爺さんたちの楽しい宴: ずくなしの冷や水

2019年10月07日

爺さんたちの楽しい宴



Alan Robock(Rutgers University)氏の個人ホームぺージ にあった2011年のキューバ訪問時の写真です。楽しそうな雰囲気ですが、一見して普通の暇な爺さんたちではないとわかります。

Fidel Ángel Castro Díaz-Balart氏が催した昼食会の光景です。

FidelÁngelCastroDíaz-Balart氏は、キューバの核物理学者。 彼はキューバの指導者Fidel Castroと彼の最初の妻、Mirta Diaz-Balartの長男。

2018/2/1に亡くなっています。当時大きく伝えられました。
BBC2018/2/2
キューバ故カストロ前議長の長男が死亡 自殺と国営メディア
キューバの最高指導者だった故フィデル・カストロ前国家評議会議長の長男、フィデル・アンヘル・カストロ・ディアス・バラートが1日朝、死亡しているのが発見された。68歳だった。キューバの国営メディアは、自殺と伝えている。
国営新聞グランマは、「重いうつ症状のため数カ月にわたり医師団の治療を受けていたフィデル・アンヘル・カストロ・ディアス・バラートが今朝、自ら命を絶った」と伝えた。
国営テレビによると、カストロ・ディアス・バラート氏は数カ月前に入院した後、外来で医師団の治療を受けていた。葬儀は家族が行う予定という。
原子物理学の訓練を、旧ソ連で受けた。死亡当時は、国家評議会の科学顧問で、キューバ科学院の副院長だった。
職歴によると、著作を複数発表し、各地の国際会議にキューバ代表として出席した。
現在のキューバ最高指導者、ラウル・カストロ国家評議会議長は故カストロ議長の弟で、今回亡くなったカストロ・ディアス・バラート氏の叔父にあたる。


米国とキューバの科学者たちですが、専門分野も様々のようです。国際政治的には厳しいものがあっても交流する科学者は交流している。旧知の科学者が集まれば時間を忘れるほどに楽しいでしょうね。

写真の右端の水色のシャツの方が、Alan Robock氏。インドとパキスタンの核戦争となったときの惨禍について警告を発しています。

・・・・・・

米国にはなかなか活発な老人学者がいます。シリアのハーンシェイフーンのサリン毒ガス事件について調べているこの方もその一人。


FARSNEWS2019/10/6
Russian PM Says Sanctions Against Castro Family Mirrors US Policy Towards Entire Cuba
TEHRAN (FNA)- US sanctions against the Raul Castro family indicatively demonstrate Washington’s general attitude to Cuba, Russian Prime Minister Dmitry Medvedev said in a televised interview with Vesti on Saturday news program on Rossiya’1 channel.

"If that is the way they treat a leader of the country, the First Secretary of Cuba’s Communist Party, how do they treat the other people? So this is a general attitude of the United States towards that country and its people," the Russian prime minister told host Sergei Brilev, commenting on Washington’s personal sanctions imposed on Castro and his family.

According to Medvedev, Cuban society’s response has been appropriate.

"You understand what sentiment has been sparked in society in general, not just in Castro’s family," Medvedev added, pointing out that that would automatically lead to economic implications.

"The population suffers from that, especially if we speak about, for example, an embargo, a ban on supply of oil and petroleum products. Therefore, it cannot arouse affection towards the United States of America among Cuban citizens," Medvedev assumed.

The prime minister recalled that while visiting Cuba, he met with Castro and even talked with him about these personal sanctions.

"He feels very positive and was speaking with a smile about that. He says: ‘Those are some inexplicable, childish decisions’," Medvedev commented.

"He is a very wise and very elderly person. He will turn 90 soon. So he looks at it with absolute peace of mind," he added.
posted by ZUKUNASHI at 01:41| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。