簡単に繰り返しツイートをキャプチャーする: ずくなしの冷や水

2019年10月18日

簡単に繰り返しツイートをキャプチャーする

ツイッターを見ていると社会的な立場のある人がこんな恥ずかしいことを公言できるものだと驚くことが多いです。

例えば、こんなツイート。ご本人はほとぼりが冷めれば世間は忘れてしまうと考えているのかもしれませんが、どっこい、そうはならないのです。ツイートを記録するのは簡単です。


すでにたくさんのツイートのキャプチャー画像を保管している方もおられるでしょうが、キャプチャーをより簡単にするための方法を以下に書きますからご活用を。

なお、ツイッターのルールによれば、ツイート全体を転載する分には著作権の問題は生じないと聞いています。まず、当面自分だけの用に供するものとしておいて、時期が来てそのツイートをさらすことが公益にかなうと判断されれば、一定の論説をつけて公開すればよいわけです。

二つのフリーソフトを使います。
一つは画像処理ソフト
Windowsに入っているPaintも使えると思いますが、私のお勧めはJtrimです。軽くて操作しやすくてかつ高機能です。次が作者のサイトです。ページ中ほどに
DOWNLOAD
JTrim Version 1.53c (1214KB)

とありますのでそこをクリックしてダウンロードし、インストールしてください。
http://www.woodybells.com/jtrim.html

もう一つは 画面キャプチャーソフトのShareXです。
ShareX - Screen capture, file sharing and productivity tool
ここをクリックしてダウンロード、インストールしてください。

Windows10でしたら最新版が動きます。なお、お使いのWindowsのバージョンが古い場合には、最新版ではない少し古いバージョンのほうがよい場合もあります。

なお、ShareXは、標準のインストール方法ですと、パソコンのスタートアップに書き込まれパソコンの起動時に自動的に立ち上がります。ソフトの画面が表示された場合は、右上の「−」をクリックしてタスクバーに隠してください。

これで準備ができました。次のような画面を見ていてツイートの部分をキャプチャーしたいと思います。



次のmko氏のツイートの部分です。


このような画面の一部だけをキャプチャーしたい場合は、コントロールキーとprintscreenのキーを同時に押します。そうするとキャプチャー部分選択画面になりますので必要な部分を選択します。少し慣れが必要かもしれません。マウスを左クリックしたまま部分を選択してマウスの左クリックをやめると同時に画像がキャプチャーされます。

キャプチャーされた画像は、ドキュメントの中のShareXという名のフォルダー、そこのscreenshot、今なら2019-10というファルダーに保存されます。この時の画像は、サイズが大きくファイル名もランダムな文字列になっていますので、Jtrimで開いて横幅を400Pixcelとか500Pixcelなどに縮小し、ファイル名を例えば20191018 mko-hormzu.pngなどとします。そして所定の場所に保存します。


この方法はホットキーを使ったキャプチャー方法で、キャプチャーの対象範囲に応じて使い分けます。


2019年10月18日
ツルシ・ガッバード 米政権はシリア政府と戦うためにアルカイダテロリストを使った
の末尾に書いたほど省力的ではありませんが、まあ、実用可能でしょう。

分からないところはお尋ねがあればお答えします。
posted by ZUKUNASHI at 21:22| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。