パイロットが一時的な意識喪失 20年前の劣化ウラン弾と関連はないだろうが 少し気になるところ: ずくなしの冷や水

2019年07月11日

パイロットが一時的な意識喪失 20年前の劣化ウラン弾と関連はないだろうが 少し気になるところ

次の記事は、モンテネグロの保養地Tivatからモスクワに向かうモンテネグロ航空のパイロットが降下を開始した後に気を失ったが、飛行機は無事着陸した。当初パイロットは心筋梗塞かと疑われたが、そうではなく病院で検査を受けた後空港に戻ったのだそうです。

このことだけ見れば、大事に至らず幸いだったということですが、モンテネグロの位置が微妙です。

コソボ、セルビア、ボスニヤヘルツェゴビナに囲まれています。モンテネグロは、コソボ紛争の際にNATOの攻撃を受けています。この地域へのNATOの攻撃で米軍は劣化ウラン弾を使っています。20年前です。

日本のF1事故による健康被害では、8年経っていろいろな症状が出ています。20年後も影響は残るはずです。

Tivat は、アドリア海の入江に面した保養地です。海水浴もできるようです。

RT2019/7/10
Montenegro airliner pilot faints MID-FLIGHT prompting emergency landing
The Moscow-bound passenger plane with 90 people on board was forced to change course and make an emergency landing after its pilot suddenly felt sick and fainted while the plane was descending.

The Montenegro Airlines flight YM610, carrying 85 passengers and five crew members, took off from Tivat on Wednesday morning and headed to Moscow’s Domodedovo airport. But when descending the Fokker 100 mid-size aircraft declared an emergency and was diverted to Kaluga, a city south of Moscow, some 135km away from its original destination.

The diversion was due to a health emergency among the crew. “The first pilot fainted” mid-flight, Russian media reported, citing emergency services.

Sources told TASS news agency that the incident happened after the plane started to descend as it was approaching Moscow.

The landing was a success, the airport confirmed, with all passengers and crew members bussed to the terminal. Several ambulances were rushed to the scene. The pilot regained consciousness after the landing.

Earlier reports suggested that the pilot experienced a heart attack but medical officials did not confirm this. The man “does not require hospitalization and will be sent back to the airport,” the spokesperson for the hospital said.
posted by ZUKUNASHI at 02:00| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。