モニターが電磁波で完全に逝く前に救助できていた件: ずくなしの冷や水

2019年06月25日

モニターが電磁波で完全に逝く前に救助できていた件

今年の1月末に、最新の横長のモニターが不安定になり使えなくなりました。貧乏人の性ですぐには捨てずに置いてありました。

2019年01月29日
古いモニターがあればデスクトップの画面を簡単に二つにできる

その後、芸能人の家で家電製品が次々に壊れる話がありました。管理人は電磁波の害を少し勉強しました。測定器も買い、そして家の中ではできるだけWifiを使わないことにしました。

2019年05月15日
電化製品が次々に壊れていく件 これ怖いな

2019年06月18日
管理人は自分のデスク周りの電磁波低減策を講じました

古い壊れたモニターはもう5か月も家の隅に置いてありますので整理する時期です。念のためとパソコンに接続するとすんなり動きました。半日経っても電源オンですぐ動きました。

故障の原因は電磁波だ!
まず間違いありません。1月はじめと今とで私の机の上、周りの環境変化で最も大きなものはWifi発信器を止めたことです。PC群を整理して配置しましたが、これも電磁波低減効果があります。

私がWifi発信器の至近距離でスティックパソコンの調整をしていたら、目やにが増えたことは体調変化の例として書きました。

体調変化は主観的なものです。ですが、今度は機械が不調になり、Wifiを止めたら治ったのです。

信じられませんよね。スマホ大好きな人が、Wifiを止められるはずがない。

お好きなようにしたらよいです。すぐに死ぬわけではない。

これまで管理人が管理する精密機器が故障したのは何件かある。

@ スティックパソコンと測定器をつなぐインターフェースチップ1個が故障、もう1個が不調になった。これは設置場所のWifiが強かったから。設置していてくれた方が、住まいのWifi電波が強くてスティックパソコンのWifiが通じにくいと言っていた。

A スティックパソコンの画像出力部分だけが故障。突然画面が見えなくなったとのこと。その方のお宅ではモバイルルーターの動作が極めて不安定だった。

B 管理人宅のモニター。不調になったが、外して別の場所で保管。Wifiを止めた後に使用再開で順当に稼働。
プリンターがおかしくなったのも電磁波の影響か。Wifi発信機の一番近くにあった。

芸能人のお宅ではテレビが壊れたと書いてあった。

C 設置を依頼した測定システムのスティックパソコンが早々におかしくなった。落下したらしいのだが、他にも影響があったのかも。

D 確認できていないが、小型液晶モニターが故障した模様。その設置場所ではやはりシステムが安定して稼働しなかったようだ。

精密機器が壊れる前に不調、乱調が出ることがある。この段階で電磁波の少ないところに移せば損傷をまぬかれることができる場合もある。
posted by ZUKUNASHI at 08:30| Comment(0) | デジタル・インターネット
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。