フィナンシャルタイムスのプーチンインタビュー: ずくなしの冷や水

2019年07月05日

フィナンシャルタイムスのプーチンインタビュー

欧米の言論人、メディア関係者は改めてショックを受けているでしょう。プーチンが自由主義の弊害をはっきりと指摘し、暗にネオコンの支配に疑問を投げています。ロシアの選挙介入疑惑であれだけ騒いでいた米国メディア、民主党議員。頭おかしんじゃね? と言われていると同じです。

FARSNEWS2019/6/28
Putin: Globalism Has Failed US Middle Class, Trump Saw It
TEHRAN (FNA)-
トランプの大統領選勝因について・・・多くの米国人がグローバリゼーションの動きに置いておかれ、トランプがそのことを知っていて利用したこと。
US President Donald Trump’s election victory should be attributed not to some foreign influence but to the fact that many Americans were left behind by globalization and Trump saw it, Russia’s President Vladimir Putin said.

“The middle class in the US has not benefited from globalisation; it was left out when this pie was divided up,” Putin told the Financial Times ahead of the G20 summit when asked to comment on the US president’s policies.

トランプ陣営は、米国社会のこの変化を利用した。ロシアの選挙への影響は神話的。
“Trump looked into his opponents’ attitude to him and saw changes in American society, and he took advantage of this,” he explained, while calling the perceived Russian influence on the US 2016 election “mythical”.

グローバリゼーションは米国社会を分け隔てたのかもしれない、少なくとも経済的な意味で。中流クラスはグローバリゼーションのメリットを受けていない。
Putin also assumed that globalization could have divided US society – at least in an economic sense, adding, “In the US, the leading US companies − the companies, their managers, shareholders and partners − made use of these benefits. The middle class hardly benefited from globalization.”

“The Trump team sensed this very keenly and clearly, and they used this in the election campaign. It is where you should look for reasons behind Trump’s victory, rather than in any alleged foreign interference,” Putin said, adding that Trump’s “extravagant” policies might be a sign of the US president’s attempts to right some wrongs in accordance with his own “distinct world outlook”.

グローバリゼーションの結果は、米国に望ましい効果をもたらさなかった。トランプは、グローバリゼーションの一定の要素と相いれない運動を始めている。
"He seems to believe that the results of globalization could have been much better for the US than they are. These globalization results are not producing the desired effect for the US, and he is beginning this campaign against certain elements of globalization," he stated.

米国でも欧州でも最も大きな問題の一つは支配階層が大衆から乖離していること。
Putin argued, one of the major problems in the US, but in Europe as well, is that the “ruling elites have broken away from the people”.

エリートは、いわゆる自由主義思想を抱いており、現下の展開に全くハッピーであるように見える。その一方で大衆は大量の移民のような問題に次第に懸念を強めている。
The elites continue to entertain so-called liberal ideas and seem to be quite happy with the ongoing developments while people are increasingly concerned by such issues as mass immigration, the Russian president believes.

自由主義思想は時代遅れになった。人口の圧倒的多数の利益と衝突するようになった。
"The liberal idea has become obsolete. It has come into conflict with the interests of the overwhelming majority of the population," he noted.

ベネズエラ問題について・・・かねて伝えられているロシアの立場に同じ。
Putin also said Russia does not meddle in Venezuela or anywhere else, criticizing Washington for trying to impose its own leaders on Latin America and around the world.

The Russian head of state told the Financial Times that Venezuelan President Nicolas Maduro is not being preserved in power “only by Russian weapons”, explaining that Moscow has agreements with Caracas and that Russian advisers and experts were in Venezuela to that effect, but there were no troops.

"We do not meddle in things; it is none of our business… This problem should be sorted out by the Venezuelan people themselves. That is all," he added.

He contrasted the Russian position in Venezuela with US-led “regime change” operations in the Middle East and North Africa, such as Libya and Iraq, that resulted in complete collapse of governments and the rise of terrorism.

“Do we want to revert to gunboat diplomacy? What do we need it for?” he asked.

"Is it necessary to humiliate Latin American nations so much in the modern world and impose forms of government or leaders from the outside?" he noted.

While many things could have done differently when it comes to the economy of Venezuela, Russia believes in a hands-off approach when it comes to the country’s politics, Putin explained.

In Venezuela, as with everywhere else, Russia approves of political developments “if they are taking place in accordance with internal rules and the country’s legislation, its constitution, and in line with the people’s will”.

“Is it enough that [Juan Guaidó] entered a square and proclaimed himself president? Is the entire world supposed to support him as president?” Putin asked, adding, “Let us do the same in Japan, the US or Germany. What will happen? Do you understand that this will cause chaos all over the world?”

“Where are the self-proclaimed presidents and opposition leaders? Some of them have taken refuge in foreign embassies and others are in hiding. What do we have to do with this?” he asked, referring to the US-backed opposition that has tried to claim power in Caracas.

武器管理条約について・・・
The Russian President also stated that the world would be a “different place” if the US did not withdraw from key arms control treaties, saying that Moscow has never sought an arms race.

The world might yet see a new nuclear arms race, Putin warned, adding that the international arms control regime has been destabilized, not least because of Washington’s unilateral actions.

It was the US that “unilaterally withdrew from the Anti-Ballistic Missile treaty (ABM), and has recently quit the INF treaty as well”, he said, referring to the Intermediate-Range Nuclear Forces agreement – a key 1987 accord between the US and the USSR, which banned land-based short- and mid-range missiles, greatly contributing to easing tensions in Europe during the Cold War.

Putin said that US accusations, which the Trump administration used to justify its withdrawal from the INF, were just an excuse to return to new arms development.

“I do not think Russia means anything to them in this case, because this war theatre, the war theatre in Europe is unlikely to be interesting to the US,” he added.

Putin recalled how he “made very energetic attempts to convince” the administration of George W. Bush not to withdraw from another treaty Russia considered “the cornerstone of the entire international security system” – the ABM. At that time, Moscow came up with “absolutely specific proposals”, involving “jointly on missile-defense projects that should have involved the US, Russia and Europe” as well as “technology exchanges and the elaboration of decision-making mechanisms” to make the US keep the treaty but all efforts were in vain.

"I am convinced that the world would be a different place today, had our US partners accepted this proposal. Unfortunately, this did not happen," he noted.

Now, the situation is moving towards another arms race, Putin admitted, adding that “this is not our choice” and Russia “should at least do everything so as to not aggravate the situation”.

Moscow could support a trilateral treaty between Russia, the US and China to replace the INF but only if it suits all sides, including Beijing.

我々は我々の動機・意図を進めることができる協定なら何でも支持する。軍拡競争に歯止めをかけることに役立つなら。
"We will support any agreement that can advance our cause, that is, help us contain the arms race," he said.

シリア問題について・・・これまでにラブロフなどが述べてきたところと同じ。ISISの背景にいる者には触れていない。
Putin said Russia intervened in Syria to prevent “Libya-style chaos” and protect its own security, unwilling to tolerate Islamic State terrorists on its doorstep.

2015/9のダマスカス政府を支援する遠征軍の派遣決定は、潜在的なリスクと見返りについての慎重な審議と分析を経て決定した。
The decision to send an expeditionary force to back the government in Damascus in September 2015 was taken after careful deliberations and analysis of potential risks and rewards, Putin told the Financial Times.

“I decided that the positive effect from our active involvement in Syrian affairs for Russia and the interests of the Russian Federation would far outweigh non-interference and passive observation of how an international terrorist organization grows ever stronger near our borders,” Putin added.

なによりも…私たちはシリアの国家としての体制を維持することに成功した、そしてリビアのような混乱を防いだ。
"Primarily … we have managed to preserve Syrian statehood, no matter what, and we have prevented Libya-style chaos there," he noted.

Not only has the intervention led to the stabilization of Syria and the defeat of IS (also known as ISIS/ISIL), it had other positive effects that have far exceeded expectations. The entire region has moved towards stability, while Moscow established “very good, business-like, partner-like and largely allied relations” with other regional powers such as Iran and Turkey.

On the domestic side of things, “several thousand” militants from the former Soviet Union who joined IS were eliminated, along with the danger they posed to Russian security. The Russian military gained invaluable practical experiences during the fighting, that could not be obtained from peacetime training exercises.

"I believe that it has been a good and positive return. We have accomplished even more than I had expected," he stated.

Russia is “perfectly aware” of the situation in Syria, including the internal reasons for the conflict that should be dealt with. But that is upon everyone there to resolve, not just President Bashar Assad.

Asked if he was committed to Assad staying in power, Putin said the people of Syria should decide their own future.

"When we discussed this matter only recently with the previous US administration, we said, suppose Assad steps down today, what will happen tomorrow? You cannot even imagine how funny it was. They said, “We don’t know”. But when you do not know what happens tomorrow, why shoot from the hip today?" he stressed.

Russia, he noted, prefers to “look at problems thoroughly from all possible angles and not to be in any hurry”.

・・・・・・

みゆうさんが翻訳してくれました。ありがとうございます。この記事一つを読めば国際情勢のポイントがわかります。プーチンが述べていることは、ラブロフやザハロバが日ごろ言っていることとまったく同じです。プーチンがいちいち指示を出しているわけではないはず。ロシア外交については、事務方とそれに顧問、国会議員を入れた緊密な協議が行われていることがうかがえます。プーチンはノー原稿に見えます。何か国際的な問題についてロシアの出方を考えるときにはこの記事の内容を思い出せばロシアの行動は容易に推定できるでしょう。
トランプがプーチンに会う前にこの記事を読んでいますよね。トランプはプーチンからの贈り物を読み取ったでしょう。

プーチン:グローバリズムは米国中間層を消滅させつつある、トランプはそれを知っていた
-----------------
テヘラン(イランFNA)― 米国大領領選挙でのドナルド・トランプの勝利は、海外の影響から自国を守ることに貢献するはずだったが、実際には多数の米国国民がグローバリゼーションから取り残された。そして、トランプはそれを知っていた…ロシア大統領ウラジーミル・プーチンは語った。

「米国の中間層は、グローバリゼーションの恩恵を受けていない。彼らは、パイが分けられたときには取り残されることが決まっていた」。G20サミットに先立ち、米国の政策についてコメントを求められたプーチンは、フィナンシャル・タイムズ紙に対してこう答えた。

「(大統領選挙当時、)トランプは敵対勢力の行動を分析し、アメリカ社会の変化を見て取った。それが彼の勝因だ。」一方、2016年の米国選挙へのロシアの関与が疑われていることについては、「架空の話」と説明した。

プーチンはまた、グローバリゼーションは米国社会を分断している可能性があると考えている。少なくとも経済の文脈では、と彼は付け加え、「米国では、リーディングカンパニー(いくつかの会社とその経営者、株主、出資者たち)が利益を作り出している。中間層は、グローバリゼーションからほとんど利益を得ていない。」

「トランプのチームは、このことを強く、また明確に感じ取っていた。そして、選挙キャンペーンに利用した。トランプの勝利の原因として分析されるべきなのは、証拠のない外国からの影響(訳注:ロシアの関与疑惑)などより、この点だ。」またプーチンは加えて、トランプが取っているように見える「突飛な」政策は、彼独自の「明確な世界の展望」に基づいて、いくつかの間違いを正そうと試みていることの表れかもしれない、と語った。

「米国大統領は、グローバリゼーションが米国にもたらす結果は、もっと望ましいものになるはずだったと見ていたようだ。グローバリゼーションの結果が望まれていた影響を米国にもたらしていないため、トランプはグローバリゼーションの特定の要素に反対するキャンペーンを始めている」。

プーチンは、アメリカおよびヨーロッパの主要な問題のひとつは、「統治しているエリート層が、民衆から乖離していること」だと主張した。

エリートたちは、いわゆる自由主義思想(liberal ideas)を相変わらず持ち続け、それを進展させていることに幸せを感じているようであるが、一方で民衆は大量の移民などの問題に懸念を強めている、とロシア大統領は考えている。

「自由主義思想は、時代遅れになりつつある。数におけるマジョリティの利益と衝突し始めている。」

プーチンはまた、ベネズエラをはじめいかなる他国に対してもロシアは干渉しないと述べ、ラテンアメリカ他世界中で、都合のいいリーダーを押し付けようとしている米国政府を非難した。

ロシア大統領はフィナンシャル・タイムズ紙に対し、以下のように述べた。ベネズエラ大統領ニコラス・マドゥロは、「ロシアの武力によってのみ」権力を維持しているわけではない。ロシア政府はカラカス(ベネズエラ政府)と合意した上で、アドバイザーや専門家を同国に派遣したが、軍隊は派遣していない。

「我々は干渉はしない。それは我々には関係のないことだ。この問題は、ベネズエラ国民が自分たちで解決すべきものだ。それだけのことだ」と彼は付け加えた。

プーチンは、中東や北アフリカ(例えばリビアやイラク)で行われ、完全な政府の破壊とテロリズムの台頭をもたらしている、米国主導の「レジーム・チェンジ」作戦と、ベネズエラでのロシアの立場を明確に対比したのである。

「我々は、砲艦外交に戻りたいのだろうか? 何のために?」彼は疑問を呈した。

「現代社会(modern world)において、ラテンアメリカの国々をこれほどまでに辱め、政府の形態やリーダーを外から押し付けることに、何の意味があるのか?」

ベネズエラに経済問題が勃発したとき、他の異なった対処法はいくつもあったとは思うが、ロシアは国家政策については不干渉主義だ、とプーチンは説明した。

ベネズエラでは(他のいかなる場所でも同じだが)、ロシアは「国内のルールと国内法、体制に従い、国民の意思に沿っている限り」、政治的な進展を容認する。

「[ユアン・グァイドが]登場してきて、自分が大統領だ、と宣言するだけで充分なのか? 世界中が、彼を大統領として援助すると決めたとでも言うのか?」プーチンは疑問を呈した。加えて、「日本で、アメリカで、ドイツで、同じことをするとしよう。何が起こるだろうか? 世界中でカオスが起こる、そうだろう?」

「自称大統領と野党のリーダーはどこにいるのか? 外国の大使館で亡命手続きをした者、隠れている者。我々は何をしなければならないのか?」 彼は尋ね、米国の援助を受けてベネズエラ政府を非難している対抗勢力に言及した。

ロシア大統領はまた、アメリカが主要な武器管理条約から撤退しなければ、世界は「違った場所」になり得た、と述べた。更に、ロシア政府は、武器開発競争を決して望んでいないと述べた。

世界は、新たな核開発競争に突入しようとしている、とプーチンは警告した。国際的な武器管理体制は危うくなってきているが、それには、米国政府単独の行動に少なくない原因がある。

彼は、「弾道弾迎撃ミサイル制限条約(ABM)から一方的に撤退し、最近はまたINF条約を破棄した」のはアメリカである、と述べ、アメリカとソ連の間で1987年に締結された主要な条約であり、地上基地からの短・中距離ミサイルを禁止し、冷戦時代にヨーロッパの緊張緩和に大きく貢献した、中距離核戦力全廃条約にも言及した。

プーチンは、アメリカがINFから離脱するときに使った言いがかりは、単に新しい軍備拡大に舵を切るための口実にすぎなかった、と述べた。

「この件では、ロシア側からは彼らに何も言うつもりはない。なぜなら、この戦争の舞台はヨーロッパで、アメリカは関心がないだろうから。」
(訳注:INFの禁止対象である「短・中距離ミサイル」の射程距離は、欧ソ(露)間の距離に相当するものであり、INFは米ソ(露)相互の直接攻撃を抑止することを目的にしている条約ではない。INFには、NATOや当時の「核の傘」など、他のテーマが関わっていた。)

プーチンは、ジョージ・W・ブッシュ政権の時代、ロシアが「国際安全保障システム全体の基盤」とみなしていたある条約からアメリカが撤退しないように、彼がいかに「心血を注いで説得を試みた」かを回想した ― それがABMだった。当時、ロシアは、「まったく特別な提案」をするに至っていた。その提案の中には、「アメリカ、ロシア、ヨーロッパが、ミサイル防衛プロジェクトに、共同で」しかも「技術交換と、意思決定メカニズムの構築を伴って」取り組む、という内容が含まれていた。それらは、アメリカを条約に引き留めておくための努力だった ― しかし、すべて水の泡となった。

「もしあのとき、アメリカのパートナーが我々の提案を受け入れていたら、今日の世界は異なった場所になっていたと、私は確信している。残念なことに、それは起こらなかった。」

今、状況は新たなな軍拡競争に向かって動いている。プーチンは、「それは我々の選択したことではない」し、ロシアは「少なくとも状況を悪化させないために、できる全てのことをしなければならない」と述べた。

ロシア政府は、ロシア、アメリカ、中国の間でINFに代わる新たな3国間協定を締結することができる。ただし、中国政府を含めた全者の意思に沿う形であれば。

「我々は、軍拡競争を封じ込めるという我々の目的に適うものであれば、どんな合意でもサポートする意思がある」と彼は語った。

またプーチンは、シリアに介入したのは、「リビア型カオス」を防ぐためと、自国の安全を守るためだったと語った。玄関先まで来ていたイスラム国(IS)のテロリストを、容認するわけにはいかなかった、と。

2015年9月、シリア政府を支援するために遠征軍を派遣する決定は、潜在的リスクと得られる利益を、慎重に検討・分析した上で行われた。

「私は、我々がシリア問題に積極的に介入することの方が、介入せずに国際テロリスト組織が我々の国境付近まで強大化するのを受動的に観察することよりも、ロシアとロシア連邦にとっては遥かに価値があると判断した」。

「最優先事項として、我々はシリアの国家としての地位を守ることに何とか成功した。そのことによって言うまでもなく、シリアをリビア型カオスから守ったのだ。」

介入は、シリアの国家体制の存続とIS(ISIS/ISILという呼び名でも知られている)の打破のみならず、予想していたよりもはるかに大きな効果をもたらした。まず、地域全体が以前より安定した。そしてロシア政府にとっても、当該地域の他のパワー(例えばイランとトルコ)と、「非常に良好で、実際的で、協力的で、広汎な同盟関係」を構築することができた。

国内問題としての側面。旧ソ連からISに参加し、ロシアの安全保障を脅かしていた「数千の」戦闘員は、排除された。ロシア軍は戦闘を通じて、計り知れない実戦経験を積むことができた。平和時のトレーニングからは、得られない経験である。

「(介入したことは)良い結果をもたらし、プラスの成果があったと考えている。我々は、事前に私が期待していたよりも多くのことを達成した」。

ロシアは、シリアの状況については「完全に把握している」。今後の紛争に繋がる可能性のある、対処されるべき(シリア)国内の原因もまだある。しかし、それを解決するのはシリア国民であり、バシャール・アサド大統領だけではない。

アサドの権力保持に関与するのかどうかを問われ、プーチンは、シリアの人々の将来を決めるのは彼ら自身である、と答えた。

「つい最近、アメリカの元行政官と、この問題について意見を交わした。我々は言った、もし今日、アサドが権力の座から降りるとしたら、明日何が起こるだろうか?と。彼らの答えはおかしかった、きっと君は想像もできないだろう。彼らは言ったんだ、『分からない』と。しかし、明日何が起こるか分からないというときに、なぜ今日、思いつきで行動する?」彼は強調した。
(訳注:彼らは、何らかの意図を持って、アサドを権力の座から降ろそうとしている、ということ。)

ロシアは、「問題を総合的に、可能性のあるすべての方向から、少しも急ぐことなく見る」のを好む、と彼は述べた。

・・・・・・・

みゆうさんの訳文は読みやすいですが、この記事の内容はそれなりに難しいです。みんなが誰でもここまで訳せなくてもよいですが、何が書いてあるかは、できるだけ短い時間に読み取るように努めると案外早く慣れます。管理人は海外メディアの記事をピックアップする際に一応読んでいます。2015/9からですからもう4年ですね。それだけでもニュースソースはぐんと広がりました。私自身の関心も広がりました。でも訳して日本語に置き変えるのはやはり時間がかかる。INFって何だったけ? そう、それから出発することが歴史の知識を広げます。
posted by ZUKUNASHI at 00:20| Comment(9) | 国際・政治
この記事へのコメント
ずくなし様
いつも有用な情報をありがとうございます。
「UK US」の記事、本当に大変な内容ですね。
誰か翻訳を…との呼びかけに、能力も顧みず取りかかってみました。
お送りするより先に、ずくなし様が概要をアップされたので、もう不要でしたらお気になさらずそのままにしてください(^-^)。
自分のために訳したようなものですので…。
もし、読者の皆さんのために拙い訳でも…とお考えでしたら、大変お手数ですが、アップの前に誤訳をご確認いただけたら幸いです。
どのように修正いただいても構いません。

USの方は、長いのでまだ途中なのですが、別コメントで後ほどお送りします。
こちらも同様です。




英、露が「無責任かつ安定を損なうような」行動をやめない限り、関係を修復するつもりはない ― メイがプーチンに
-----------------
外遊中のテレサ・メイ首相は、ウラジーミル・プーチンに対し、ロシア政府が「無責任かつ安定を損なうような」行動をやめないかぎり、英露関係が修復される見込みはないと改めて語った。これには少々既視感がある。

大阪での、プーチンとの短い1対1のやり取りの中で、テレサ・メイは「ロシアが無責任かつ安定を損なうような行動をやめない限り、両国の関係を正常化することは不可能だ」と発言した。予想されたように、外遊中の英国首相はスクリパル中毒事件について、明確な証拠がないままにお決まりの言及を繰り返したのである。

首相のスポークスマンによれば、メイは「ソールズベリーの街角で致死量の神経毒が使用された」ことに自然に触れることで、「事件の背後にはロシアがいるという、動かしがたい証拠がある」とまたしても主張したのだ。

英露関係の将来については、「我々の側は、(今と)異なった関係を築くために常にオープンな姿勢を保っているが、そうなるためにはロシア政府が(今と)異なった方法を選択しなければならない」と言うわけだ。

しかしながらプーチンは、真実はまったく逆であると考えている。ソールズベリー事件を取り巻くスキャンダルは、経済関係をはじめとするロシアと英国の結びつきを損なわせる、と彼は早い段階からフィナンシャル・タイムズ紙に語っていた。

「スパイと二重スパイをめぐるこれらの騒動は、両国の関係にとってはまったく重要ではない。我々は事件に巻き込まれることなく、事件の解決は警察部門に任せるべきである」。

これら一連の「スパイ・スキャンダル」は両国の関係を麻痺させることになった。「そのため、我々は関係を正常化させることも、経済界をサポートすることもできなかった」。英国は、ロシアと同様に、両国の関係を完全に修復することに腐心している、とプーチンは強調した。「そのためには、少なくとも2〜3の予備的なステップが構築される必要がある」。

彼はスクリパル事件に関して、ロンドンが持っているほどには、ロシアはほとんど何の関係を持っていない、と改めて強調した。今日に至るまで、ロシア政府がこの疑惑に関与していたという信頼できる証拠は示されていない。「『ロシアがスクリパルに毒を盛った』と、最初に彼らが言ったのだ。まず、それが証明されるべきだ。」
Posted by みゆう at 2019年06月30日 18:20
プーチン:グローバリズムは米国中間層を消滅させつつある、トランプはそれを知っていた
-----------------
テヘラン(イランFNA)― 米国大領領選挙でのドナルド・トランプの勝利は、海外の影響から自国を守ることに貢献するはずだったが、実際には多数の米国国民がグローバリゼーションから取り残された。そして、トランプはそれを知っていた…ロシア大統領ウラジーミル・プーチンは語った。

「米国の中間層は、グローバリゼーションの恩恵を受けていない。彼らは、パイが分けられたときには取り残されることが決まっていた」。G20サミットに先立ち、米国の政策についてコメントを求められたプーチンは、フィナンシャル・タイムズ紙に対してこう答えた。

「(大統領選挙当時、)トランプは敵対勢力の行動を分析し、アメリカ社会の変化を見て取った。それが彼の勝因だ。」一方、2016年の米国選挙へのロシアの関与が疑われていることについては、「架空の話」と説明した。

プーチンはまた、グローバリゼーションは米国社会を分断している可能性があると考えている。少なくとも経済の文脈では、と彼は付け加え、「米国では、リーディングカンパニー(いくつかの会社とその経営者、株主、出資者たち)が利益を作り出している。中間層は、グローバリゼーションからほとんど利益を得ていない。」


「トランプのチームは、このことを強く、また明確に感じ取っていた。そして、選挙キャンペーンに利用した。トランプの勝利の原因として分析されるべきなのは、証拠のない外国からの影響(訳注:ロシアの関与疑惑)などより、この点だ。」またプーチンは加えて、トランプが取っているように見える「突飛な」政策は、彼独自の「明確な世界の展望」に基づいて、いくつかの間違いを正そうと試みていることの表れかもしれない、と語った。

「米国大統領は、グローバリゼーションが米国にもたらす結果は、もっと望ましいものになるはずだったと見ていたようだ。グローバリゼーションの結果が望まれていた影響を米国にもたらしていないため、トランプはグローバリゼーションの特定の要素に反対するキャンペーンを始めている」。

プーチンは、アメリカおよびヨーロッパの主要な問題のひとつは、「統治しているエリート層が、民衆から乖離していること」だと主張した。

エリートたちは、いわゆる自由主義思想(liberal ideas)を相変わらず持ち続け、それを進展させていることに幸せを感じているようであるが、一方で民衆は大量の移民などの問題に懸念を強めている、とロシア大統領は考えている。

「自由主義思想は、時代遅れになりつつある。数におけるマジョリティの利益と衝突し始めている。」

プーチンはまた、ベネズエラをはじめいかなる他国に対してもロシアは干渉しないと述べ、ラテンアメリカ他世界中で、都合のいいリーダーを押し付けようとしている米国政府を非難した。

ロシア大統領はフィナンシャル・タイムズ紙に対し、以下のように述べた。ベネズエラ大統領ニコラス・マドゥロは、「ロシアの武力によってのみ」権力を維持しているわけではない。ロシア政府はカラカス(ベネズエラ政府)と合意した上で、アドバイザーや専門家を同国に派遣したが、軍隊は派遣していない。

「我々は干渉はしない。それは我々には関係のないことだ。この問題は、ベネズエラ国民が自分たちで解決すべきものだ。それだけのことだ」と彼は付け加えた。

プーチンは、中東や北アフリカ(例えばリビアやイラク)で行われ、完全な政府の破壊とテロリズムの台頭をもたらしている、米国主導の「レジーム・チェンジ」作戦と、ベネズエラでのロシアの立場を明確に対比したのである。

「我々は、砲艦外交に戻りたいのだろうか? 何のために?」彼は疑問を呈した。

「現代社会(modern world)において、ラテンアメリカの国々をこれほどまでに辱め、政府の形態やリーダーを外から押し付けることに、何の意味があるのか?」

ベネズエラに経済問題が勃発したとき、他の異なった対処法はいくつもあったとは思うが、ロシアは国家政策については不干渉主義だ、とプーチンは説明した。

ベネズエラでは(他のいかなる場所でも同じだが)、ロシアは「国内のルールと国内法、体制に従い、国民の意思に沿っている限り」、政治的な進展を容認する。

「[ユアン・グァイドが]登場してきて、自分が大統領だ、と宣言するだけで充分なのか? 世界中が、彼を大統領として援助すると決めたとでも言うのか?」プーチンは疑問を呈した。加えて、「日本で、アメリカで、ドイツで、同じことをするとしよう。何が起こるだろうか? 世界中でカオスが起こる、そうだろう?」

「自称大統領と野党のリーダーはどこにいるのか? 外国の大使館で亡命手続きをした者、隠れている者。我々は何をしなければならないのか?」 彼は尋ね、米国の援助を受けてベネズエラ政府を非難している対抗勢力に言及した。

ロシア大統領はまた、アメリカが主要な武器管理条約から撤退しなければ、世界は「違った場所」になり得た、と述べた。更に、ロシア政府は、武器開発競争を決して望んでいないと述べた。

世界は、新たな核開発競争に突入しようとしている、とプーチンは警告した。国際的な武器管理体制は危うくなってきているが、それには、米国政府単独の行動に少なくない原因がある。

彼は、「弾道弾迎撃ミサイル制限条約(ABM)から一方的に撤退し、最近はまたINF条約を破棄した」のはアメリカである、と述べ、アメリカとソ連の間で1987年に締結された主要な条約であり、地上基地からの短・中距離ミサイルを禁止し、冷戦時代にヨーロッパの緊張緩和に大きく貢献した、中距離核戦力全廃条約にも言及した。


(途中まで)


Posted by みゆう at 2019年06月30日 18:26
みゆうさま
ご労作に感謝します。国際情勢の「報道されない」背景も理解していないと日本語でも難しいインタビューだと思います。知識の少ない自分でもすんなり入ってきます。
有難うございます。
Posted by T at 2019年07月01日 10:00
ずくなし様
アップと補足説明をありがとうございます!

T様
拙い訳でも、お役に立てておりましたら嬉しいです!
後から見直したら、時制の訳し方など数か所気になる(手元に原稿があれば直すかも…)ところもあるのですが、大意には影響ないと思います。
Posted by みゆう at 2019年07月01日 21:11
Putin: Globalism Has Failed US Middle Class, Trump Saw It
日本語訳の続きです。
-------------------

プーチンは、アメリカがINFから離脱するときに使った言いがかりは、単に新しい軍備拡大に舵を切るための口実にすぎなかった、と述べた。

「この件では、ロシア側からは彼らに何も言うつもりはない。なぜなら、この戦争の舞台はヨーロッパで、アメリカは関心がないだろうから。」
(訳注:INFの禁止対象である「短・中距離ミサイル」の射程距離は、欧ソ(露)間の距離に相当するものであり、INFは米ソ(露)相互の直接攻撃を抑止することを目的にしている条約ではない。INFには、NATOや当時の「核の傘」など、他のテーマが関わっていた。)

プーチンは、ジョージ・W・ブッシュ政権の時代、ロシアが「国際安全保障システム全体の基盤」とみなしていたある条約からアメリカが撤退しないように、彼がいかに「心血を注いで説得を試みた」かを回想した ― それがABMだった。当時、ロシアは、「まったく特別な提案」をするに至っていた。その提案の中には、「アメリカ、ロシア、ヨーロッパが、ミサイル防衛プロジェクトに、共同で」しかも「技術交換と、意思決定メカニズムの構築を伴って」取り組む、という内容が含まれていた。それらは、アメリカを条約に引き留めておくための努力だった ― しかし、すべて水の泡となった。

「もしあのとき、アメリカのパートナーが我々の提案を受け入れていたら、今日の世界は異なった場所になっていたと、私は確信している。残念なことに、それは起こらなかった。」

今、状況は新たなな軍拡競争に向かって動いている。プーチンは、「それは我々の選択したことではない」し、ロシアは「少なくとも状況を悪化させないために、できる全てのことをしなければならない」と述べた。

ロシア政府は、ロシア、アメリカ、中国の間でINFに代わる新たな3国間協定を締結することができる。ただし、中国政府を含めた全者の意思に沿う形であれば。

「我々は、軍拡競争を封じ込めるという我々の目的に適うものであれば、どんな合意でもサポートする意思がある」と彼は語った。

またプーチンは、シリアに介入したのは、「リビア型カオス」を防ぐためと、自国の安全を守るためだったと語った。玄関先まで来ていたイスラム国(IS)のテロリストを、容認するわけにはいかなかった、と。

2015年9月、シリア政府を支援するために遠征軍を派遣する決定は、潜在的リスクと得られる利益を、慎重に検討・分析した上で行われた。

「私は、我々がシリア問題に積極的に介入することの方が、介入せずに国際テロリスト組織が我々の国境付近まで強大化するのを受動的に観察することよりも、ロシアとロシア連邦にとっては遥かに価値があると判断した」。

「最優先事項として、我々はシリアの国家としての地位を守ることに何とか成功した。そのことによって言うまでもなく、シリアをリビア型カオスから守ったのだ。」

介入は、シリアの国家体制の存続とIS(ISIS/ISILという呼び名でも知られている)の打破のみならず、予想していたよりもはるかに大きな効果をもたらした。まず、地域全体が以前より安定した。そしてロシア政府にとっても、当該地域の他のパワー(例えばイランとトルコ)と、「非常に良好で、実際的で、協力的で、広汎な同盟関係」を構築することができた。

国内問題としての側面。旧ソ連からISに参加し、ロシアの安全保障を脅かしていた「数千の」戦闘員は、排除された。ロシア軍は戦闘を通じて、計り知れない実戦経験を積むことができた。平和時のトレーニングからは、得られない経験である。

「(介入したことは)良い結果をもたらし、プラスの成果があったと考えている。我々は、事前に私が期待していたよりも多くのことを達成した」。

ロシアは、シリアの状況については「完全に把握している」。今後の紛争に繋がる可能性のある、対処されるべき(シリア)国内の原因もまだある。しかし、それを解決するのはシリア国民であり、バシャール・アサド大統領だけではない。

アサドの権力保持に関与するのかどうかを問われ、プーチンは、シリアの人々の将来を決めるのは彼ら自身である、と答えた。

「つい最近、アメリカの元行政官と、この問題について意見を交わした。我々は言った、もし今日、アサドが権力の座から降りるとしたら、明日何が起こるだろうか?と。彼らの答えはおかしかった、きっと君は想像もできないだろう。彼らは言ったんだ、『分からない』と。しかし、明日何が起こるか分からないというときに、なぜ今日、思いつきで行動する?」彼は強調した。
(訳注:彼らは、何らかの意図を持って、アサドを権力の座から降ろそうとしている、ということ。)

ロシアは、「問題を総合的に、可能性のあるすべての方向から、少しも急ぐことなく見る」のを好む、と彼は述べた。
Posted by みゆう at 2019年07月04日 23:58
ご存知の方もいらっしゃると思いますが、フィナンシャル・タイムズ紙(電子版)のサイトに、今回のプーチン大統領へのインタビュー(90分)全編が公開されました。(プーチン大統領はロシア語で答えていますが、すべて英語の字幕が付けられています。)インタビュアーがどういう質問をしているのか、FT紙やFNAが全編のどの部分をどう切り取って記事にしたのか、気になっていたので非常に興味深いです。インタビューが、モスクワのクレムリンで行われていたことも知りませんでした。そして、この90分のいろいろな話題の中で、「プーチンが自由主義思想を時代遅れだと言った」というのが記事のタイトルになったわけですから…面白いです(笑)。
ちなみに、FT紙は有料ですが、「4週間100円」のトライアル会員になれば記事にアクセスできます。(その後、継続しない場合は、期限までに解約手続きが必要です。)
Posted by みゆう at 2019年07月06日 12:32
フィナンシャル・タイムズ紙は、日経の傘下に入ったんですよね。同紙の記者は、取材活動が制約されると日経の資本参加を嫌ったとか。それはさておき、詳細が電子版に載ったのですか。
要約版はすでにペーパー版のほうで報じられているはずですね。日経新聞は報じたのでしょうか?
プーチンインタビューを日本語で読めるのは、このサイトに載った翻訳だけ?!

「インタビュアーがどういう質問をしているのか、FT紙やFNAが全編のどの部分をどう切り取って記事にしたのか」も重要な情報ですね。
Posted by ZUKUNASHI at 2019年07月06日 12:47
■FT紙(電子版)に掲載された関連記事タイトル一覧
(目視で拾ってますので、見落としがあったらごめんなさい)
---------
6/28
 Transcript: ‘All this fuss about spies ... it is not worth serious interstate relations’
  ↑この記事が、90分のインタビューの文字起こし(全文)でした。
   タイトルはご覧の通り、スクリパル事件です。タイトルだけ見て、油断してたらこれが全文でした(笑)。
   そうですよね、FT紙は英国の新聞ですもんね。
 May lambasts Russia’s ‘despicable’ behaviour at Putin meeting
 Vladimir Putin says liberalism has ‘become obsolete’
 Vladimir Putin: liberalism has ‘outlived its purpose'

6/29
 No, Mr Putin, western liberalism is not obsolete
   「the editional board」…社説、でしょうか?
   大統領が指摘した、圧倒的多数とエリートが分断されているのが欧米の問題という点には触れず、リベラリズムは時代遅れじゃない! ポピュリズムやナショナリズムとまだ戦わなきゃいけないんだ!と言っているようです。いや、その考え方をプーチンさんは問題だと言ってるんだよ、と誰か教えてあげてください…。

7/2
 Putin's heartfelt rejection of 'liberal elites'(音声のみ)
   これは、「the editional board」の反動??

7/5
 Vladimir Putin: the Full Interview(動画)


■日経新聞(電子版)に掲載された関連記事タイトル一覧
(これも目視で拾ってます)
---------
6/28
 [FT]プーチン氏単独会見 「自由主義はもう古い」
   日経(電子版)は、どうもこれだけのような…


■その他の国内紙(全国紙も含む)は分かりません。


すごい、本当に、今回のインタビューの(中立的な)内容が日本語で読める、貴重なブログかも知れないです(笑)?!
Posted by みゆう at 2019年07月06日 22:36
7/10 Financial Times 電子版記事
Martin Wolf: why Vladimir Putin is wrong to claim liberalism is dead
Western liberal democracies are the most successful societies in history - but many are still a work in progress
マーチン・ウルフ:ウラジーミル・プーチンの「リベラリズム(自由主義思想)は死んでいる」という主張は、なぜ間違っているか
〜西側のリベラル・デモクラシー(自由民主主義)は、歴史上最も成功した社会形態である ーただし、多くはまだ発展途上である

フィナンシャル・タイムズ紙(電子版)(以下「FT紙」)に、プーチンインタビュー関連の追加記事が出ました。
マーチン・ウルフ氏は、FT紙のchief economics commentator の方とのことです。
題と副題が、長くて説明的なので、そういうことが言いたいのですね・・・ということは分かりやすく伝わると思います。
しかし、非常に誘導的な表現だと思います。

@プーチン大統領がどういう意味のロシア語を使ったのかは分からないが、少なくとも英訳では「obsolete(陳腐な、時代遅れの)」という単語が現在完了形で使われており(「時代遅れになってしまっている」)、「dead(死んでいる)」とは言っていない。別の箇所で、「the so-called liberal idea, which has outlived its purpose(いわゆるリベラルな思想、目的を失って生き長らえているところの)」という表現はあるので、それの意訳かも知れない。いずれにせよ、「dead」ではない。
A90分のインタビューは、現在の世界情勢についてプーチン大統領の見解を聞くという内容で、「アメリカは/中国は/北朝鮮は/ベネズエラは/シリアは/ロシアは」・・・といった具合にほとんどは個別のケースとして語られる。「西側/東側」という分断的な表現は、ほとんど出てこない。

そもそも、この「リベラリズムが〜」というやり取りは、90分のインタビューの終わりの方に出てきます。(イランFNAの記事では、順番が入れ替えられています。)

FT紙のインタビュアーが、「最初の話に戻りますが、現在の世界の『分断』について、総合的にどうお考えですか? 現代社会においては、エリートやエスタブリッシュメント(規制権力)への大衆の反発、ブレグジット、トランプのアメリカ、ドイツ、トルコ、アラブ世界、至る所に分断があります。ロシア自体も(特にソ連邦崩壊以降)、分断の問題に直面していますよね・・・」のようなことを質問します。

プーチン大統領は、「個別の『分断』には個別の理由や歴史があるので、総合的に答えることは難しい」としつつ、ソ連邦崩壊以降にロシアと旧ソ連各国が経験した、悲劇的とも言える苦難について語ります。そして、「問題は依然多くあるが、それはロシア(と旧ソ連各国)の個別の問題で、現在我々は政府の安定維持と国民生活の向上を目指して、努力を継続している。」ここまででロシアの話を終えて、アメリカやヨーロッパの国々の話に移行します。「欧米各国にも個別の問題(ブレグジット、ドイツの移民政策など)があるが、それらはエリートたちが快適なオフィスで『Liberalism(リベラリズム/自由主義思想)』や『Multiculturalism(多文化主義)』」を語っているだけで、大衆と乖離(分断)していることに原因がある。」

・・・という流れで、欧米の「分断」について説明します。この「分断」の存在自体は、インタビュアーも認識しており、質問の中で自ら言及しているとおりです。プーチン大統領は質問に答える形で、欧米でなぜ「分断」が起こっているかの説明として、「エリートたちが信じている『リベラリズム』が、現実問題を解決できていない、つまり『時代に即していない=時代遅れ』」と言っているのであって、「リベラリズムは死んだ」と言っているわけではないと思います。(繰り返しになりますが、元のロシア語の単語が分からないので、断定はできません。)

なのですが、7/10のFT紙記事の題と副題は、上のようになっていて。

更に言えば、6/28の日経新聞記事「プーチン氏単独会見 『自由主義はもう古い』(https://r.nikkei.com/article/DGXMZO46695310Y9A620C1I00000?s=3)」のリード文には、「ロシアのプーチン大統領は、欧米で国家主義的なポピュリズム(大衆迎合主義)が勢力を伸ばしていることを強調し、自由主義はもはやイデオロギーとしての力を失ったと勝ち誇った。」なんて書かれています。
・・・プーチン大統領はむしろ、トランプ大統領が「アメリカ・ファースト」なのは当たり前で、ロシアだって「ロシア・ファースト」だよ〜と言っていますし・・・強調してるのはそこじゃないし・・・「イデオロギーとしての力を失った」とか言ってないし(90分のインタビューの中で、ideologyもその類義語も一回も出てきません)・・・「勝ち誇った」とか・・・ほんとに元記事読んで書いたんでしょうか・・・。


全体を見ずに、部分だけを取り上げて、違う印象に誘導する。
「今回がたまたま」かも知れませんが、大手新聞であってもふだんから普通に行われている可能性もありますので、気をつけましょう。


ちなみに、イランFNAの報道では、ベネズエラ・シリアについての内容が記事の多くの部分を占めていますが、それは彼らの関心領域であるためで、実際のインタビューでは中国や北朝鮮の情勢についてかなりの時間が割かれています。全文は、PDFにして40ページ以上になりますので、仕方ないです。
Posted by みゆう at 2019年07月11日 22:32
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。