頭おかしくなっているのは女性だけではないはず どのくらいおかしくなったら余命何年とわかるんだろうか: ずくなしの冷や水

2019年09月08日

頭おかしくなっているのは女性だけではないはず どのくらいおかしくなったら余命何年とわかるんだろうか

2019年09月07日
女性に異変? 文章が理解ができなくなる奇病多発?

2019年09月07日
これってなんだろう???

松戸の医師の発見を待つまでもなく、明らかに人々はおかしくなっている。

管理人がリアルの世界で感じていたのは、偏見ではなかった。そしてそれは、埼玉、千葉、東京、神奈川と広い範囲で生じている。

これからどんどん進むだろう。内外から放射線で破壊され、電磁波で加熱されているんだからおかしくならないほうがおかしい。

松戸市がいわば "被ばく脳特別外来" の設置の意義を認めたということになる。

徘徊時に知らない人に話しかけるのは控えたほうが良いかもしれない。特に女性。管理人の経験からすると、女性はおかしくなるとトコトンおかしくなるように思う。家の中ではお山の大将。誰もたしなめる人はいない。亭主も飯さえ作られてあれば特におかしいとは感じない。

でも、子供が学校から持ち帰った書類が読めないとなると、これは問題ですよね。亭主に読んでもらう?

この「女性に異変」関係の記事は、アクセスが多いのですが、コメントが少ないです。なぜでしょう。いやー、そんなことにはなっていませんよ! との声も、ええ、確かにこんなにおかしくなっているとの声もありません。

おかしくなっている人は、それを絶対に認めようとしない。その辺の関係がありそうです。

「私、相当おかしくなっています。」などというコメントが来たら怖いですけど。そういうコメントにはご返事をしません。

考えてみれば、文章が読めない人は、このブログなど読みませんよね。それに文章が書けなくなっているはずだからコメントなどを書き込んでくる人はいない。

となると、今この記事を読んでいる人は? 時々読めない、書けないけど、常にそうだというわけではない人?

松戸市立総合医療センターの女性特別外来の新設は、もう予防の段階は過ぎたと松戸市当局自体が判断しているということです。もう
結果が出てくるだけ、松戸市としては、そういう身体症状の診断・治療に対する取り組みを強めたということかもしれません。

松戸市立総合医療センターの女性特別外来を受診した方はおられませんか? 文字が読めないという症状についてどんな治療を施しているのか、ご存じの方は教えてください。

もう一つ気になっていることがあります。中枢神経がやられて、例えば文字が読めなくなっているとした場合、その方が生き続けることができるのは何年くらいなのでしょう。

死因別死亡数・死亡率はパーキンソン病やアルツハイマー病では年月を追って上がっています。何年くらい介護を受けて何年後くらいに亡くなるものなのか。どなたかご存じありませんか?
posted by ZUKUNASHI at 21:32| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。