こんなことをすればムスリムの若者が怒って襲いかかるのは当たり前: ずくなしの冷や水

2020年06月22日

こんなことをすればムスリムの若者が怒って襲いかかるのは当たり前

SPUTNIK2020/6/22
A demonstration by the Stop the Islamisation of Norway (SIAN) movement in Oslo was met with a shower of tomatoes, empty bottles and curses as hundreds of counter-protesters gathered to stop it, the newspaper Aftenposten reported.
2020/6/20、オスロで「ノルウェーのイスラム化を止めよ」という団体が、示威行動を行いました。下の記事にあるコーランを焼いたLars Thorsenがアジっていると、この団体に反対する観客からトマトや卵が投げつけられ、いくつかが命中したようです。


次の事件も同じ団体によるものです。あまり低劣なノルウェー人と呆れて取り上げませんでしたが、パキスタンが外交ルートで抗議しています。

ノルウェーの南西部の都市クリスチャンサンドという都市で the Stop Islamization of Norway (SIAN)主催の集会が開かれ、そこでLars Thorsenという男がコーランを焼いたのです。その場にいたムスリムの青年がコーランを取り返そうとLars Thorsenに襲い掛かったのです。この青年がムスリムの世界で称賛されるのは当たり前。この事件尾を引くかもしれませんね。





宗教については、管理人はよく知りませんが、イスラム教の教えは、マホメットが各地を旅する中で得た様々な知恵をまとめたものとする説があり、豚肉を食べないという戒律もイノシシが生態系に悪影響があり、肉に雑菌が多いことを踏まえたものだとの説があります。

個々の宗教の批判、論評は自由ですが、よく調べてからやるべきです。

ノルウェー、スウェーデン、デンマーク、フィンランド。バルト3国も入るんでしょうか。アサンジの拘束に協力したスウェーデンにしても、北欧の国々は少しおかしくなっています。

2018年09月12日
ジュリアン・アサンジの仲間のサイバーセキュリティ専門家がノルウェーで行方不明に 所持品を漁師が発見

2017年11月18日
エルドアン NATOにとって敵の協力者とノルウェー人に名指しされて激怒



FARSNEWS2019/11/27
Iran Summons Norwegian Envoy over Desecration of Holy Quran
TEHRAN (FNA)- Iran's Foreign Ministry summoned Norway's charge d'affaires to convey strong condemnation and objection to the recent burning of the Holy Quran by a Norwegian extremist.

The Norwegian charge d'affaires was summoned to the foreign ministry in the absence of ambassador to hear and convey strong condemnation and objection to the recent burning of Holy Quran by the leader of 'SIAN-Stop Islamization In Norway' extremist group in the European country.

The foreign ministry warned that the Norwegian man's action in burning the Quran would have dangerous consequences that could lead to the expansion of extremism and violence in the European country.

RT2019/11/24
Pakistan summons Norwegian Ambassador amid outcry over Koran burning at rally in Kristiansand

Islamabad expressed “deep concern” and launched a diplomatic action over the burning of the Koran in Norway, while the man who tried to save the book earned high praise on Pakistani social media.

Last week, a young Muslim counter-protester tackled Lars Thorsen, the head of the Stop Islamization of Norway (SIAN), after he set a copy of the Koran on fire at an anti-Muslim rally in the city of Kristiansand. The video of the incident caused a strong reaction in Pakistan, where the man reportedly named Ilyas Umer was hailed as hero on social media for trying to “save” the most-revered book in Islam.


The nation’s Foreign Ministry even summoned the Norwegian Ambassador over the weekend to tell him that Thorsen’s actions “hurt the sentiments of 1.3 billion Muslims around the world, including those in Pakistan.”

The Ministry said that Koran-burning “could not be justified in the name of freedom of expression,” and urged Oslo to “prevent” such incidents from happening in the future.

Meanwhile, protesters burnt Norwegian and US flags in Karachi, denouncing what they said was the desecration of the Koran.

Anti-Muslim actions overseas have in the past sparked demonstrations in Pakistan. In 2010, rallies were held in Pakistani cities after controversial Florida-based pastor Terry Jones announced plans to burn the Koran. Two years later, a massive protest was staged in front of the US embassy in Karachi against the American film ‘Innocence of Muslims’, which was deemed blasphemous by the local Muslim community.
posted by ZUKUNASHI at 20:53| Comment(1) | 国際・政治
この記事へのコメント
こんにちは。
ユダヤ教の聖典→旧約聖書のみ
キリスト教の聖典→旧約聖書+新約聖書
イスラム教の聖典→旧約聖書+新約聖書+コーラン(クルアーン)
ですが、イスラム教では旧約、新約聖書はともかく、コーランを第一にします。
そのコーランの9章30節
https://quran.com/9/30
にはこうあります。

「ユダヤ人はエズラをアッラーの子であるといい,キリスト教徒はメシアをアッラーの子であるという。こう言うかれらの口先は昔の不信心な者の言葉を真似たものである。真理から離れ欺かれたかれらに、アッラーの崇りあれ。(クルアーン9章30節)」

すなわち、イスラムの基本であるコーランに従えば、ユダヤ教、キリスト教はアッラーから祟られるべき、と記されています。
イスラム原理主義は"過激"と言われますが、コーランからするとイスラムの基本であり、普通の事になります。逆に、イスラム以外と協調する姿勢は異端になり、死刑です。しかし、それでは大勢の人々が死刑になってしまいます。
イスラム教で有名なラマダン→断食ですが、ラマダンの期間は日の出から日没まで食事はもちろん、水も飲んではいけません。日没から日の出前までは飲食OKなため、日没で食べて飲んで就寝。日の出前に起きて食べて日中に備えて水分もしっかり取るという形になります。例外として旅人は断食をその日は免除され別の日に改めてすることが出来るため、ラマダン月に家族で旅行に出る場合も多いそうです。当然ですがラマダンも守らないと処罰の対象です。しかしコーランの建前と、人々の本音をうまく使い分けないとやっていけないとする緩いイスラム諸国がある一方で、コーランに厳格に従うべき、とする政教一致の国でさえも建前と本音を使い分けているのが現実のようです。
Posted by Saito at 2020年06月24日 19:06
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。