Presstitute: ずくなしの冷や水

2019年12月24日

Presstitute

Presstitute
英語から翻訳-Presstituteは、特定の党派、金融、またはビジネスの議題に合うように誤解を招くように調整された偏見のある所定の見解を与える主流メディアのジャーナリストおよび「語り口」を指す用語であり、したがって、ニュースを公平に報告する基本的な義務を無視しています。 ウィキペディア(英語)

Presstitute is a term that references journalists and 'talking heads' in mainstream media who give biased and predetermined views misleadingly tailored to fit a particular partisan, financial or business agenda, thus neglecting the fundamental duty to report news impartially.[1][2][3] Coined by Gerald Celente, the word is a portmanteau of press and prostitute.[4]

The term created controversy after General Vijay Kumar Singh, the Indian Union Minister of State for External Affairs, began referring to a section of the media as "presstitutes" in his tweets.[5][6]

See also
Churnalism
Fake news
Lying press
Media bias
Yellow journalism
posted by ZUKUNASHI at 10:12| Comment(0) | 社会・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。