米国ドローンが撃墜されたのはイラン領空だとロシア: ずくなしの冷や水

2019年07月07日

米国ドローンが撃墜されたのはイラン領空だとロシア

日本時間2016/4/7午前9時のフライトレーダーの画像。ペルシャ湾の上は航空機で混雑しています。


中東では、イスタンブール〜ドバイが幹線航路。夜はいつも混み合っています。そんな中を米国ドローンが飛んでいて、しかもステルス機であるというのに、イランからもロシアからもしっかり捕捉されていたのです。

米軍の現地の兵士は、ステルスだからイランには場所はわからないと高をくくっていたのでしょうか、イランの領空に7kmも入り込んで撃墜されています。それにイランは何度も警告したとされています。乗員が35人ほどにもなる偵察機もドローンに随伴して飛んでいたといいます。これも領空に入ったようです。イランはこれの撃墜は避けたと言っています。

領空近くであれば、イランの軍用機が領空内から米国機の動きを監視することは可能でしょう。ですが、次の図にあるようにドローンはUAEの国内から飛び立っており、その発進地点までイランは把握していました。

ドバイからイランの南西角まで350km、イランの防空システムの限界ギリギリです。

イランは、まだ衛星を持っていないはず。これから打ち上げる計画があります。となると、衛星画像をリアルタイムで提供してくれる可能性があるのはロシアです。ロシアの衛星のカバーする範囲はイランを含むだけでなく地球の相当部分に及んでいる。そう考えざるを得ません。

衛星はデータを電波で地上に送る。ですからこの電波を受信する装置を設置し、暗号化されたデータを解読するソフトを供与されれば、ロシアの衛星のデータを使用できる。S-300、S-400の販売に当たっては、衛星データの利用も含まれている。どうもそのようです。地上からのデータだけでは不足な面もあるし、より多くのデータで正確さを上げるという面からは、衛星データが必要。

そして、ロシアの衛星は米国のステルス機の動きも把握している。だが、米国はそれを理解していなかった。

以上は、管理人の推測にすぎませんが、おそらくそうでしょう。米軍は、イランにグローバルホークを撃墜されて本当に驚いたのだと思います。トランプによるプルーデンスの強調、その後の一転した強い威嚇、警告は米国の動揺を示すものに他ならない。


JNN/TBS 2019年6月26日(水)8時46分
イランの最高指導者・ハメネイ師を対象とする追加制裁を発表したアメリカのトランプ大統領は、イランから攻撃を受けた場合は武力による報復措置に出ると警告しました。
 トランプ大統領は25日、ツイッターで「イランによるいかなる攻撃も圧倒的な力で対処する」と威嚇したうえで、「地域によっては、それは消滅を意味する」と書き込み、イランから攻撃を受けた場合には武力による報復措置に出ると警告しました。

トランプが軍事行動に出なかったことで米国内の戦争屋や軍事産業からは不満や批判が出ているのでしょう。トランプのこの苦衷を忍ばせる発言は、一時的には安堵を感じさせます。イラン側から仕掛けることはないのですから。まるでトランプが北朝鮮が得意とする威嚇発言を真似ているようにも、立場が逆転したようにも見えます。

軍事で他国を従わせることができると考えているらしいセキュリティアドバイザー。もうボルトンの得意とする戦略は通用しなくなっています。出番は終わりです。中国は、北朝鮮に次いでポンペオの外交官としての資質に疑問を呈しました。

トランプは、共和党内の声を踏まえて政権幹部の人事をやってきたのでしょうが、人材には恵まれていません。トランプもラブロフのような外交官が欲しいはず。トランプがラブロフをホワイトハウスに招いたことがありました。トランプは一応話はいろいろと聞いていますね。

イランがドローン撃墜後、外交経路を通じて米国から限定的な攻撃を行うとの警告を受けましたが、いかなる攻撃も戦争の開始とみなすと応答したそうです。

FARSNEWS2019/7/7
Iran Turns Down US Demand for No Response to Limited Attack after Drone Incident
TEHRAN (FNA)- Iran announced on Sunday that it has rejected Washington's demand for a limited and unimportant attack against the country to save face after the Islamic Revolution Guards Corps (IRGC) downed a US drone over its territorial waters.

"When after downing the enemy's hostile drone, the enemy announced through diplomatic mediators that it intended to carry out a limited operations in an unimportant and deserted region to save face and asked us to avoid giving them a response, the Islamic Republic's answer was that we consider any operations as the start of war and will respond to it," Head of Iran's Civil Defense Organization Brigadier General Gholam Reza Jalali said in Tehran on Sunday.

He added that Iran responded that in case of any operations, "it will design the battle ground and if you start it, it is us who will say when it ends".

SPUTNIK2019/7/7
Iranian Official Claims US Sent Message Warning of Limited Strike After Drone Downing – Reports
Iran's Revolutionary Guard Corps downed a US spy drone over the Strait of Hormuz last month, saying it was in the country's airspace.

General Gholam Reza Jalali, head of Iran's Civil Defence Organisation, said that Iran had received a warning from the US about an upcoming limited strike, before the military shot down a US Navy surveillance drone.

"After the downing of its intruding drone, the United States told us through diplomatic intermediaries that it wanted to carry out a limited operation," Gen. Jalali was quoted by Reuters as saying.

He added that Tehran responded to the warning by saying that it sees any operation as "the start of the war".

TEHRAN (FNA)- Moscow has information that the US spy drone was shot down in Iranian airspace thus confirming the information earlier provided by Tehran, Russian Security Council Secretary Nikolai Patrushev stated.

Russia has military intelligence that shows that the American drone was in Iranian air space when it was shot down by Iran last week, Patrushev said on Tuesday.

On Thursday, the Islamic Revolution Guards Corps (IRGC) Aerospace Force announced it used the Iran-made short-range and mid-altitude 'Third of Khordad' missile defense shield to bring down the US spy drone over the country's Southern coasts. The incident marked the first direct Iranian attack on US assets and came amid heightened tensions between Washington and Tehran.

The United States has confirmed that one of its reconnaissance drones was shot down by Iraniain air defenses, but denied that it intruded into Tehran’s airspace at the time.

Iran, but, announced that the country has retrieved parts of the US Global Hawk from the country's territorial waters, rejecting Washington's claim that the aircraft was targeted in international waters. The Islamic Republic also stated it will complain to the UN Security Council as the United States has violated its airspace and claimed that its drone was in international airspace when it was shot down by Iran.

Speaking at a briefing for journalists in Jerusalem, Patrushev added that evidence presented by the United States alleging Iran was behind attacks on ships in the Gulf of Oman was poor quality and unprofessional.

Washington has recently claimed that Tehran is responsible for the attacks on two oil tankers near the Strait of Hormuz, without providing any reliable proof. In responce, Iran stated that Washington’s allegation is unsurprising, warning that the United States has resorted to “Plan B” to sabotage the Islamic Republic’s diplomatic efforts.

“I warned of exactly this scenario a few months ago, not because I’m clairvoyant, but because I recognize where the B Team is coming from,” Foreign Minister Mohammad Javad Zarif noted, warning that President Donald Trump’s “B Team” was now moving to “Plan B: Sabotage diplomacy” in an attempt to “cover up its economic terrorism” against Iran.

The B-Team is a reference to hawkish US National Security Adviser John Bolton, Israeli Prime Minister Benjamin Netanyahu, Saudi Crown Prince Mohammad bin Salman and Abu Dhabi Crown Prince Mohammad bin Zayed Al Nahyan.

posted by ZUKUNASHI at 17:52| Comment(1) | 国際・政治
この記事へのコメント
私もずくなし様の考えと同じですね。そしてイランも捕獲した米国のRQ-170センチネル ドローン機をコピーしてシームルグとサーエゲと言う4発の爆弾攻撃のできる2つのドローン機を開発しました。ロシアもSU-70という無人機を開発しています。
Posted by 西 亨 at 2019年07月07日 19:31
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。