福島第一原発は津波が来る前に壊れていた: ずくなしの冷や水

2019年08月14日

福島第一原発は津波が来る前に壊れていた

福島第一原発が津波が来る前に壊れていたのは、管理人にとっては疑いのない事実です。こういう発言・証言が増えることは良いこと。

文春オンライン
文藝春秋 2019年9月号
「福島第一原発は津波が来る前に壊れていた」元東電社員“炉心専門家”が決意の実名告発

元東電社員が突き止めた本当の事故原因

 要するに、「津波で電源を喪失し、冷却機能を失ってメルトダウンが起こり、重大事故が発生した」ということだ。

 この点に関して、津波の規模が「予見可能だったか、想定外だったか」という議論がなされてきた。しかし双方とも「津波が事故原因」という点では一致し、多くの国民もそう理解している。

 ところが、「津波が原因」ではなかったのだ。

 福島第一原発は、津波の襲来前に、地震動で壊れたのであって、事故原因は「津波」ではなく「地震」だった――“執念”とも言える莫大な労力を費やして、そのことを明らかにしたのは、元東電「炉心専門家」の木村俊雄氏(55)だ。

・・・引用終わり・・・

この証言も無視される可能性が高いです。

※ 桑ちゃん@namiekuwabara氏の2019/8/14のツイート
世界基準を変えるという以前に安全対策で経費かさみ東芝や英国等赤字撤退してる。日本の原発は安全でない証拠。システムも検証しましたが、欠陥商品です。消防自動車で冷却システム、情けない限りのシステムを恥ずかしげもなく公表する霞が関。法学部ばかりで工学部の人間が少ないかよく理解できる。

2018年06月14日
福島第一原発事故の原因は「地震」です 津波は原因の中の一つでしかない 津波がなくても原発はメルトダウンを起こす

2018年05月21日
福島第一原発2号機地震から1時間で全電源喪失認識

2016年03月22日
F1のメルトスルーした原子炉への注水継続はどんな意味があるのか

2015年09月12日
変電所が地震で損傷して原発が外部電源を失うことがある

2015年09月12日
福島第一原発事故は鉄塔倒壊で外部電源を喪失したのか
posted by ZUKUNASHI at 10:10| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。