電磁波問題 測定器で測った人は意識が変わる: ずくなしの冷や水

2019年06月27日

電磁波問題 測定器で測った人は意識が変わる

電磁波測定器の貸し出しを続けています。一組は、測定器だけ2種類セットで(高度な測定器は高周波と磁界とが別の機械になります)、もう一組はグラフ付きの測定器と画像記録装置とのセットです。

グラフ付きの測定器と画像記録装置とのセットは、工夫して整え、パソコンなどの機械の扱いに慣れた人にテストしてもらったのですが、不調になり返品されてきました。

面倒すぎるかなぁと反省。キーボードパソコンを使っていますが、画面がないので電源が落ちたかどうかが確認しにくいようです。

手元で遊休化していた超小型のモニターを添えて必要な場合にはつないで確認してもらうことにしました。

でも、電源をキーボードパソコンからとりますので、USB端子のつなぎ替えが面倒です。超小型のモニターはスイッチがなくUSBケーブルの脱着で電源をオンオフします。ウェブカメラも電源はキーボードパソコン。測定器も同じ。測定器は電池を使用しますので1日か2日かで電池が消耗しきります。貧乏人の根性でキーボードパソコンから電源を取ることにしていましたが、電池を交換してもらう、USBケーブルは使わないほうが良いのかとも思い始めています。そうすれば、ウエブカメラと超小型のモニターの電源ケーブルの二つだけになりますし、一応モニターで稼働状態を確認できる。

貸出先の希望で変更する? とにかく皆さんマニュアルをお読みになりません。おかしくなってからじっくり読んでももう遅いってば!

これまでのところ好評なのは、Windowsタブレットで空間線量率を測定記録するシステム。クレームなし。キーボードパソコンに小型モニターを添えたものもこれまでのところ不調で返品されたりしていません。USB接続は2本が限度? それ以上になると頭が混乱してしまう? 私もそういうことがありますね。

幼稚園の教え方を真似て
はーい、よいこの皆さん! これから始めます。先生の言うとおりにつないでください。
先っちょに赤い丸のシールがついた線を手に取ってください。この線の赤いシールのところをパソコンの後ろ側の赤い丸のシールがついたところに差し込んでください。

できましたか? 
次は、青いシールのついた線をパソコンの青いシールの貼ってある場所に差し込みます。

つなぐのが終わったら、黄色のシールの貼ってある場所のボタンを・・・・。

マニュアルをこんな風に書こうと思って、色違いの小さな丸のシールがあるか探したのですが、まだ見つからないのです。ホームセンターや百円ショップで探したのですが。

教えてもらいました。これです。これこれ。


技術的な話はここまで。本題は、電磁波測定器を使った人がことごとく問題意識を持ち、改善策、回避策を目指して動き出すことです。管理人があちこちで測定した結果に加え、試用された読者の測定結果のグラフも蓄積しましたので、一般にどんな事例があり、低い場合、高い場合にどうなるかは例があります。

数値よりもグラフの画像事例のほうがインパクト、説得力があります。

電磁波測定器を自分で調達された方もいます。皆さん、実態のすごさに驚かれます。家の中にトラテープ(立ち入り禁止を示すのに使われます)を張らなければと笑いあった例も。

多くの方がWifi電波の強さに驚きます。ノートパソコンから40cm程度の至近距離にモバイルルーターを置いてあった例が既に2件です。とりあえず離れたところに移していただきました。管理人の身体異常がまさに40cmのところにWifi発信器を置いていたためでした。

現実を知ることは怖いことです。知らなければ何も心配せずに暮らしていけたのに。放射能も、電磁波も、除草剤も、農薬も、遺伝子組み換えも、ケムトレールも、大国の軍事侵略も、憲法改正も・・・。

どこまで調べ、どう行動するかは、その人次第です。
posted by ZUKUNASHI at 13:35| Comment(0) | 電磁波問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。