再エネがすべて悪とも言い切れないと思うが メガソーラーの電磁波影響はありうると思う: ずくなしの冷や水

2019年06月17日

再エネがすべて悪とも言い切れないと思うが メガソーラーの電磁波影響はありうると思う

※ 井上拓哉 @artist_Inoue氏の21:32 - 2019年6月15日のツイート
井上拓哉さんがろーるちゃんをリツイートしました
※リツイート先ショッキングな映像あり
日本では電磁波の健康被害はまだまだオカルト扱いだが、最近ではベルギーが5Gの導入を中止するなど、電磁波への警戒が強まりつつある。

※ ろーるちゃん @do_ob_xoxo氏の2018年5月28日のツイート
愛猫、ソルくん。
保護して里親さんを探す予定でしたが…
春から痙攣が止まらんようになった。
どれだけ薬を変えても、増量しても止まらなかった。
よく晴れた午前中にしか痙攣は起こらない。
メガソーラーに囲まれた自宅から避難移住した後は、一度も痙攣が起こらんの。
再エネは動物虐待だよ。

※ ろーるちゃん @do_ob_xoxo氏の2018年5月28日のツイート
メガソーラーに囲まれて生活すると、どんな被害が出るのか。
一番に健康被害が出るのは、動物と子供。
か弱きものから犠牲になる。

※ ろーるちゃん @do_ob_xoxo
電磁波被害を受けた、愛猫。
メガソーラーに囲まれると、こうなる。
避難移住した今は、あれだけ止まらなかった痙攣が止まったの。
動物愛護活動をしている人々にも、どうか知って欲しい。
再エネで犠牲になる動物達の苦しみ。
こういう事が起こっている現実を。
エコでもなんでも無いってこと。
https://twitter.com/do_ob_xoxo/status/1001061345712746497

・・・引用終わり・・・

「メガソーラーに囲まれた住宅」
再エネがすべて悪と結論付けるのは短絡的だろう。
ただ、こういうことは起こりうると思う。

昨年夏、携帯式の線量率ホットスポットファインダーの試行をやっていた時、太陽光発電装置に囲まれた場所で異常値が記録されていました。私が首からかけたGPS受信機の受信も途切れています。
場所はここです。少し盛り土してあったようで、道路からは気づきませんでした。



上のツイート主の住居がメガソーラーにどんなふうに囲まれていたのかわかりませんが、すごい電磁波が飛んでいたのですね。猫は避難したから大丈夫でも、今でもこの家に人が住んでおられるんですよね。

比較的小規模な太陽光発電パネルの近くで電磁波を測定した例です。
。高周波が1.1μW/cm2で警報が鳴っています。


電磁波は、場所、その環境によって大きく異なります。放射能汚染が場所によって違いがあっても、汚染のない場所はないのと違って、電磁波は携帯の電波を使う機器がないところでは、ほとんど検出されないところもあります。内部被ばくがなく外部被ばくだけであるという点からは、電磁波の影響は捕まえやすいとも言えますが、それを論じるには環境条件を示さないと意味がありません。

それだけ難しい面もあります。

2018年07月04日
太陽光発電装置の近くでは電磁波が強い
posted by ZUKUNASHI at 13:48| Comment(1) | 福島原発事故
この記事へのコメント
風力発電も電磁波が問題視されていて、これ以上の普及はないのではないかとも言われています。
原発も電磁波を出してます。放射能もα線とかγ線とか電磁波の一種でしょう。
火力発電が、まともな方法だと思います。

Posted by hiyaase at 2019年06月18日 08:58
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。