この先の横浜市が面白い: ずくなしの冷や水

2019年09月08日

この先の横浜市が面白い

※ 宮本徹@miyamototooru氏の2019/8/22のツイート
横浜市の林市長は、白紙としてきたカジノ誘致を表明しましたが、理由はこれこら人口が減り、財政悪化がすすむからとのこと。この理由でカジノ誘致が正当化されるなら日本中カジノだらけになる。負けた人から巻き上げた金を儲けとするカジノ企業からの税収を目当てにするなど、退廃のきわみです

・・・引用終わり・・・

横浜市は、「退廃の極み」になる。これは名言、管理人もそう思います。

この市長さんは、そういう歴史転換期を象徴する雰囲気を持っています。神奈川県選出の国会議員に受け入れろと指示されて、その通りに動いているだけでしょうけどね。


2019/8、横浜市出生死亡比率 大幅悪化 前年8月の0.93が0.82に低下






横浜の人たち、全然動じないんですね。人口が激減していくんです。子供がいない街はカジノや風俗でやっていくしかないんです。横浜市はよくわかっています。

子供が減る、病人が増える、要支援の子供大人が増える。
企業活動は低下する。

猟奇事件が起きて治安が悪化する。
ひょっとすると横浜はラスベガスになる。
風俗などの享楽産業も隆盛へ?

これまでの蓄積がありますから、目に見える顕著な変化が出てくるにはなお時間がかかるでしょうが、横浜の鎌倉化が進むと思います。

ほんとに横浜、神奈川は役者が揃っていますね。まだしゃぶれるところ、だまし取る余地が多いんでしょうね。これだけ群がっているんだから。

※ 猫パンチ@kens_s氏の2019/8/25のツイート
神奈川県民どうなりたいの??

神奈川2区 菅義偉
神奈川11区 小泉進次郎
神奈川 13区 甘利明
神奈川15区 河野太郎
神奈川16区 義家弘介
神奈川 三原じゅん子
横浜市 林文子

教科書 育鵬社

Yさんからの投稿、引用開始

横浜は滅んでいるはずなのですが、周囲の人は何事もなかったように
生活しています。
徐々に病気の人が増え、40代の知人も顔中のほくろが目立ってきて
言うに言えません。でもその知人もママ友と集まると皆病気の話ばかりと言っていました。

横浜でも汚染がある話を真面目に聞いてくれたんですが、家庭菜園で野菜を収穫して食べたと言っていたので全く通じていなかったようです。

チェルノブイリでは病に倒れる前に、社会が崩壊すると言ってた人がいましたが横浜を見ていると本当にうなずけます。

150万円取られてもいじめじゃないの教育長、保育園に汚染土を埋めて、白血病が出ても「遺伝的なもので因果関係があるとは言えない」という保育園担当部署、カジノ白紙といって当選したのに、推進に変わっても市民を裏切っていないという市長・・・

一事が万事です。
社会が崩壊しているのにそのことが話題にもならない。
崩壊していることに気づかないし、大変だとも思わない。
全く違う言語を話している人たちの中にポツンと生活しているようです。

横浜の行政は8000ベクレル再利用の市庁舎に移転して、更に急速に崩壊していくことでしょう。
市教委や行政がないほうが、子どもは生きながらえることができるのではないでしょうか?
ここで踏ん張って生き残りましょう!

・・・引用終わり・・・

ウクライナになるかラスベガスか。どうもウクライナ路線が可能性が強いですね。

何事もなかったように生活している人は、そっとしておいてあげましょう。もう、無理です。助けてやれません。将来の可能性が狭まっている人には、好きなようにさせてあげたらよいです。

自分の近い将来が見えていたら、取り乱すでしょう。そうなりたくない人は面倒でも被ばく回避してきた。そういうことですね。

2019/9/8に寄せられたコメントを掲載する。引用開始。

そうですね。
ウクライナ路線が濃厚な事は何度か周りにも話しました。反応はなし、思考停止。

一度思考停止が進むと最善なのは移住だという事が分かっていても、頭がもたつき、体は現実的な生活をこなす事に精一杯で、いつのまにか元のさやに収まります。何事もなく生活していけます。何らかの健康被害が起きるまでは。

防御しないコミュニティの住民はそれでバランスが保たれていて、何らかの不調は出ているけれどそれでも大きな波風は立たずに漠然と幸せなのです。もうそういう時期に来ています。私も周りにはほぼ何も告げずにその場を離れました。

ツイッターなどで防御のシュプレヒコールをまだ続けているひとたちを見ていると、失礼を承知で言いますが白けてきます。もう黙って遠くへ逃れたらいいじゃないですか。盛り上がっているうちは、この社会はまだ存続して行けるのでは?という風に見えてしまいます。断末魔の叫びで、生命力は最後の輝きを見せていますから。

・・・引用終わり・・・

地球人さんの指摘、特に下線部のところは私はよく理解できます。「被ばく症状最前線」の記事もおおむね出尽くした感じですし、防御を呼びかけてもあまり反応はなくなっています。どうしても移動できない人もおられるでしょうし、そういう方は自分なりに黙って防御を続ければよい。

もちろん、1・2号機排気塔の切断のような工事が始まって放射性物質が広範に飛散するような事態は、外をおちおち歩けないという大きな生活上の不便をもたらします。そういう新しいリスクが出てくる限りは、防御の呼びかけも必要なのでしょうけど。

posted by ZUKUNASHI at 20:25| Comment(2) | 福島原発事故
この記事へのコメント
そうですね。
ウクライナ路線が濃厚な事は何度か周りにも話しました。反応はなし、思考停止。
一度思考停止が進むと最善なのは移住だという事が分かっていても、頭がもたつき、体は現実的な生活をこなす事に精一杯で、いつのまにか元のさやに収まります。何事もなく生活していけます。何らかの健康被害が起きるまでは。
防御しないコミュニティの住民はそれでバランスが保たれていて、何らかの不調は出ているけれどそれでも大きな波風は立たずに漠然と幸せなのです。もうそういう時期に来ています。私も周りにはほぼ何も告げずにその場を離れました。
ツイッターなどで防御のシュプレヒコールをまだ続けているひとたちを見ていると、失礼を承知で言いますが白けてきます。もう黙って遠くへ逃れたらいいじゃないですか。盛り上がっているうちは、この社会はまだ存続して行けるのでは?という風に見えてしまいます。断末魔の叫びで、生命力は最後の輝きを見せていますから。
Posted by 地球人 at 2019年09月08日 11:25
断末魔の叫びで、最後の輝きを見せる、というのは現実の日本の姿なのかも
しれませんね。皆、周囲の人が健康を壊したり、癌などで命を失っても、原因追及を
一切しない風潮がありますよね。現実を知るのが怖いのかなと思います。
でも、それでは悲劇から逃げることはできない。
今更ですが、海外に家族ごと移住の準備がほぼ整いました。
東京オリンピックは、地獄に至る最後の光なのかもしれません。
Posted by 名古屋の読者 at 2019年09月09日 00:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。