2019/9分人口動態: ずくなしの冷や水

2019年11月01日

2019/9分人口動態

2019/9分人口動態 小選挙区別指標の原データ
公表済 茨城県、静岡県、秋田県、群馬県、山梨県、栃木県

10/30 未公表 東京都 データはこちらになります
東京都の公表が次第に遅くなっています。

11/1の千葉県を最後に調査対象都県公表終わり。

2019/9時点での総合指数ワースト31小選挙区。小選挙区名は都市名で代表させた。 



静岡県富士市など静岡5区が表示されていない。


山形3区鶴岡市などは、出生数減が主因でワースト上位進出


鶴岡市、深谷市、上尾市
posted by ZUKUNASHI at 12:10| Comment(3) | 福島原発事故
この記事へのコメント
ずくなしさん、こんにちは。
北海道は海に囲まれ、海産物に恵まれています、
多くの方が海産物大好きです。
大昔。、流通がスムーズでは無かった時代があって
海鮮のお寿司を「生寿司」と呼び、
お寿司も大変喜ばれます。
その様な嗜好で、刺身が手軽に入手できるようになると
食卓に美味しいお魚が頻繁に上ります。

ずくなしさんが仰ってらした様に
「家族の1人が体調不良になると、同じ物を食している家族もそう遠くなく体調不良に」が
始まっていると感じます。

北海道も御多分に漏れずどこ産か気にする人は少数派です。
理解はあっても、ご自分は無制限、の人も少なくありません。

その上、なぜか北海道産の作物は本州に流れ
北関東産の野菜が店頭に並んでいたりしますし、
北海道産の牛乳を茨城工場でクリームチーズにする意味が理解できません(⌒-⌒; )
わざととしか思えない様な政策です。
Posted by julia214 at 2019年09月07日 10:20
こんにちは
ご指摘のような問題があるはずなのですが、それにしては人口動態が悪い、特に子供の数が少ないのです。
若い人が出て行ってしまっている?
これでは地域の活力がどんどん低下します。
もう外国人観光客に頼るしかない?
北海道の人、なーんにも考えていない?

Posted by ZUKUNASHI at 2019年09月07日 10:39
ずくなしさんの仰る事が全て当てはまるかもです。

仕事がないので子育て世代には厳しい。
インバウンドも減少気味です。
真面目な話、生き残るにはどうしたら良いのか?
頭を抱えてしまいます。

北海道から福島は遠い、
多くの人からしたら
もうすっかり過去の事なのでしょうね、
ずうっと続くのに…

そうそう
今年も富良野近郊の皆さんが
福島の子供たちの保養を企画実行しました。
私は今回初めて「ボランティア綿菓子屋さん」で参加しました。
子供達、目をキラキラさせて喜んでくれました。
やって良かったなと思っています。


Posted by julia214 at 2019年09月07日 20:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。