位置について よーいドン!: ずくなしの冷や水

2019年12月18日

位置について よーいドン!

管理人が全体の管理を総括している私設空間線量率測定システムは、1号機の設置から1年半以上を経過しました。開発開始からほぼ2年です。

読者の協力を得て一応全国をカバーするシステムとなりましたが、この管理運営に多くの手間がかかっています。

当初は、Wifi利用でサーバーにデータをアプロードしていましたが、管理人自身がWifi電波に常時さらされて目に障害が出ました。

それで有線LANへの切り替えをお願いしてきました。現在Wifi利用のポイントは2か所、携帯電波+据え置き型ルーター使用が3か所。ただ、有線LANへの切り替えでは、電流が不足するという問題が生じました。そのため電源供給付きのUSBハブを手当てしました。

当初 スティックパソコン+GC10、Wifi利用
一次 スティックパソコン+GC10、Wifi利用、ヒートシンク
二次 スティックパソコン+GC10+有線LANアダプター
三次 スティックパソコン+GC10+有線LANアダプター+LTEルーター(一部のみ)
四次 過去画像の記録開始
五次 ソフト改良 電源オンで自動でソフトが立ち上がり送信開始に
六次 スティックパソコン+GC10+有線LANアダプター+電源供給付きUSBハブ
七次 一部にタブレットパソコン、ミニパソコン導入
八次 ソフト改良 毎日一定時刻に自動再起動
九次 スティックパソコン+GC10+有線LANアダプター+電源供給付きUSBハブ+ノイズ遮断措置

測定システムで生ずる問題をこうやって一つずつつぶしてきましたが、まだ問題が残っているところがあります。

管理人としては、できるだけ管理者に手間を、負担をかけないで済むようにソフトも改善してきました。一日一回の再起動は、WINDOWSの更新が多い中で、安定稼働に資するはずと期待しています。

一応、最新鋭システムが多くの箇所に配置され、稼働開始です。さて、どこで最初に問題が生ずるか・・・・。出来の悪い子ほどかわいい。よく言ったものです。

・・・・・・

朝見て見ると、なんと私の手元のパソコン画面が真っ黒け。これは少し古い型のものでむしろ安定していたのですが。再起動。

1か所は、管理人にお任せ。もう1か所は、不調になること織り込み済。他は正常。あれっ、島根で高いスパイク。



正午に予定した自動再起動は、管理人が外出したため確認できませんでした。でも夕刻の時点では、管理人が調製して出荷した機械は一応正常稼働。

この測定システムは、一義的にはそれぞれの管理者が一番受益します。お住いの環境の放射能水準がどうかを把握できることのほかに、電気的、電磁波的な環境もチェックできるのです。こんなに設置環境の差が顕在化するとは想定していませんでした。

例えば、住まいの近くの工場で日常的に非破壊検査を始めた、どこかのレーダーの電波が住まいに照射されるようになったなどの変化は検出できるでしょう。

また、誰か悪意の者が自宅や自分の車両にX線を照射しているなどの事例があれば、これも測定データで確認できます。据え置き型のほかに携帯型のシステムも作り、実地試験を終えています。

集団ストーカー被害に遭っている人は、X線照射を受けていると訴える人もいますが、そのような場合にどれほどの時間、どの程度のX線照射を受けているかを把握できます。

被害者から依頼があれば、資金提供者と相談して無償貸与も考えるのですが、これまでご依頼はありません。

・・・・・

1日経過。1か所で不具合発生。自動再起動で回復するか見ます。2回目の再起動。再起動せず。ネット回線の障害かWindowsOSに障害発生です。おそらくネット回線の障害でしょう。

サーバーの画像が古いまま。更新が止まっている。
・ネット回線の障害
・機械が停止
・キャプチャーソフトが停止(送信先が誤り)
・WindowsOSの障害(Update後の再起動の失敗)

サーバーの画像は更新されているが、古い画像のまま。
・ネットは稼働、キャプチャーソフトも稼働
・GC10モニターソフトの障害で同一画像を表示したまま(あまりない)

表示される画像がおかしい。
・GC10からの信号を受信できていない。ケーブル接続不良、電圧低下)
・GC10モニターソフトの障害

自動再起動しない。
・再起動してもネット障害で画像が送られない。
・機械またはOSの障害。(機械本体の取り換え)

遠隔監視で必要な措置を管理者に要請できます。管理者の手を極力煩わせない効果もあります。なぜか問題児だった測定ポイントのシステムががおとなしくなっています。問題児がこのままおとなしくなれば、システムは完成です。

残る問題は、管理者には基本的なパソコン取り扱いの知識が必要なこと。当初知識がなくてもこちらからの助言でどんどん吸収していく方もおられれば、そうでない方も。

これから家庭でもパソコンを使う機会は増えるだろうに、主婦だからパソコン使えなくてもよいということにはならないだろう。

2019/11/19は3回目の再起動。組み込み済のところで障害発生の箇所1か所を除いて再起動実行。このまま続くとよいですが。

2019/11/19夜の時点で停止が2か所。1か所でデータが取れなくなっています。OSは動いています。

2019/11/20 再起動予定の9か所のうち障害発生中の1か所を除き再起動実行。

G20が6時で画像が変わらなくなった。10時半現在同一画像の送信継続。
G23が10:50現在8:10現在の画像をアプロード継続している。
G38は稼働継続

2019/11/21、正午に障害発生中の1か所を除き7か所が再起動。
夜になってG24で障害発生。G24が21:50 送信停止。G27復帰

2019/11/22、G24を除き7か所が再起動。G38連続稼働だったが22:20異常発生。

2019/11/23、障害発生のG24を除き7か所が再起動。

2019/11/24、毎日再起動予定のところ8か所全部で再起動。1か所は週一回水曜日。鉢かぶりパソコンが1か所。近く網被り測定器も出現予定

2019/11/25、順調に再起動。G38連続稼働だったが11/25、22:50異常発生。

2019/11/26、8か所再起動。G38 17:40障害発生

2019/11/27、9か所再起動。G20 朝方障害発生、画像送信継続、再起動  G38 14時点ですでに障害発生。23:27現在、14時から15:20のグラフをサーバー送信して表示。G4再稼働 

2019/11/28、8か所再起動。G23、11/28中に次第に検出数消滅。G38、11/29朝グラフ更新停止


2019/11/29、7か所再起動。G5、朝8時前に送信停止、再起動せず、電源落ち、原因不明。

2019/11/30、朝G5停止継続、7か所再起動

2019/12/1、6か所再起動。

2019/12/5、再起動予定箇所9か所すべて作動

先発の私設測定網がいくつかありますが、時間の経過とともに不稼働か所が増えてきています。測定器の故障、パソコンの不調、ネット回線の不調、メンテナンスが大変なんですね。自分でやれなければ誰かに依頼するしかなく、費用がかさみます。

都市部での電磁波激戦区でも耐えうる機械を確保すべく、GM-10をテストしてみることにしました。機械を取り寄せて、まずメンテナンス。あれれ、ソフトが動かない。数日前まで動いていたのに。仕方がない。パソコンのOSアプデイトから始めたが、終了しても改善せず。

パソコンを替えることにした。ソフトのインストールと設定。これが面倒。シリアル番号を入れなければならないのだが、どこにあっただろうか。明日はまた探し物かとうんざり。

新しいパソコンを使うことにして、古いパソコンをアプデイトしたのちにクリーンインストールした。1909になったが、今回はずいぶん時間がかかった。

GM-10のソフトの設定。アプロードする画像の拡張子をつけなかったら画像として認識されなかった。何度やっても迷う。

一応、グラフ送信にこぎつけて、一晩稼働させ、翌日再起動。自動で立ち上がったが、グラフの縦のスケールが記憶されていない。設定内容をグラフで記録。SHAREXを起動して全画面をキャプチャー。

GM-10_2019_12-setup、GM-10_2019_12-graph、GM-10_2019_12-ftpとして画像を201912に保管。こうやって記録しておかないとすぐ忘れる。

GM-10を再起動して1時間経たないが、meanが0.11、40cm離れた場所のGC10の平均値は0.109μSv/h。ぴったり同じ。機械の調整完了。



過去画像を記録しており、最高数値が高くなっている時は、それを調べればいつの事象なのかがわかる。


GC10は携帯電話の電波の影響を受けているらしい。GM-10には反応がない。


2019/12/10、10か所で再起動、近く2か所の機械を更新して12か所になる予定。4か所は管理者がすぐ対応してくれるので自動再起動は導入していない。大体狙い通りの動きになったようだ。

12/10、G38障害発生

2019/12/11、10か所で再起動。午後4、5所で再起動の予告が出ましたが、短時間で終わり、グラフ描画も中断しませんでした。

2019/12/16、予定した箇所がすべて再起動。機器の健全性確保確認に自動再起動は効果が大きいです。

1か所で毎日16:30に送信が止まるとクレーム。機械交換。新しいものでも16:30送信停止。これは測定システムに原因があるわけではない。さてなんだろう。午後4時半というと、よい子はおうちに帰りましょうの放送の時間だ。ShareXが止まるというのだが、ネットが止まっているはず。

12/18 16:32:16
12/17 16:30でグラフ送信停止 取り換え後の新しい機械。
取り替え前の機械のHistryを調べると。
12/15 16:31:59
12/14 16:32:00
12/13 16:32:04
12/12 停止なし
12/11 停止なし
12/10 16:31:56
12/9 16:31:55
12/8 停止なし
12/7 16:31:52
12/6 停止なし
12/5 16:31:56 
12/4 停止なし
12/3 停止なし

放送が終わってブチッと電源が落ちるときに送信が止まっているようだ。
このシステムは繊細、脆弱なのでこんなことまでわかります。

このシステムを設置していれば、お住いの場所の電磁波環境が変わると、異常が出ることが多いのです。すごいでしょう。

先週末にスティックパソコン、3台の機能最終確認して送り出しました。今日は2台、帰ってきたものの機能確認しましたが、問題なし。しばしばOSのバージョンアップを要求していた1台は、1809から1903の準備ができていましたが、1903はスペック的に無理な機械なのです。要求通りに再起動しいましたが、案の上失敗。いつか更新を止めなければなりません。そしてスタンドアロン的に使います。

これまで開発してきたリアルタイム空間線量率測定システムは、都市部、電磁波激戦区での稼働が安定せず、これらの地域に置くためには設備の抜本的な強化策が必要かと考え始めています。

これから電磁波環境は悪化する一方と見込まれますので、今のペースでトラブルが増えていくと費用も掛かり労務的にも対応しきれなくなりそうです。

設置場所でこれだけの差が出るとは、思いもよりませんでした。まあ、初期に設置された私設測定網が半身不随以上の残念な状態になっていることを考えれば、あり得たことなんですね。

防災行政無線によるとみられる障害は、4時半の定時放送でなく臨時の放送の後にも発生すれば原因確定です。原因究明優先か、安定稼働優先かは管理者の選択です。

手元にあった少し高級な(1000円以上)の周辺器具が2個家から出ていきました。中国製でもいろいろあって、高いものはそれなりに使えますが、安いものはそれなりにいろいろある。

電磁波環境の状況を判断する何らかの数値指標が欲しいと考え始めています。

12/18、G29、16:32:16を最後に送信停止、G20、18:42:16を最後に送信停止。G27、14:56:49を最後に送信停止。

なないちさんの日記帳 というサイトに
LANケーブルをUSBコネクタに変換Aという記事があり、その中でむき出しのピンの部分をアルミ箔で包んだら効果があったと書かれています。

USB1.1になる詳しい原因は分かりませんが
「アダプタの "ピン" が剥き出しのせいで、外部からノイズの影響を受けているのでは?」
と考え、試しにアルミホイルで変換アダプタを包む事にしました。
「変換アダプタ」にアルミホイルを直接巻きつけると、剥き出しの配線にアルミが接触してショートするのでまずは下地にテープを貼り、次にアルミホイル、最後にテープの順で貼り付けます。
・・・
検証のため「一旦アルミカバーを取り除く→再び付ける」を三往復回繰り返します
・・・
速度計測を行った結果
間違いなくアルミカバーは有効である
という事を確認しました。


私らが放射能測定器をアルミ箔で包んだりしていたのは、決して間違っていなかったのです。最近は、サーバーの受信記録と、個別端末のキャプチャー画像でどこかおかしいかは推定が付くようになっています。
posted by ZUKUNASHI at 21:05| Comment(3) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ずくなし様
日々のご苦労に心から感謝です。それにしてもタイトル、良いですね〜

みゆうさんのおすすめサイト 百々峰だより 更新されていました、

次にやめるのはオリンピックだ!――「放射能でおもてなし」を許してはならない

特に下澤陽子さんのスピーチ圧巻でした。

http://tacktaka.blog.fc2.com/blog-date-201911.html
Posted by たぐちゃん at 2019年11月17日 16:42
スマホからも放射能が出ているらしい。
少ない機種がノキアとサムソン製とは知らなかった。

https://indeep.jp/wp-content/uploads/2019/11/phones-radiation-least15.jpg
Posted by スマホの脅威 at 2019年11月26日 19:43
スマホの脅威さん ご教示ありがとうございました。
Posted by ZUKUNASHI at 2019年11月26日 21:27
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。