とにかく自分の家族がどうやって生き延びるか最優先に考えよう: ずくなしの冷や水

2019年08月15日

とにかく自分の家族がどうやって生き延びるか最優先に考えよう

内外のニュース、国内の政治家やネットの反応を見ていると、もう日本は良くならないという気がします。年配者にこれだけネットウヨが多い状況で自民党政権を引きずり降ろそうなどという機運が高まるはずがありません。

被ばく影響による出生数の急減、疾病発症者の増加。

ネットウヨの記事を整理していて、彼らの信念や思考はもう変わらないんだろうと思わされました。ネットウヨは、年配者に多い。

ネットウヨが被ばく回避をしているとは思えませんから、福島第一原発事故による健康被害は少なかったと考えるべきなのか、彼らの動き方、社会参加の仕方が被ばく影響によるものに他ならないのか、これからわかってくるでしょう。(出生数の急減が続いてる状況から飲食物経由の被ばく回避に手を抜くことはできないのは言うまでもありません。何年も経ってから影響が出るのです。)

とにかく、福島第一原発事故の汚染地帯からは早く脱出すべきです。

放射性物質による一次的被害だけにとどまらず、人々が、社会がおかしくなっていることによる二次被害がこれから強まるでしょう。

日本の研究者の中に頭がおかしいのではと思われる人が増えています。

では、脱出を急ぐべきなのはどこか。

それは小選挙区人口動態の指数悪化地域です。被ばく影響が大きく、その人口、健康に対する影響が大きくなっている地域だからです。

神奈川第13区、14区、16区がその例です。殺人事件、猟奇事件が相対的に多いように感じます。千葉県は、県北の遺体発見事件多発、公務員の犯罪が継続、茨城県はまだ目につく情報は少ないですが。

教師、生徒によるいじめ事件が増えるでしょう。若い女性の中には「普通に子供が産めない」人が増えます。多くの若い女性が精神的に動揺をきたすと思います。おかしくなる人も。年寄りはゾンビに近い人も増えるでしょう。

発達障害などのある子どもを擁する家庭、生計が困難になる家庭も増えることは確実です。
(管理人は、福祉給付の水準の高い都市への発達障害を持つお子さんのおられる家庭の流入が始まっていると聞いています)

人口が減れば地域の経済活動水準はその分下がります。

公的なセーフティ・ネットは穴が開いています。人々がその穴から落ちていく、そんな状況を目の当たりにすることが多くなるでしょう。

※ 山井和則@yamanoikazunori氏の2019/8/13のツイート
『介護保険と高齢者医療の自己負担の2割への引き上げ。認知症などの要介護1、2の高齢者の介護サービスのカット、年金カットの法改正を政府が検討』(今朝の読売新聞)。参議院選挙が終わったらすぐに、社会保障カットの議論がスタート。高齢者より中年世代を直撃。介護離職、家庭崩壊が急増します。

※ 鮫島浩@SamejimaH氏の2019/8/11のツイート
この国の警察は頭から尾まで腐ってしまった。市民の味方どころか権力の手先だ。恐ろしい。警察に職務質問されたらまずはスマホでこっそり録音しよう。酷いことをされたら堂々とカメラを向けよう。そしてただちに拡散だ。残念だがもう市民の脅威と思うしかない。警察から身を守るためには録音録画だ。

※ 読者から
namiekuwabara 氏の痛快なツイートです!

こんなに不真面目な方々ばかり揃えていいの?
そんな改ざんして面白い?
そんなに人を不幸にさせて面白い?
そんなに遊んでばかり明け暮れてて面白い?
そんなに劇毒物ばら撒いて面白い?
そんなにテレビばかり見てて面白い?
そんなに敵国作って面白い?
そんなに不正ばかりしてて面白い?

激しく同意しますd=(^o^)=b

※ 毎日新聞2019年8月14日 19時41分(最終更新 8月14日 21時20分)
「サリンとガソリンをまき散らす」など脅迫メール770通、愛知県が被害届提出 「表現の不自由展」巡り
国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が抗議の電話やメールなどが相次ぎ中止となった問題で、愛知県は14日、芸術祭実行委員会などに届いた「県庁等にサリンとガソリンをまき散らす」などと書かれた脅迫メール770通について、県警東署に被害届を提出し、受理された。
posted by ZUKUNASHI at 09:24| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。