女性に異変? 文章が理解ができなくなる奇病多発?: ずくなしの冷や水

2019年09月07日

女性に異変? 文章が理解ができなくなる奇病多発?

ツイッターやリアルの世界の女性に異変が生じているように感じます。

甲状腺の異常は女性に多いとされますが、被ばくで中枢に来るのも女性が多い?

@ 街中で杖を突く人に女性が多いです。
A 「今日の放射能」に取り上げましたが、オウム真理教問題で名の売れたジャーナリスト、子宮頸がんワクチンで活躍中のジャーナリストなど、私の基準からするともうおかしいと断定せざるを得ない。

※ 有本 香 Kaori Arimoto@arimoto_kaori氏の2019/8/20のツイート
観光を「裾野の広い産業」と位置づけ、多くのより良い雇用を創出しようと目論むなら、呼ぶべきお客様はLCCに乗ってくる人たちではありません。LCCで来る人たちにはそれなりのサービスで応じるのが筋。一般の国民全般に「暖かいサービスを」「交流大事」という勇ましい押し付けはやめていただきたい。 https://twitter.com/syunsuke_takei

この方の一連のツイートもなかなかのものですよね。もともと日本の女性はこんな考えだった? 「LCCで来る人たちにはそれなりのサービスで応じるのが筋」なんですね、「下流老人にはそれなりの態度で応じるのが筋」ということになりますね。

B リアルの世界でも、この人どうしたの?という例が何例も。
C 子供が生まれない女性も急増していることは確実。

妊娠困難と中枢神経の機能失調は関係がある?

私が知っている女性の多くはこのブログの読者ですから、被ばく回避に努めています(少なくともそのはずです)。

それでも心配な面が出てきているということは、被ばく回避が行き届かなかった福島第一原発事故後間もない時期の吸気、飲食による被ばくが原因です。

対策は追加被ばくを避けること以外にあまりありませんが、汗をかくことは排出促進に効果があることは確実。

私の友人は、食い意地が張っていて変なものを食べては皮膚症状を起こしたりしていますが、まだ何かの疾患で入院したりするに至っていません。建設現場で働いています。福島第一原発事故後、初期被ばくが原因となって胸一面に赤いブツブツができています。

被ばく症状を自覚するようになったら、これまでと同じ生活は無理なのです。そのことをわかっていますか?

管理人が、この暑い中でも徘徊で日中外を3時間も歩いたりしているのは、発汗で放射性物質の排出を促進するためです。

調子の悪いときは、もちろん静養も必要ですが、体調と相談しながら体を動かし、発汗を促すよう努めましょう。

別に特に温度が高いところに飛び出す必要はありません。汗がダラダラ出ればそれだけ効果があるようだと管理人は感じています。そこまでしなくても、じっくり汗をかき、肌着を替えたくなる程度の発汗でも十分です。それを繰り返す。

秋や初冬でも防寒対策をして歩けば、少し風があってもじっとりと汗ばむようにはできます。もちろんこういう時は、湿った肌着を早く替えることが必要です。さもないと風邪をひきます。

女性は、着替えが面倒なこと、用足しも不便だというハンディはあります。でも、今は頭からすっぽりかぶる不透明なポンチョのようなものを用意すれば、着替えは容易です。

できない口実を上げていませんか? 外出すると食事の用意ができない、ただでも疲れているのにウォーキングなんてと。

それに化粧なしで外に行きたくない、化粧が崩れた顔を人に見せたくない。・・・あなたは温泉に入るときもばっちり化粧しているんですか?

幼い子供がいるから? 外国では子供をバギーに乗せてジョギングする人もいてそのための車輪の大きなバギーもあります。

病気になった時でも、仕事を休まないのが自慢??

それなら仕方がありませんね。おかしくなっている人はそういう人たちなんですね。

なお、出産は最大のデトックスと言われますが、日本の女性は妊娠しなくなっています。それに被ばく影響が中枢神経にまで及んだ場合、出産によるデトックス効果は中枢神経障害には及ばないようだと管理人は考えています。

自分は大丈夫だろうと高をくくっている人のために書いておきます。

2011/3/15(火、好天)早朝東京都・神奈川県中央部、ほぼ終日関東一円
2011/3/16(水、好天)未明から早朝神奈川県ほぼ全域、千葉県千葉市など
2011/3/20(日、好天)昼前から深夜まで関東一円、特に内陸部
2011/3/21(月、祝日、雨天)鹿島灘から東葛、東京東部。

上の期日に上に書いた地域にいて特に屋外にいた方は相対的に強い吸気被ばくがあります。神奈川県にお住いの方について管理人はこの半年ほどとても怖い思いをしました。

JNN/TBS 2019年8月29日(木)12時39分
坂口杏里容疑者 「面倒みろ、介抱しろ」と繰り返し連絡
元タレントの坂口杏里容疑者が元交際相手の男性のマンションに侵入したとして逮捕された事件で、坂口容疑者は男性とのトラブルで手にけがをしたとして、「面倒をみろ、介抱しろ」などと繰り返し連絡していたことが新たにわかりました。
 元タレントの坂口杏里、本名・野沢瑞恵容疑者(28)は、東京・中野区にある元交際相手の男性(30代)の自宅マンション内に侵入したとして、28日に逮捕されました。その後の捜査関係者への取材で、坂口容疑者は今年2月に男性とのトラブルがきっかけで手にけがをしたとして、その後、「面倒をみろ。介抱しろ」などと男性に繰り返し連絡していたことが新たにわかりました。
 5月には男性の相談を受けた警視庁から電話で複数回、注意を受け、「もう連絡しない」と話していたということで、警視庁は詳しい経緯を調べています。(29日11:16) JNN/TBS

※ 内海 聡@touyoui氏の2019/8/17のツイート
ホルモン性疾患の対応
 子宮内膜症や月経困難、副腎疲労や橋本病、甲状腺機能亢進症や甲状腺癌など、ホルモンにまつわる病気は数多くあります。
その多くでホルモン剤が使われたりしていますが、このホルモン剤は決して使ってはいけないクスリの代表格です。... https://facebook.com/satoru.utsumi/

大事なことを書くのを忘れていました。中枢神経の障害を引き起こす主因は、管理人はウランとその子孫核種だろうと考えています。ウランの半減期はとてつもなく長いのです。ですから農産物の中の放射性セシウムが減っても、これらは同じようには減りません。

今でも日々食する農産物などの中に入っているのです。それを食べ続けているわけですから、すでに症状の出ている人が何も対策を講じなければ、症状はさらに悪化するでしょう。

食料品の南半球産のもののウエイトを高めるべき、ということは前から書いてきました。

・・・・・・

阿修羅掲示板にビックリ情報がありました。
千葉・松戸周辺で文章が理解ができなくなる奇病多発? チェルノブイリでも同様の被害が報告されている 
投稿者 魑魅魍魎男 日時 2019 年 8 月 30 日 02:20:17:

https://twitter.com/jumpilikeyou/status/1166669784626262017
(JUMPILIKEYOU)
松戸周辺で、主に女性が罹患する奇病が見つかり、ひらがなを見ても
文字化けして見え文章の理解ができなくなるなどの症状があり、
その患者たちは前頭葉の血管に萎縮が見られるという共通項がある。
発見した女医さんを密着する番組が27日放送。
#プロフェッショナル仕事の流儀
https://latennokaze.com/archives/2203
4:12 - 2019年8月28日

やっぱり異常は起きているんですね。上の阿修羅の記事のコメントが参考になります。
posted by ZUKUNASHI at 00:20| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。