主食の基準が100Bq/kgとは恐れ入る。事故後経過8年以上たっていても緊急時の基準でやってる国って迷惑な話だしこんな学者には教わりたくもない。

放射能被ばく問題について、その害を軽視する立場で発言している日本の学者の世界的な観点から見た学問的業績は、決して誇れるものではない。

日本に限らず学者、大学教員というものは、ある面については、深い知識があるかもしれませんが、他の分野についても同じく深い知識、正しい理解を持っているわけではなく、社会に害悪を流すこともままあるということは、上のツイートからも理解できるはずです。
posted by ZUKUNASHI at 11:52| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。