千葉県の水害は続くだろう: ずくなしの冷や水

2019年11月17日

千葉県の水害は続くだろう

千葉県は丘陵と水田が入り組み、斜面林の多い美しい場所が多いです。丘があっても緑の少ない神奈川とは異なります。埼玉は西部に行かないと起伏が少ないです。

千葉では、近年ミニ開発が進み、斜面林の伐採が進んでいます。それに対して治水工事を行っているところはあまり見たことがありません。団地の中には一応貯留池ができてはいますが。

大雨が降れば雨水をさばききれないのは無理からぬこと。これからも水害やがけ崩れは起きるでしょう。

管理人の徘徊先で水害が起きています。緑の多いところに出かけていますから、今の開発先行下ではそういうところに被害が出ます。

※ せすゆる@3pSmh5I1g2fWaRh氏の2019/10/25のツイート
#市原市 #千葉市 の境の
#村田川 今までに見たことない水位
市原市 のホームページは繋がらないし、避難所開設場所分からねー
避難指示今年3回目なのに何してるの?怒り(ムカッ)

※ karisome boy@KarisomeB氏の2019/10/25のツイート 
村田川本当にヤバい。
先ずは避難してください。
祖父母に電話したら「今まで溢れた事は無いから大丈夫」「なにかあったら連絡するから」
そうやって言って皆いなくなっちゃうんです。
行動できる人は早めに行動を。
#村田川 #市原市 #避難
・・・名言

2019年の春に撮影しています。瀬又交差点近くの村田川。

市原市米沢 かなり内陸部です。

普段はこう。


佐倉市


佐倉ふるさと広場は風車のあるチューリップの名所


このお店は印旛沼に近いところにあり、店の前の駐車場に湛水しています。


茂原市 大網のほうまで湛水域が延びているように見えます。




千葉市緑区誉田町でがけ崩れが発生し3人の方が亡くなっています。管理人はこの地域によく徘徊に出かけていました。この地域は早い時期に建設された住宅が多く、出会うのはほとんどが年配の方でしたが、挨拶を交わすことがよくありました。亡くなった方のご冥福をお祈りします。

誉田駅の南側は数十年前に団地開発が行われています。駅に近い丘陵をテラス状に開発しています。団地の中の東西に通る道路は所により急傾斜です。事故現場は左端に近いところ。


次の画像の下の2軒が倒壊の被害を受けました。


東側の道路で現場を遠望しています。大きな木が見える辺りが現場。この辺は右側に見える家のように崖の擁壁の上に作られています。


ぱっかりと崖が崩れています。下の画像と比較すると、崖の上部一部だけしか映っていません。




地形断面図。台地の上と下の道路の間で20mの高低差があります。細長い建物の奥で高低差15mはあったでしょう。


台地の上のがけ崩れ現場の真上に伸びる道路。向こう側に傾斜になっています。側溝の水はどこへ?


このお宅は奥行きがあって大きいです。奥の崖が崩れて家を奥から押し出したんですね。台地の上のテレビアンテナのついた長い柱がほぼ丸ごと見えています。


家の奥の半分は形を保っていますが、前半分はどこに行ったのか消えています。


この道を進むと次のような道を経て瀬又の交差点で村田川を渡ります。


村田川も氾濫しています。

千葉県では、丘や崖下の開発が活発化しています。当局が建築確認を出したから安全なはずという推測は通用しません。

千葉市のモノレール終点、千城台でも道路の法面で土砂崩れが起きています。こんなところに住宅建築を許可するなんて。





そのような環境にある住宅にお住まいの方はどうぞご注意を。今回の事故を教訓としましょう。

今回の事故のあったお宅は、貸家だったのではないでしょうか。それゆえ犠牲者に女性が多い? 地方にお住いの親御さんは、子供が都会に出てアパート住まいをするときは、必ず下見をして危険な建物でないか確認しましょう。

千葉県民、千葉市民は、知識経験や行政の最高責任者としての責任の自覚が不足ではないかとみられる知事や市長を選んでいます。現在の行政の弛緩状態は、そういうトップが長らく行政を担当してきたことによるものです。つけはすべて県民、市民が被ります。これからも様々な災害による不幸があちこちで生ずるでしょう。

毎日新聞2019年11月2日 09時42分(最終更新 11月2日 09時42分)
台風余波、最大級メガソーラー「凍結を」 調整池の能力足りず
 10月の大雨や9月の台風15号などで千葉県鴨川市内の被害が大きかったことを受け、地元の市民団体や漁協の5団体は、市内の山林約146ヘクタールを切り開いて国内最大級のメガソーラーを設置する計画の凍結と見直しを県と市に求める方針を固めた。
posted by ZUKUNASHI at 23:46| Comment(0) | 社会・経済
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。