出生数急減は出産や子育てをしやすい環境が不備のため: ずくなしの冷や水

2019年10月07日

出生数急減は出産や子育てをしやすい環境が不備のため

公表が遅れていた「人口動態統計(確定数)」がまとまったようです。新聞各紙が厚生労働省の発表を一斉に伝えています。焦点になっているのは、出生数の減。新聞のリードで「出産や子育てをしやすい環境の整備」の必要を指摘する声が湧いています。

日本経済新聞 電子版 2019/10/7 2:00
出生数90万人割れへ 19年、推計より2年早く
社会保障・成長に影
日本の出生数が急減している。1〜7月は前年同期に比べて5.9%減り、30年ぶりの減少ペースとなった。団塊ジュニア世代が40代後半になり、出産期の女性が減ったことが大きい。2016年に100万人を下回ってからわずか3年で、19年は90万人を割る可能性が高い。政府の想定を超える少子化は社会保障制度や経済成長に影を落とす。出産や子育てをしやすい環境の整備が急務だ。

ツイッターの論調
https://twitter.com/search?q=%E5%87%BA%E7%94%9F%E6%95%B090%E4%B8%87%E4%BA%BA%E5%89%B2%E3%82%8C&src=trend_click

政府は、出生数の急減について出産・育児環境のせいだとすることにまんまと成功したようです。

この西高東低をどう説明する? 資料は全国人口動態統計速報値



減少率の大きいところの順では、秋田県、福島県、岩手県、山形県、栃木県です。

上の新聞やツイッター発信者の見解からすれば、東日本は「出産・育児環境」が劣悪だということになります。子供を育てたかったら西へ逃げろ!

・・・・・

change.org
大阪湾に『放射能汚染水』を放出しないと、松井一郎大阪市長(維新)に確約させましょう!ご自分とご家族の健康・命を守るために!
posted by ZUKUNASHI at 08:20| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。