香港の暴動は米国が世界でやっている悪行を認識する良いチャンスです 何が真実かこの際、見つめて理解しましょう: ずくなしの冷や水

2019年08月30日

香港の暴動は米国が世界でやっている悪行を認識する良いチャンスです 何が真実かこの際、見つめて理解しましょう

香港の暴動の背景が一層はっきりしてきました。米国議員が自分らの意に沿わない結果となったら重大な帰結が待っていると脅しています。ロン・ポールは、The United States has a habit of involving itself in political unrest all over the world,と述べています。

イラクで、シリアで、リビアで、イエメンで米国は何をしていますか?

単に、反政府だから抵抗者の側に理があるなどということはありません。ISISのテロリストは反シリア政府ですが、同じように「加油」と声をかけますか?

自分はリベラルだからと安易に香港の暴徒を応援することは、米国の宣伝に乗って米国の内政干渉以上の侵略行為に加担していることになるのです。

米国のそういうカラー革命といわれるレジム・チェンジ作戦で中東でこれまで何十万人、何百万人の人が亡くなったか知っていますか?

歴史を、世界情勢を知らない日本人、あなたはリベラルでも何でもない。単なる米国の宣伝に乗せられたバカです。

ツイッターをやっている人は、自分のフォローしている人が香港の暴動問題についてどんな発信をしているか、確認されたほうが良いです。多くの人が全然わかっていない状況です。それはやむを得ない面もありますが、その程度の発信者としてうのみにしないよう注意が必要です。

次の記事は、アイルランドの女性フリーライター、ダニエル・ライアンによるものです。アイルランドの人口500万人。東京だけでも倍以上人口があります。それに地理的に近い。なんで日本の女性はころっと騙されている? 私がいろいろな論考を知らないだけですか? 道を行く女性の頭の中、どの人も真っ白なのかなぁ? と心配でなりません。

RT2019/8/28
CNN openly backing Hong Kong protesters? Outlet publishes handy ‘what to wear’ guide for activists

Violent demonstrations in Hong Kong have entered their 12th week, but for any would-be protesters who have not yet taken to the streets, CNN recently published a handy how-to guide.


The CNN guide instructs budding protesters on exactly “what to wear” if they want to stay safe, just like the “seasoned pros” who have been pounding the pavements for weeks already.

The provocative protesters’ manual is a clear indication that Western media is not merely providing informative news coverage of the anti-China protests, but actively backing and supporting a violent uprising abroad.

CNN’s list of must-have protest gear includes goggles (“obscures identity from surveillance cameras”), black T-shirts (“makes it harder for authorities to identify an individual”), gas masks (also “obscures identity”) and gloves (to protect hands when “creating barriers against police”).

Yet, by now it has become clear that while Hong Kong protesters may indeed have legitimate grievances against Beijing, they are not quite as saintly as Western media likes to portray them. Videos have emerged of brutal attacks on police by large mobs wielding bats, clubs, metal rods, as well as throwing bricks, petrol bombs and Molotov cocktails.

Why, then, is CNN so interested in helping protesters to obscure their identities?

In contrast to the coverage of Hong Kong, Western media showed far less interest – and certainly published no how-to guides – for France’s anti-government ‘Yellow Vest’ protests, which are still ongoing after 41 weeks.

As the French protests dragged on, many Western news outlets (from Reuters to CNN, NBC to BBC) began referring to Yellow Vest demonstrators as “rioters” instead of “protesters” – and while police in Paris were broadly portrayed as trying to restore public order, Hong Kong police have been depicted only as the brutal barrier between oppression and freedom.

New York Times columnist Nicholas Kristof even managed to whitewash British colonial rule of Hong Kong in his recent breathless coverage of the anti-Beijing protests. British oppressors were better, he implied, because back then, he could cover the region wearing "a jacket and tie" − no gas mask needed.

There is a simple reason for the discrepancies in Western coverage of various foreign protests, however.

A 2017 memo leaked to Politico explains the phenomenon clearly. The US, the document says, should “emphasize” human rights in adversary countries (Russia, China, Iran, North Korea), but give friendly governments (like Saudi Arabia, Egypt and the Philippines) a pass, regardless of how repressive their policies are. Human rights, in other words, should only be a concern if it advances US global strategic interests.

This goes some way toward explaining why we see Hong Kong activists meeting with US State Department officials to conveniently discuss “human rights” as the Trump administration wages a trade and tech war against Beijing.

The 2017 memo was striking in its candor, confirming that Washington should“use human rights as a weapon to beat up our adversaries while letting ourselves and our allies off the hook,” according to one former official who explained its contents to Politico.

It appears that US media, including CNN, is following the diplomatic agency’s lead – and has been for some time.

Western coverage of Hong Kong is reminiscent of its coverage of the 2014 Euromaidan protests in Ukraine, where Washington supported a violent coup – and anti-government protests in Venezuela, where the Trump administration has also openly supported military coup plotters. In Syria, Al Qaeda-aligned jihadists morphed into “moderate rebels” in mainstream Western coverage.

All the while, anti-government protesters in countries allied to the United States are ignored, actively smeared as troublemakers by the media, eyed with suspicion and sometimes even maligned as working at the behest of foreign adversaries like Russia to “sow discord” or “divide” people.

CNN’s ‘how-to’ guide for Hong Kong’s protesters proves once again that Washington can sow whatever kind of violent discord it deems necessary abroad to advance its foreign policy agenda – and the media will be more than willing to lend a hand.

※ mko@trappedsoldier氏の2019/8/17のツイート
れいわも田中龍作も大袈裟もみな、アメリカのカラー革命支持。香港を分割し占領しようとしているのに、何が「民主主義、自由」だ! おまけに、日本会議、幸福の科学・実現党など極右カルトも香港デモクラシー支持。考えることを放棄したリベラル? よくあんな連中と唱和できるわ

※ @h-yamachan@yamavhan氏の2019/8/17のツイート
香港の「星条旗を掲げ」「トランプに解放を要請する」このことに、香港の「市民運動」の本質が見える。
こんな運動に日本の市民運動家が同情したり、支援したら、それこそアメリカのネオコン・CIA・NEDの敵対国転覆運動の手先になってしまう。

※ 共同2019/8/19 08:37 (JST)
武力介入なら米中協議取引できずと米大統領
 【ワシントン共同】トランプ米大統領は18日、香港の「逃亡犯条例」改正案を巡るデモに関し、1989年の天安門事件のように中国当局が武力介入すれば、米中貿易協議での取引も難しくなると述べ、中国の動きをけん制した。

※ mko@trappedsoldier氏の2019/8/19のツイート
騙される人がまた1人
引用ツイート
 菱山南帆子@nahokohishiyama ・ 8月19日
170万?!
すごいーー!
香港抗議集会、主催者発表で170万人が参加 https://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_ne


※ mko@trappedsoldier氏の2019/8/19のツイート
「これは仕事。自分を雇ったボスがいる」と、英植民地旗を振る男性がしゃべっちまった
引用ツイート
Jon Chan@sumtingwong2019 ・ 8月19日
“我在工作,你自己買一支吧,我真的在工作,我背後有老闆看著”

※ mko@trappedsoldier氏の2019/8/20のツイート
中国側のこの情報戦の反撃を怖れ、CIAがツイッターとフェースブックに命じて中国系アカウントを凍結している? 香港の民主化運動も、台湾独立運動も、北朝鮮の体制変革もシリアのアルカイダもみんな同じ輪! これは香港にとどまらない世界的スキャンダル!

※ 武侠天下@中華エンタメ情報 Enjoy China@wuxianob氏の午後9:37 ・ 2019年8月20日のツイート
香港民陣派の背後関係がどんどん繋がってきたなぁ。ま、一般市民による抗議デモでないことぐらい、今までの統率された行動力と資金力を見れば一目瞭然。一般香港市民による自由人権ガーとか言ってたら、自分の無知を晒す事になるので気を付けないと。

※ mko@trappedsoldier氏の午後9:07 ・ 2019年8月20日のツイート
香港の若者に街頭行動を講義していたオスロ・フリーダム・フォーラム。BBCが伝えたその先があった。オスロのフォーラムで話したのは、ラエド・アルサレー。どこかで見たと思ったらホワイトヘルメットの責任者! 香港のデモクラシーとアルカイダがつながった! ツイッターが検閲して隠そうとする筈だ

Dさんの2019/8/29の投稿
お早うございます。 何やらこの「凶暴な暴徒」集団を「民主化」などとほざいている輩がいるみたいですね! この様な事を、恥ずかしげもなく言う輩は、「2011年3月にレベル7以上の原発事故」を起こしておいて、未だに放射能を空中・地中・海中にタダ漏れ状態の「原子力非常事態」も解除されていないのに、東大名誉教授の早野氏と大阪大学院教授の菊池氏と立命館大学助教授の開沼氏の「エートス団子3兄弟」のいいなりになっている連中と、全く同じ思考の生物だ(ワラ)


次の記事をみゆうさんが訳してくれました。ありがとうございます。

FARSNEWS(イラン)2019/8/15
米下院外交問題小委員会、もしも中国が香港で暴力を使ったら「迅速な結果を招くことになる」と脅す

テヘラン(FNA)−香港の「平和的な抗議者」に対するいかなる暴力も中国にとっては「誤り」であり、「迅速な」反応を引き起こすことになる―。米外交問題小委員会はこのように警告し、あくまで政情不安への責任は中国政府にあると強調した。

米国の下院外交問題小委員会(議長:エリオット・エンゲル(D-NY)とマイケル・マックコール(R-TX))の有力メンバーが水曜日に声明を発表した。声明は、「6月4日事件」とも呼ばれる、1989年に天安門広場で流血の惨事となった抗議行動を引き合いに出した警告となっている。RTが報じた。

「我々は中国政府に対し、同様の過ちを避けるよう切望する。(もし過ちが繰り返されるなら)それは国際的な糾弾と、迅速な結果をもたらすことになるだろう」と議員たちは述べた。

この声明は、中国政府の政策が問題の「根源」であると非難することで、「この件の背後には、問題を煽るようないかなる外国勢力も存在しない」と(暗に)主張している。そして、先週、香港の抗議派リーダーたちとアメリカ領事館の役人であるジュリー・イーディーが会合していたことを無視している。彼女は、「単純に仕事で」彼らに会っていた、とされている。

イーディーと抗議者たちが、訪問の間に何を話し合っていたかは明らかになっていない。しかし、アメリカ人外交官が調整役をしているのだ。これまでに世界中で起こった「カラー革命」の背後にアメリカがいることを想起すれば、香港の政情不安における米国政府の役割について、疑問が沸き起こってこようというものだ。

ドナルド・トランプ大統領は火曜日、米国諜報機関を引用して、中国政府は軍を香港との境に集結させている、とツイートした。しかし、中国軍の動きはその前日、香港を統治している中国共産党系列のメディアですでに報道され、軍の演習に伴うものであると説明されていた。

高まりを見せる粗暴な声明に対し、中国外務省は水曜日、アメリカは「我々の問題に首を突っ込む」べきではない、と主張。香港は中国領土の一部であり、「アメリカ」でも「イギリス」でもない、と強調した。

FARSNEWS2019/8/15
US House Foreign Affairs Panel Threatens ‘Swift Consequences’ If China Uses Violence in Hong Kong
TEHRAN (FNA)- Any violence used against “peaceful protesters” in Hong Kong would be a “mistake” for China and will trigger a “swift” response, a congressional foreign affairs panel has warned, insisting Beijing is responsible for the unrest.

The ranking members of the House Foreign Affairs Committee – Chairman Eliot Engel (D-NY) and Michael McCaul (R-TX) – issued the warning in a statement on Wednesday, drawing parallels with 1989 protests in Tiananmen Square that ended in bloodshed, also known as the ‘June Fourth Incident’, RT reported.

“We urge China to avoid making such a mistake, which would be met with universal condemnation and swift consequences,” the lawmakers stated.

The statement also made the case that “No foreign powers are fomenting this dissent”, arguing Beijing’s policies are the “root” of the problem, and dismissed last week’s meeting between Hong Kong’s protest leaders and US consulate official Julie Eadeh, who was “simply doing [her] job”.

While it is not clear what Eadeh and the protest figures discussed during the visit, the coordination with an American diplomat – reminiscent of previous US-backed “color revolutions” around the world – has raised questions about Washington’s role in Hong Kong’s unrest.

President Donald Trump warned in a tweet on Tuesday that Beijing was amassing forces along the border with Hong Kong, citing US intelligence, however the troop’s movements were reported a day prior by the ruling Chinese Communist Party’s own media outlet, which characterized them as part of a military exercise.

Responding to increasingly harsh statements, the Chinese foreign ministry on Wednesday announced the United States should not “stick their noses in our affairs”, and insisted that Hong Kong is a Chinese territory, not “American” or “English”.




時事通信社8月30日(金)13時11分
「雨傘運動」指導者2人を逮捕=香港警察、デモ関連で
 【香港時事】香港民主派による2014年の大規模デモ「雨傘運動」の元学生団体リーダー、黄之鋒氏(22)と民主派女性幹部の周庭氏(22)が30日、警察に逮捕された。両氏の所属する民主派団体「香港衆志」が明らかにした。逃亡犯条例改正に絡む抗議活動で、デモ隊による警察本部包囲を扇動した疑いが持たれている。
 香港では、逃亡犯条例改正の動きに端を発した大規模な反政府抗議活動が続いており、両氏はデモに参加したり海外に香港の現状を発信したりといった形で抗議運動を支持。周氏は6月に来日し、条例改正の危険性を訴えていた。
 両氏の逮捕容疑は、6月21日にデモ隊が香港島の警察本部を包囲した際、当局が許可していない集会を扇動したなどの疑い。
 黄氏をめぐっては、中国系香港紙が今月上旬、米総領事館員と接触している写真を掲載。中国側の反発を招いていた。黄氏は5月に法廷侮辱罪で実刑判決を受け、6月に出所したばかり。
 香港では今週末もデモが行われる見通しで、週明けには大規模なストライキが予告されている。民主活動家の逮捕は、デモ隊のさらなる先鋭化を招く可能性がある。
posted by ZUKUNASHI at 16:17| Comment(13) | 国際・政治
この記事へのコメント
判断材料になる情報を、どこからどのように得るかで、結論がまったく違ってしまうすごい社会になってしまいましたね…。
Posted by みゆう at 2019年08月17日 22:44
ええ、おっしゃる通りです。昔と違うのは、私たちは今は世界の各地から発信される一次情報を入手できるということです。
考えてみれば、これが「情報化社会」の真の意味なんだと思います。
欧州では、ほとんどの国の人が英語を使いますので、こういう「情報化」社会の意味を認識しており、フェイクニュースの見分け方などに関する学問的な研究も活発です。
日本では、外国語の大学でも「カラー革命」などが研究テーマになっていて、日本で学ぶ学生はまたくその面に関しては無知のまま社会に出ていくという恐ろしい状況です。
いつもありがとうございます。
Posted by ZUKUNASHI at 2019年08月17日 23:00
言葉の問題があるのももちろんですが、「外圧」がないと自ら変わることのできない日本人、心情としても、「内政不干渉の原則」という基本的な国際ルールが理解しにくいのではないかという気がします。
Posted by みゆう at 2019年08月17日 23:25
うーん・・・。耳が痛いです。
日本は米国から完全に干渉、支配されていますからね。
奴隷根性の中で育ってきている・・・。

シリアにSyrian Girl @Partisangirlという方がいます。

日本でも地政学研究家の女性がいてもいいですけどね、日本の女性はそういうのは苦手なのかな。でも、女性に限らず若い方には、いろいろ活躍の余地はありますね。
Posted by ZUKUNASHI at 2019年08月17日 23:47
みゆうさん、いつもどうもありがとうございます。
不登校児のなれの果てで、
日本語も怪しいうえ、
英語はcoffeeくらいしか読み書きできないゆえ、
大変助かっています。
一度お礼を書きこみたかった…遅くなりましたが、感謝!!!
Posted by モトコ at 2019年08月19日 10:39
モトコさん こんにちは
日本語があやしい? いえいえ、それにしては老人の扱いが天下一品。
若い女性にもいろいろな分野で天下一品の人が輩出してほしいですね。
Posted by ZUKUNASHI at 2019年08月19日 11:05
日本にいる日本人女性は、現在一般的には、AKBのように存在することを好まれるみたいなので〜(笑)
大学の状況を見ても、優秀な研究者(特に女性)が正当に評価されているかどうか…心配です。
在野で、あるいは海外で、次の時代が来る準備をしている人たちがいると信じたいです。
お教えいただいたTwitterアカウント、フォローしてみます。ありがとうございます。

モトコさま
拙い訳でも、お役に立てていれば嬉しいです😊。
Posted by みゆう at 2019年08月19日 22:06
若い方にはもう国内だけで活躍の場を考える時代は終わったと私は思います。多くの人に内外を問わず、どこででも活躍してほしいです。
Posted by ずくなし at 2019年08月19日 22:45
はい、本当にあっという間に、そんな日本になってしまいました。
「内需」がしっかりしているところ、民間一般レベルの教養の高さが、日本の素晴らしいところだと思っていたのですが…数千年の良き伝統が失われつつある歴史を目の当たりにして、複雑な気分ですが、それが現実ですよね…。
前を向いてがんばります(^-^)。
Posted by みゆう at 2019年08月20日 07:00
香港の暴動は、中国人民解放軍の突入により鎮圧される見通しです。

中国本土で暴れまわった詐欺師どもが香港に隠れているので、それらを捕まえて中国本土に連れ帰って尋問するのだそうです。

それが嫌だと言って、暴動を演出しているのだそうです。

1週間程度で、沢山の死傷者を出して香港は中国本土に接収されるでしょう。この第2にの天安門事件の結果、中国の民主化が実現することになるでしょう。

ああ、やな話だ。遅れた国は嫌いだ。
Posted by 希ノ醍 輝平左ヱ門 at 2019年08月20日 15:04
そういう展開になる可能性もありますが、さてどうでしょう。
Posted by ZUKUNASHI at 2019年08月20日 15:13
いま、世界中で起きていることを、俯瞰的に解説してくださっているサイトを教えていただいたのでシェアします。

■百々峰だより http://tacktaka.blog.fc2.com/

○香港「オキュパイ・セントラル」、別名「雨傘運動」を考える(上)2014/10/16
 http://tacktaka.blog.fc2.com/blog-entry-200.html

○香港「逃亡犯条例」反対デモにおけるアメリカの役割、中国への「不安定化工作」 2019/07/11
 http://tacktaka.blog.fc2.com/blog-entry-347.html

多くのことが「繋がって」いることを、丁寧に解説してくださっています。
他のブログ記事も、非常に読み応えがあります。
Posted by みゆう at 2019年08月31日 13:17
みゆう様
有益なサイトを教えて頂き、ありがとうございます。
全てが繋がっていることが実に良くわかりますね。

      他の記事もじっくり読んでいきます。
  
    


Posted by 海猫 at 2019年09月01日 14:10
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。