ロシアが S-500 防空システムを実戦配備へ 防空範囲の狭いS-350も開発: ずくなしの冷や水

2019年06月25日

ロシアが S-500 防空システムを実戦配備へ 防空範囲の狭いS-350も開発

ロシアのミサイル防空システムが世界の軍関係者から垂涎の的になっています。これまでの最新型がS-400、S-500が実戦配備間近となりました。ロシアは地球全体をカバーするシステムを開発計画の到達点に置いています。S-700。
イランはロシアからS-300システムを導入しており、米国ドローンの撃墜には、S-300に類似したシステムが使われています。
the Iran-made short-range and mid-altitude 'Third of Khordad' missile defense shield
自国での開発が難しい国は、ロシアから購入するしかありません。ですが、S-300、S-400の導入には、周辺国や米国が強く反対することもあります。それらの国の攻撃力が低下するからです。

ロシアは、イスラエルの反対でシリアへのS-300の供与を見送っていましたが、イスラエル戦闘機がシリア空爆に際してロシアの偵察機を弾除けに使い、偵察機が撃墜される事件が起きた後に、シリアにこれを供与しています。ロシアのフメイニム基地にはS-400を配備しています。

以下は、S-400配備の後、RTが流した動画のキャプチャー画像です。公開画像ですからご心配なく。
次の2枚はその下にある、ミサイルなどと一緒に配備するトラックに積まれた操作室の内部とみられます。操作員の服装が迷彩色ですし、肩からバッグをかけています。救命セット?でしょうか。帽子もかぶっていて臨戦体制です






次は、建物の中でデータ解析作業の室とみられます。



壁に掛けられた大きなディスプレーに向き合って座っています。


でも、管理人も自分でごくごく小さなシステムを作り、読者に設置運用してもらってわかりましたが、こういうシステムをマニュアルに従って運用してもらうのは大変難しいことなのです。

S-400の場合、マニュアルにはセットアップ、メンテナンス、運用について詳しく書かなければなりません。そしてマニュアルの相手国の言葉への翻訳、運用する要員にマニュアルを理解させ、実地に操作させる。レーダー画面の解釈、判断基準なども教えなければならないでしょう。

ですから、この防空システムの引き渡しに先立って精密機器の扱いを心得た要員に機械のセットアップから操作、メンテナンスまでを教え、そして実戦経験もあるべテランにレーダー画面、数値の意味、その解釈まで教え込むのに何か月もの教育期間が必要なのです。

それは戦闘機でも艦船でも、潜水艦でもなんでも同じだと思いますが、このシステムは常時従事する者の数が多いので、教育課程の手間は大変なのではないでしょうか。戦闘機、艦船、潜水艦なら古いものに携わった経験があればそれも役立ちますが、このシステムは全くの新規、新しい経験になるわけですから。

SPUTNIK2019/6/24
Russian S-500 Air Defence System Almost Ready – Deputy Air Force Commander
The Russian Armed Forces will soon begin receiving a number of the newest air defence systems, a top Aerospace Forces officer said.

Speaking to the official armed forces newspaper Krasnaya Zvezda, Aerospace Forces Deputy Commander Lieutenant General Yuri Grekhov disclosed that the development of the S-500, the successor to the S-300 and S-400 air defence systems − has reached its final stage, as has the development of a number of radar systems.

He also disclosed that the Armed Forces will soon begin receiving the S-350 systems as well. The S-350 is tasked with "defence of administrative-political centres, most important objects and regions of the country, armed forces groups, from massive air strikes, including tactical and operative-tactical ballistic missiles," Grekhov said, adding that the system has already passed the state's testing.

"Every weapon system I mentioned is unique in its own way and is designed to solve a wide spectrum of tasks to ensure reliable aerospace defence of our country," Grekhov said.

Recharging an S-400 Triumf anti-aircraft weapon system during the combat duty drills of the surface to air-misile regiment in the Moscow Region.

According to Grekhov, all the weapon systems are built from Russian-made components and feature maximum automatization of all processes in conjunction with ease of use and maintenance.

The S-500, the S-350 and the new radars feature high mobility and are able to deploy to and function in unprepared positions, he said.

When asked about the percentage of cutting-edge systems in the Russian military, Grekhov said he estimates it makes up about 70 percent, adding that several more Russian air defence regiments will switch to the S-400 this year. However, 90 percent of systems used by the Moscow Region and Central Economic Region air defences are modern.

While the S-500's specifications remain classified, the system is reportedly able to destroy targets up to 600 kilometres away; it is also believed to be able to track and simultaneously strike up to 10 ballistic targets moving at speeds up to 7 km/s (approximately Mach 20).

SPUTNIK2019/6/25
Polish Citizen Sentenced to 14 Years for Trying to Steal Secret Parts of Russia's S-300
A Moscow city court has conducted a closed-door trial into the case of Polish citizen Marian Radzajewski, accused of espionage, the Russian Federal Security Service stated.

The Moscow city court found Polish citizen Marian Radzajewski guilty of Article 276 of the Russian Criminal Code, espionage, the court's press service stated.

"He was sentenced to imprisonment for a term of 14 years in a strict regime colony", the press service added.

The trial was conducted in a closed session, since its materials contain information constituting state secrets.

According to the Russian Security Service (FSB), Radzajewski tried to obtain secret parts of the S-300 anti-aircraft missile system. When trying to make a deal, he was detained red-handed.

Radzajewski reportedly acted in the interests of a Polish organisation, the leading supplier for Poland's national armed forces and special services.

In March, Russian President Vladimir Putin stated Russia's special services intercepted almost 600 foreign intelligence officers and agents last year.

The S-300 is a Russian long-range surface-to-air missile system, developed to defend against aircraft and cruise missiles. The system is capable of hitting even the smallest aerial objects as well as cruise missiles. Different variations of the S-300 are possessed by nearly 14 countries, mainly in Eastern Europe, including Slovakia.
posted by ZUKUNASHI at 10:22| Comment(1) | 国際・政治
この記事へのコメント
ロシア連邦軍は、徴兵制の軍隊です。ロシア帝国とソ連邦は、独仏英米の軍隊に対抗する為に徴兵制と動員より数百万の兵士がいる巨大な軍隊を作り上げていました。しかし現代では、兵器の高度化、コンピューター化により、80%を職業軍人にしたいとおもつていますが、財政の大きな制約があります。ロシアの軍隊は、伝統的に兵士の命を軽視しますので、ロシア国民に嫌われています。S-400のオペレーター兵士は、とても優秀な人でないと務まりません、徴兵では無理ですね。0.5秒で標的を破壊する最新のレーザー兵器「ペレスヴェート」の導入も優秀な軍人が必要です。
Posted by 西 亨 at 2019年06月26日 18:01
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。