総理の肩書のついた異常者?: ずくなしの冷や水

2019年11月13日

総理の肩書のついた異常者?

下にある木野龍逸氏のツイートを読んでうーんと唸ったきり立てませんでした。この記事「総理の肩書のついた異常者?」は、まさにその点を書きたかったのですが、うまい表現が浮かばず、持ち越していたのです。

えーっ、本当のことをこんなに忌憚なくありのままに書いていいの?! 

《自民党千葉県連としては、選挙に強く、政策に無知な森田知事は言いなりになってくれるので、使い勝手がいいと考えてきた》との関係者の見方は、本当にあるんだと思います。自分の考えはなく、エサや褒美をくれる人の言うことを何でも聞く、いくら常識に反しても、人権を侵害しても、法律に反しても何でもやれる異常者ほど使いやすいのです。

今はいろいろな請負業が発達して、殺人などを働く請負もあるようで、そういう何でも請負う業者は重宝ですよね。

でも、ろくに仕事をしない知事の下で一番楽をしたのは、県庁の幹部職員をはじめとする県職員ですよね。仕事をしないだけでなく、規律も弛緩しています。県警本部が嘘をついたのは、今の知事の下では? 中学校の女教師が男子生徒と性〇したり・・・。不祥事が連日伝えられた時期もありました。
千葉県は公務員天国なんですね。

誰か支配者がいて、それらの人に指示されて無茶苦茶やっているのはまさに今の日本の総理です。彼でなければできないことをこの際やらせようとはっぱをかけている連中がいるはずです。

それをマスコミが伝えないからと、知らんぷりをしていると、えっと思った時はもう遅いのです。

でも、ちょっと傍若無人にやりすぎましたかね。

※ 異邦人@Narodovlastiye氏の2019/11/13のツイート
招待者に「桜を見る会」の招待状が届くのは、招待者が嬉々としてネット上にあげているものを見る限り3月。しかし、新たにスクープされた安倍首相の地元有権者に送られた「桜を見る会ツアー」の案内は、何と2月。これで「各府省庁が推薦し内閣府が取り纏めるため首相の関与はない」という図式は崩壊。

※ 但馬問屋@wanpakuten氏の2019/11/13のツイート
アベ、OUT!
公職選挙法
第百九十九条の五
3 何人も後援団体の総会その他の集会又は後援団体が行なう見学、旅行その他の行事において…(中略)当該選挙区内にある者に対し、饗応接待(通常用いられる程度の食事の提供を除く。)をし、又は金銭若しくは記念品その他の物品を供与してはならない。

公職選挙法違反です。

※ 森田県知事の“なんもしない”政治スタイル。登庁して3分で帰ることも…

※ 木野龍逸 (Ryuichi KINO)@kinoryuichi氏の2019/11/12のツイート
《自民党千葉県連としては、選挙に強く、政策に無知な森田知事は言いなりになってくれるので、使い勝手がいいと考えてきた》と関係者。
政策には役立たずの知事を3回も当選させた千葉って……。
→森田県知事の“なんもしない”政治スタイル。登庁して3分で帰ることも…

※ 山羽明人@cIHtcCLzQtI7ZPX氏の2019/11/9のツイート
昨日(11/8)予算委員会で杉尾さんがあまり話題になっていないのですが重要な発言をされています。
「報道機関の現場記者やデスクキャップに総理大臣が自ら電話をしてこのニュースを流せ、この論調はおかしい、どうして報道しなかったんだ、こういう電話をしています。はっきり申し上げておきます。」

※ Eigen Kino@eigenkino氏の2019/11/9のツイート
田村智子議員が「桜を見る会」という言葉を発した時、与党議員は「またかよ」みたいな反応だった。これでもかと事実を突きつけて追及していくうちに、ヤジも飛ばせなくなっていく。予算委員会でこそ取り上げるべきとずっと思っていたが、時間をフルに使ったところがスゴイ。

※ 田村智子@tamutomojcp氏の午後7:21 ・ 2019年11月8日のツイート
#桜を見る会 C予算委員会で徹底追及。これでもかとネットにあふれる情報を突きつけた。
予算の3倍にも規模を広げ、総理の後援会のおもてなしに利用している。無料で樽酒やアルコール、オードブル、お菓子やお土産をふるまう。政治家が個人でやったら公職選挙法違反。

※ 共同通信2019/11/13 12:34 (JST)11/13 12:59 (JST)updated
中国、殺し屋が標的逃がす
5次請け、報酬「割に合わない」
 【北京共同】報酬が少なすぎて割に合わない―。中国南部で殺人の依頼が元請けの殺し屋から2次、3次へと下ろされ、5次請けの殺し屋が報酬の少なさにばかばかしくなり標的の男性に殺されたふりを提案。逃がしたところ警察に通報され、依頼人と殺し屋5人が逮捕され実刑判決を受けた。
 中国メディアによると、依頼人は自身が経営参加する企業に対し民事訴訟を起こした男性を暗殺するよう殺し屋に頼み、200万元(約3100万円)を支払った。
 元請けの殺し屋は100万元のマージンを取って別の殺し屋に殺害を依頼。2次請けも別の男に依頼を下ろし、5次請けの段階で報酬は10万元に減っていた。
posted by ZUKUNASHI at 14:54| Comment(0) | 社会・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。