管理人は自分のデスク周りの電磁波低減策を講じました: ずくなしの冷や水

2019年06月18日

管理人は自分のデスク周りの電磁波低減策を講じました





撮影時点では、Wifiは使っていません。ミニパソコン、スティックパソコンは機内モード。有線LANアダプター経由のネット接続です。

アイフォンは、音声とデータ通信をオンにしてあります。ときどき高周波が上がるのは、アイフォンが携帯基地局とやり取りをしているからです。

タブレットスマホは電源オフ。常用パソコンの前では特に使うことはありません。これもいつでもネット接続できるようスイッチングハブの1回線につながる有線LANアダプターを用意してあります。

Wifiを止める、スマホの利用は抑制するだけでここまで電磁波を低減できます。

2019/6/18に寄せられた投稿を掲載する。ありうる!というのが管理人の受け止め方です。

いつも貴重な情報ありがとうございます。

自分も電場、磁場の防護対策をしています。
この電磁波に気が付いた理由は2つありました。

1つは、某大手メーカーのハイブリッド車を買ったとき。
1時間も乗ると、妻が必ず体調不良で休憩を余儀なくされました。
最初は理由がわからず、いろいろ調べて電磁波にたどりつきました。@
(妊娠中は流産の可能性?)車はもちろん乗り換えました。

もう一つは、家の庭に面する電信柱で工事があったあと。
その直後から、家の中にいるとイライラして、集中できなくなったのです。
測定器で測ると、工事した電信柱の周囲の電磁波が異常に高い。
これは電力会社に抗議して、相手に測定してもらった数日後には、なんと
極めて低い数値に戻りました(意図的にやっていた???)。A

今では引っ越しするときに、電場、磁場の測定器は欠かせません。B
前回、携帯電話のアンテナがあるマンションの上層階で凄い数値を発見して驚きました。C

電磁波は、一度過敏症になると、気づきやすくなるようです。D
ある女性は、マンションの配電盤が壁のウラにある部屋に住み、毎日悪夢にうなされてから、電磁波の存在に気付いたといっていました。E

その人は、車のナビでも電磁波を感じるようになり、スマホも電磁波の数値の低いものに買い替えたそうです。

住みにくい世の中ですが、赤ちゃんを抱いたままスマホに熱中する
ママが、少しでも減るといいと思っています。F

・・・引用終わり・・・

@ ハイブリッドの小型車で危険な運転や事故が多いようですが、電磁波の影響もあるのかもしれません(?) アクセルが戻らなくなったのではなく、自分の身体による操作に支障が生じていた(?)

A 今は電力会社は遠隔操作で地域ごとの電気供給の入切を行っています。計画停電の際に管理人の住むところブロックだけ電気の供給再開が遅れました。別に電力会社の車が回ってきて配電装置を操作はしていないのについたり消えたりします。この例でも改めて工事をせずに電磁波が下がったのではないでしょうか。

B 同意です。
C 携帯の基地局のアンテナを屋上に載せておいても、直下には電波は向けられていないといいます。しかし、携帯の基地局のアンテナの近くでは常に磁界が高いです。電波の送受信の機器は電磁波を出しており、それがどこにあるかにより電磁波が強くなることはあり得ます。
D いったん過敏症になると身体の感度が上がるということはある。
E 配電盤にはその家の電気配線が集中します。電界は高くなる。
F 子供を抱いてスマホをいじっている人を見ると、こちらがいたたまれなくなりますね。
posted by ZUKUNASHI at 10:37| Comment(0) | 電磁波問題
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。