米国の当局はこのブログの何が嫌いなのか: ずくなしの冷や水

2019年11月02日

米国の当局はこのブログの何が嫌いなのか

2019/10/19の朝から、突然、このブログのサーバーに攻撃が始まりました。午前8時現在で56,000PVになっていました。

2019/10/19朝のこのブログのアクセス記録


アクセス先のページを見ると、このブログの画面に置かれた検索窓に何か書き込んで全文検索、このブログ全体の中での検索を繰り返しています。1時間に14,000アクセスですから1分間に233アクセス、1秒間に3.88アクセスです。1秒間に約4回検索窓から何らかの用語で検索をかけそのたびにサーバーがこのブログの記事にそれと同じ用語があるか調べています。

誰がなぜ? 

これまでずっと放射能問題を書いてきて嫌がらせはありましたが、このようなサーバー攻撃は受けたことがありません。やはりよほど拡散されたくない情報をこのブログが取り上げてしまったのです。しかも相手はそういうことに手慣れています。

どの記事でしょう。

可能性のあるのは
さよう 発狂としか言いようがない ホルムズ海峡周辺に自衛隊を独自派遣へ
これがリベラルの市民活動? まだ支援します? 恥ずかしくありませんか?
ツルシ・ガッバード 米政権はシリア政府と戦うためにアルカイダテロリストを使った
人口動態速報 そりゃあ高学歴でなくてもこの異常さはわかりますよね
学歴不問 誰でもわかる福島の人口動態のすごさ
この辺でしょうか。

アクセス急増に面食らいつつ海外情報をチェツクすると、ツルシー・ガッバードとヒラリー・クリントンの対立の情報が流れてきましたので、これも記事にしました。 

ヒラリー・クリントンが「戦争屋の女王」であることは管理人は深く同意しますから、最初、それを明言されたヒラリー陣営が拡散されたくなくて、サーバー攻撃を仕掛けているのだろうと想定しました。

しかし、ツルシー・ガッバードとヒラリー・クリントンの対立の件は、あっという間に世界中に広まり、私がフォローしている海外のツイッター利用者がこぞってこの問題を取り上げました。こんなに広く知られたことを扱っているからと言ってサーバー攻撃を続けるだろうかという疑問がわき、時系列で出来事の後先を調べました。

ツルシー・ガッバードがツイートで容赦なくヒラリー・クリントンに反撃したのは、日本時間で2019年10月19日午前5:20 です。

※ Tulsi Gabbard@TulsiGabbard氏の午前5:20 ・ 2019年10月19日のツイート
Great! Thank you @HillaryClinton.
You, the queen of warmongers, embodiment of corruption, and personification of the rot that has sickened the Democratic Party for so long, have finally come out from behind the curtain. From the day I announced my candidacy, there has been a concerted campaign to destroy my reputation. We wondered who was behind it and why. Now we know − it was always you, through your proxies and powerful allies in the corporate media and war machine, afraid of the threat I pose.

It’s now clear that this primary is between you and me. Don’t cowardly hide behind your proxies. Join the race directly.

米国東部標準時と日本時間との差は14時間です。上のアクセスの記録表で午前2時、3時も少し普段より多いですが、明らかに多くなっているのは4時台からです。マイナス14時間で東部時間の10/18午後2時台からアクセスが増えています。

Tulsi Gabbard@TulsiGabbard氏の "Great! Thank you @HillaryClinton" で始まるツイートは、日本時間で午前5:20 ・ 2019年10月19日ですから、東部時間ですと10/18午後3時です。

時間的には、合いません。このブログへのサーバー攻撃が始まったのは、別の記事が原因です。他には、米国にとって好ましくない情報と言えば、
ツルシ・ガッバード 米政権はシリア政府と戦うためにアルカイダテロリストを使ったです。米政権がアルカイダテロリストを使い、ISISのテロリストを育ててイラク、シリア国内を破壊しつくしたというのは、まぎれもない事実です。

その証拠は、このブログに山ほど書いていますが、このブログの読者もそのような記事は読もうとせず、歴史的事実を受け入れるのを頭から拒否しています。(日本人は国際情勢については、すべからく池の中の蛙同然。だから香港の暴徒を応援したりするのです。知識人に見える人も全く同じ。)

そこに米国の現職国会議員であり民主党の大統領候補として活動を始めたツルシー・ガッバードが大統領候補の討論会の場でそれを明確に述べたとなれば、人々の受け止め方も違います。

そこで、この記事の冒頭のセンテンスを使って検索をかけてみます。


この記事で引用したシリア国営メディアのSANAの記事がトップでVOX.comとtime.comが来てその次がこのブログです。4番目です。これでは、このブログについても情報が流れないようにするインセンチブが働きます。

米国政府機関の職員が出勤してきて不都合なサイトを拾い出し、そこをターゲットにしてサーバー攻撃をかけるのに半日かかっています。

でも実際にサーバー攻撃の作業をやっているのは、CIA、国務省、ペンタゴン、どこでしょうね。

いずれにしても、米国当局は、「米政権がアルカイダテロリストを使い、ISISのテロリストを育ててイラク、シリア国内を破壊しつくした」という事実の認識が広まるのをなんとしてでも食い止めたいのです。当然でしょう。今、世界に流布されている認識が180度向きを変えられてしまうのですから。

米軍がシリアの承諾なしに兵士を送り、ISISテロリストを使い、国土を破壊し、市民を殺し、テロリストがロシア軍の参戦で苦戦してからはテロリストとクルドを使ってシリアの油田地帯を占拠しようとしたのが真実です。米国がテロリストを掃討するためにシリアに兵士を派遣したなどというのは真っ赤なウソだということが流布しては困るのです。

2019/10/19は、結局一日で約29万のPV(ページビュー)になりました。


サーバー攻撃は、2019/10/20も続いています。今日は35万PVにいきそうです。
まさかとは思いますが、香港暴動の「これがリベラルの市民活動? まだ支援します? 恥ずかしくありませんか?」の記事が原因じゃありませんよね。どっちもCIAにとっては面白くない記事でしょうけど。

2019/10/20は、28万PVにしかなりませんでした。午後6時台で終わっています。米国東部時間で朝の4時です。ツルシーとヒラリーの対立に注目が集まり、米政権がアルカイダのテロリストを使ったことについては、そんなに注目されないで終わったからでしょうか。



SANAの記事の冒頭のセンテンスを使ってもう一回検索をかけてみます。


順位が2位に上がっています。効果なしと見て止めた?

まあ、さくらのブログにあまり迷惑をかけずに済んだでしょうか。新聞などで報じられるサーバー攻撃は現にあるのです。今回はサーバー攻撃の実態を知ってもらうためにこのブログの雀の涙ほどに少ないアクセス数を恥を忍んで公表しました。

今回はアクセス妨害でしたが、ハッキングなら短時間に何億回という桁はずれのアクセスがあるはずです。パスワードは破られにくいものを使うようにしましょう。

2019年10月19日
サーバー攻撃成功せず の記事はここに統合しました。

この事件の後、Googleでのこのブログの扱いが変わりました。過去にアップした画像を探すために、Googleで検索をかけることが良くありますが、表示される画像がごく少なくなりました。そして、訪問者数が大きく減っています。アクセスのある個別ページの種類は一日で1000以上に上っていますが、検索での訪問者は一人で1ぺージか2ページしか見ませんのでページビューと訪問者数がほぼ同じなのです。

Googleの検索結果でこのブログの記事が表示されなくなっているということです。
Googleなどは、米国政府と密接に連携しています。

ツイッターが当局にとって目障りなアカウントを凍結したりすることはよく知られています。SNSはそういうものです。
posted by ZUKUNASHI at 12:09| Comment(1) | 国際・政治
この記事へのコメント
ずくなし様、超大国アメリカのサーバー攻撃ですかおめでとうございます。これでずくなし様のプログも世界の優秀プログになりました、素晴らしことですね。私は、バカ猿の日本人に2回パソコンを破壊され、3ヶ月前から自宅のパソコンで文字が打てなくなりました。破滅した大日本帝国が創り出した邪教靖国教の信者であり軍神安部総理 自衛隊は勝利します万歳。
Posted by 西 亨 at 2019年10月22日 07:57
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。