テロリストのTOWに対抗するシリアのジャミング兵器: ずくなしの冷や水

2019年12月27日

テロリストのTOWに対抗するシリアのジャミング兵器

TOWミサイルは、米国で開発された対戦車ミサイル。有線方式で望遠鏡で照準を追うことにより誘導される。赤外線を発射してjammingできるだろうかと思いますが、TOWシステムでもミサイルの現在位置はミサイルが後尾から出す赤外線を追っている。だからそれと紛らわしい赤外線を出せば、目標に到達しないという仕組みのようです。

The system is a light source that mimics the signal emitted by the flare positioned at the missile’s tail, feeding false positional information to the command system’s sensor, thus causing the missile to miss its target. The Israeli army first introduced this principle in Lebanon in the 1990s. It was later and adopted by the Russian army with the SHTORA system developed for the T-90. However, lacking specific data on the threat missiles, the required more testing with real missiles to turn their technology demonstrator into a combat worthy protection system.

Home Grown Syrian Soft Kill System Successfully Defeated TOW Missiles
Sukhoi Su-57 Felon@I30mki氏の2019/12/25のツイート
Finally, a picture showing #Syrian Sarab-2 jammer turned on. Emmiter is working in IR range, but camera managed to capture IR light (but showed it as this pink blob)
@200_zoka @Sunkway_China @VinodDX9 @saptak__mondal @johnhand9
@need_history @SteeleSyAA @News_From_Syria





posted by ZUKUNASHI at 12:42| Comment(2) | 国際・政治
この記事へのコメント
米国は、シリアのテロリストには50年前のTWO対戦車ミサイル(1発数百万円)を供与してウクライナには最新のジャベリン対戦車ミサイル(1発1000万円)を供与しています。米国が、シリアのテロリストを支援していることを兵器が証明していますね。忍者プーチン大統領は、シリアでの戦闘では特殊部隊と普通部隊を一体化して使つています。これは新しい戦術ですね、トルコとの国境警備にもロシア特殊部隊をいれています。特攻自衛隊の艦船の中東地域派遣が決まりました。米国の特攻自衛隊の評価は、とても低いですね。福島第一原発核爆発事故の時溶けた4000度の核燃料に海水をかけたのには驚きましたね、漫画の世界ですね。米国は、自衛隊に期待するのは、特攻攻撃ですこれしかありませんよ、テロリストと同じですね。軍神安倍総理 1億特攻 靖国万歳。
Posted by 西 亨 at 2019年12月28日 08:55
米軍とロシア軍が数日前殴り合いケンカを北東シリアのTell Tamerでやりました。米軍の中東地域での戦略が崩壊の危険性が出てきています。米軍は、負け戦でおかしくなつてきていますね。無学の軍事知識ゼロのゴーストバスター戦士のトランプ大統領では、忍者プーチン大統領にかないません必ず負けますね。トランプ大統領は、狂つて自滅するでしょう。米国を助ける軍神安倍総理 靖国万歳。
Posted by 西 亨 at 2019年12月30日 20:52
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。