停電でモニタリングポストが停止? そんなの常識でしょう?: ずくなしの冷や水

2019年09月10日

停電でモニタリングポストが停止? そんなの常識でしょう?

NHK2019年9月9日 22時20分
放射線量の測定装置 データ送信できず 台風で停電 千葉
原子力規制庁によりますと、台風の停電の影響で午後4時現在、千葉県に設置している放射線量を測定する装置「モニタリングポスト」7基のうち1基で、観測データが送信できなくなっているということです。
このモニタリングポストは原子力規制庁が平常時の環境中の放射線量を観測するために設置したもので、原発事故の際に高精度な観測を行うモニタリングポストとは違い、停電で停止しても運用上の問題はないとしています。
原子力規制庁は原因を調べるとともに復旧を急いでいます。

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2019/9/10のツイート
原子力規制庁が言っていること理解できないな。異常を知りたいから設置してる。考え方がいまいち理解できない。放射性物質扱っているのは原発ばかりではない病院でも研究所や非破壊検査会社でも使っている。運搬している場合もある。事故起きたことは考えないのかな?

・・・引用終わり・・・

「原発事故の際に高精度な観測を行うモニタリングポスト」はどこにある?

原発事故があれば、「高精度な観測を行うモニタリングポスト」も含めて都合の悪いのは全部止まるんです。

ほら、1基だけじゃありませんよ。
posted by ZUKUNASHI at 18:57| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。