アルゼンチンで農業実習を希望する青年がおられます: ずくなしの冷や水

2019年10月11日

アルゼンチンで農業実習を希望する青年がおられます

将来海外で農業に従事することを希望する青年が、アルゼンチンで畜産業の実習体験の機会を探しています。

日本では製造業にお勤めですが、これまでフィリピン、トルコ、チュニジア、モロッコで農家実習の経験があり、この11月からはパラグアイとチリで農家実習が決まっているそうです。

南米は渡航に時間がかかりますから、その機会にできるだけ多くの経験を積みたいとのご希望のようです。

現地の農家では農作業に従事しますが、労働の対価は求めない(労働報酬不要)。その代わりに食事と居住空間の提供を求めています。

スペイン語はまだ勉強中とのことですが、これまでの海外農業体験からすれば、英語はお使いになるでしょう。

・・・・・

紹介、仲介の労を取っていただける方はおられませんか。

手順としては、お申し出をいただければ、青年のメールアドレスと姓名をお伝えしますので、最初は匿名で連絡を取っていただくか、あるいは管理人が中に入って伝言します。

トルコは温帯の農産物輸出国、チュニジア、モロッコは乾燥地農業。パラグアイとチリは、牧畜業ですね。確かにシェアが大きいのはアルゼンチンでしょうね。

多彩な海外農業体験でまずは本が書けるというところですが、ご本人は海外での農業自営が目標のようです。

よろしくご協力のほどお願いします。現地の方をご紹介いただくだけでも良いと思います。
posted by ZUKUNASHI at 13:06| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。