子供ができないのは女の幸せへの道?: ずくなしの冷や水

2019年08月09日

子供ができないのは女の幸せへの道?

2019年08月05日
10年後 女のステータスシンボルはブランドバッグでなく子供になる?

子供のいないご夫婦は今でもたくさんおられます。それが少し増えても社会的に何も変わらない。そうなのかもしれません。

35歳以上の夫婦では約1割に子供がいません。

第15回出生動向基本調査(結婚と出産に関する全国調査)
付属資料:クロス集計主要結果表(夫婦調査)から作成


すでに未婚率は上がっています。最新時点での女性の50歳時点での未婚率は16%程度のようです。これに加えて既婚者84%の1割に子供がいませんから、子供のいない女性は24%強。今でも4人に一人です。

このグラフと末尾の参考図は、婚姻率の推移 - 内閣府から


前の記事に、2019/5から10年後、「出生率が300人に落ちれば、100人のうち28人が子供のいない女性、出生率が250人に落ちれば10人のうち4人が子供のいない女性になります。」と書きましたが、すでにそれに近い数字になっています。

これは、子供を産む集団を20〜40歳女性人口と狭くとらえたことによるものです。これを20〜45歳女性人口に広げます。

再度神奈川の例で考えます。神奈川は出生率が382人ですから毎月382人生まれて1年で4,580人、10年で45,800人、25年で114,600人です。女性10万人当たりですからそのパートナーの男性が一応同数いるとして20万人の男女から114,600人の子供が生まれます。もちろんパートナーがいない方もおられます。そういう方は子供を産まないのが普通でしょう。個人的には産んでも一向にかまわないと思いますが。

もちろん生まれる子供の数は毎月、あるいは毎年均等ではなく、女性が20代の半ばから30代の前半くらいに生まれる子供の数が多くなるということはありますが、25年間でみればこのくらいの数字です。

ここ10年ほど出生率は低下しています。神奈川県の2015/5前12か月の20〜45歳女性人口10万人当たりの出生率は、49人も多かったのです。

4年前ですから1年で約12人減っています。単純に計算して2019/5前12か月平均の出生率は、10年後には120人減る計算になります。

20〜45歳女性人口10万人当たりの出生率が120人減り、262人になります。25年間では、78,600人です。

つまり、2029年5月に20歳の女性の集団10万人を取り上げてみると、その先25年間で生むであろう子供の数は、78,600人となります。

上で子供のいない女性は最近時点でも24%強というデータを見ましたが、現在の出生率で計算して25年で生まれる子供は114,600人です。そして子供の数別の母親の数は、2人の子供を持つ母親の数が抜きんでいるのです。

子供の数別母親数の割合、全体を100と置いた。
総数   1人   2人   3人   4人   5人以上  なし  不詳
100     25   44   15   2   0    13    1



子供というのは、生まれる人には次々と生まれるけれど、生まれない人はなかなか生まれないものなんですね。

ですから、未婚率が少し上がっても、結婚する人はそれなりに多いにもかかわらず、20〜45歳女性10万人当たりの子供は78,600人程度。未婚率が20%に上がったと仮定しましょう。結婚する人8万人に子供78,600人なのです。しかも二人生む人が多ければ生まれない人が多くならなければつじつまが合いません。

かくして、10年後の20歳女性10万人についてみると、子供のいない人は100人のうち28人程度になることはほぼ確実、出生率が250人に落ちれば10人のうち4人が子供のいない女性になります、というのも決して現実性のない数字ではありません。

参考図




そして、その結果社会にどんな変化が生まれるでしょうか。

管理人は、享楽的な社会が出現するのではないかと思うのです。子供もいないから手間もかからない、気を使うこともない。やることもないから遊びで時間をつぶす。

違いますかね。いや別に子供のいない方が享楽的な生活を送っているとは思いませんが、でも子供が独立した後の元専業主婦らの生活を見ているとそんな感じがすることもありますよね。もちろん、金があればですけど。

ここがこの記事のポイントなのです。
享楽的な生活を送るにはカネがかかります。結婚して子供が生まれないとなり、夫婦で享楽的な生活を送ろうとすると、それに必要な資金を稼げる男性配偶者だけではありません。妻にも享楽資金の獲得を求めることになりましょう。

その時、どうします? それなりの稼ぎを確保できる職業能力はありますか?
もし、それがなければ離婚につながることもあるでしょう。専業主婦の夢があっという間に潰えるのです。日本の若い女性の行動や仕事ぶりについては、私の同年配の男性と話すと、疑問が呈されることが多いです。

私自身、若い女性の接客などを見ていて、プロ意識、あるいはプロの技術、知識の欠如を感じることが良くあります。

離婚して一人で生きていかなければならなくなったとき、大丈夫ですかね。

・・・・・・

2019/8/7のニュースを見て、とても驚きました。

まず、”性交渉を持ち、相手が妊娠して、胎児が安定、異常なしと判明してから結婚を決める ” これが日本の新しい配偶者の見つけ方、決め方になりそうです。被ばくによる鼻出血を強く否定していた政治家ですら、そのくらい慎重になっていると受け止めたのですが、いかがでしょう。

※ ドラえもん@jaikoman氏の2019/8/8のツイート
これ以上ない派手な報告をしながら静かに見守って欲しいとか、一般人を官邸に入れるとか、父親への報告が安倍晋三と菅義偉の後とか、
やっぱり国の私物化があたりまえの感覚の持ち主でないとできない支離滅裂な言動だよね。プリンスとちやほやされて何か勘違いしてるんじゃないのか。

※ ブーメラン@a0720072040氏の2019/8/8のツイート
日本人って、なんでこんなに無能世襲政治家に優しいんだ。
その嫁なんてどうでもいいだろ。
政治に世襲があるわけないじゃん。
国の資産を引き継ぐ権利がある訳じゃないだろ。
こいつらほんと頭おかしいょ。
posted by ZUKUNASHI at 10:00| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。