米国、イスラエル、サウジの役者が揃う 共犯者が名乗り出ているようなもの: ずくなしの冷や水

2019年06月17日

米国、イスラエル、サウジの役者が揃う 共犯者が名乗り出ているようなもの

もはや、世界は米国の思う通りは動いていません。

FARSNEWS2019/6/17
Egyptian Paper: Mossad Main Suspect behind Attacks on Oil Tankers in Sea of Oman
TEHRAN (FNA)- A leading Egyptian newspaper dismissed the possibility that Iran carried out the recent attacks against two oil tankers in the Sea of Oman, describing Israel as the only side and culprit to benefit from the sabotage act.

"No one should believe and pay attention to the US allegations against Iran for the recent attacks because Trump is beating the drums of war and Israel is happy with it and the result will be a highly risky to the oil region and damage for Iran and other Persian Gulf littoral states," the Arabic-language Mesriyoun newspaper wrote on Monday.

"Israel is the number one and only side which benefits from igniting the fire of war in the region," it added.

The paper underlined Israel's displeasure with any progress in Iran, and added, "Therefore, all suspicions should focuse on Israel and Mossad's possible role given the fact that Mossad played an important role in the incidents during the Arab-Israeli wars in the past and after that."

In relevant remarks on Saturday, senior Arab diplomats also pointed their fingers at Israel as the culprit behind the recent attacks on two oil tankers in the Sea of Oman, reminding that Tel Aviv has the possibilities and incentives to do the sabotage operations to lay more pressure on Iran.

"There is yet no strong evidence to show who has targeted the two oil tankers, and hence, the door is still open to make political allegations to pressure the opposite party," Arab diplomats told the Lebanese Arabic-language al-Jomhouriyeh newspaper.

Al-Jomhouriyeh did not name the diplomats, but also quoted them as adding, "As the US accuses Iran for the incident, Israel can also be a suspect as it has the possibilities and capabilities to do so."

The Arab diplomats underlined that Israel was the first regime which benefited from any war between the US and Iran.

Iran has strongly denied any involvement in the attacks.

Meantime, a prominent Russian expert also said that the US has launched the Thursday attacks on two oil tankers in the Sea of Oman to spread Iranophobia, satisfy Israel and find a pretext for prolonged presence in the region.

"Allegations that Iran is behind the two oil tankers incident in the Sea of Oman are not believable," Head of the Russian Center for Iran Studies and senior analyst on regional issues Rajab Safarov said in an interview with Russia 24 news channel on Friday.

He described the US as the culprit behind the incident, and said in conditions that Iran along with two world powers, Russia and China, are after keeping the nuclear deal, Tehran will not resort to provocative acts against its interests.

Safarov added that the most important reason to blame the US for the incident is its interest in prolonged deployment in the Persian Gulf under the pretext of defending the Persian Gulf Arab states against what it calls as Iran's threat.

"There is also another important scenario. The US is now producing 12mln barrels of oil on a daily basis and it has not only become self-sufficient but also has turned into one of the most important exporters of oil and therefore, it wants to cripple oil transfer in the Persian Gulf and annihilate the European states and China's economy," he said.

"The US introduces itself as the savior of the world and the biggest guarantor of peace and security and Iran as the biggest enemy of peace and the world's economic lifeline by claiming to be rescuing Europe and the Arab and Asian states from an economic, political and geopolitical catastrophe and it will force them to bow to Washington and cut ties with Iran. Therefore, what you see is a scenario which fully benefits Trump and his supporters to force the world to bow to him," Safarov warned.

Asked about the possibility for military conflict between Iran and the US, he said that Washington does not enjoy the capability and power to attack Iran and they fear any military confrontation, adding that tens of ways are before Tehran to close the Strait of Hormuz but the Iranians do not want to adopt provocative measures.

Safarov said that by launching attacks against the oil tankers in the Sea of Oman, Washington pursues Iranophobia in the world to meet its economic interests, satisfy the Israeli lobby, pressure the Persian Gulf Arab states to plunder their petrodollars and hit a blow to Europe and China's economy.

The Japanese company that owns the ‘Kokuka Courageous’ tanker has said its crew spotted “flying objects” before the attack in the Gulf of Oman, contradicting US claims that the vessel was damaged by a naval mine.

Yutaka Katada, president of Kokuka Sangyo, told reporters on Friday that sailors on board the ill-fated oil tanker observed “flying objects” just before the incident in which the ship caught fire and was badly damaged. The giant vessel was hit twice, first near the engine room and then on its starboard side.

He suggested that those flying objects could have been bullets, and called reports of striking a mine “false.” Both points at which the ship was damaged were above her waterline, which couldn’t be so if it had struck an underwater mine.

The tanker was carrying petroleum products to Singapore and Thailand when it was attacked while sailing through the Gulf of Oman on Thursday. All 21 crew members abandoned the ship and were reportedly rescued by an Iranian vessel. While many details of the incident are still shrouded in mystery, the US was quick to blame Iran.

Later that day, the US military released a blurry video showing what they claimed were Iranian sailors removing an “unexploded limpet mine” from the ‘Kokuka Courageous.’ The poor quality of the video made it especially challenging to independently verify the claims.

Katada’s account partly contradicted American allegations of a mine attack, but did mention that the crew had spotted an Iranian Navy ship nearby. However, the president failed to specify whether it was there before or after the attack.

Another tanker, the Norwegian-owned ‘Front Altair,’ also suffered some damage while passing through the Gulf of Oman at around the same time. There have been reports of a torpedo attack on the vessel, but it is not yet clear from the firm’s statement whether it was attacked.

It is unknown who would benefit from targeting the ships, but the timing of the incidents is especially sensitive. The attack on the tankers that were carrying “Japan-related” cargo notably came during a rare visit to Tehran by Japanese Prime Minister Abe Shinzo.

Suspicious doesn’t begin to describe what likely transpired this morning,” said Iranian Foreign Minister Mohammad Javad Zarif. As the day progressed, he hit back at the US accusations, saying Washington is trying to set up a false-flag attack in order to “sabotage diplomacy” and cover up their own “economic terrorism” against Tehran.

次の記事は、サウジのMBSがイランの責任をとがめたと伝えています。

これで米国、イスラエル、サウジの共犯者と疑われる役者が揃いました。ね、予想通りでしょう。面白いでしょう? 私のこの記事だけで、そういう世界国家の役回りがわかるんです。

RT2019/6/16
Saudi Arabia blames Iran for oil tanker attacks, but doesn’t want ‘regional war’
Saudi Crown Prince Mohammed bin Salman has accused Iran of masterminding the attacks on two oil tankers in the Gulf of Oman this week. One of the explosions rocked a Japanese-owned ship just as PM Abe held talks in Tehran.

The Iranian government “did not respect the presence of the Japanese Prime Minister as a guest, as Tehran instead attacked the two tankers, one of which was heading for Japan,” bin Salman told Saudi-owned paper Ashraq Al-Awsat on Sunday.

The Crown Prince further accused Tehran of “targeting the security and stability of the region,” but stressed that Riyadh does not want the current tensions to spiral into “a regional war.”

Two oil tankers, the Norwegian-owned ‘Front Altair’ and the Japanese-owned ‘Kokuka Courageous,’ suffered attacks in the Gulf of Oman on Thursday. US President Donald Trump and Secretary of State Mike Pompeo quickly pinned the incidents on Tehran, citing intelligence reports. “It’s probably got essentially Iran written all over it,” Trump said on Friday.

Washington later released a blurry video allegedly showing the crew of an Iranian patrol boat removing a limpet mine from one of the ship’s hulls. The US did not provide any additional proof of Iran’s alleged culpability in the attacks. The head of the Japanese shipping company that owned the vessel, meanwhile, told reporters that the crew saw “a flying object” hitting the ship.

Iran has denied all accusations. Foreign Minister Mohammad Javad Zarif said that the US “immediately jumped” to blame his nation “without a shred of factual or circumstantial evidence,” with the goal of sabotaging Iran’s relations with Japan.

The ships were targeted just as Prime Minister Shinzo Abe came to Tehran, marking the first time that a Japanese leader has visited the nation since the Islamic Revolution of 1979.

Experts interviewed by RT raised serious doubts as to whether Iran would carry out such a brazen attack on foreign ships at a time of increasing tensions in the region. “Why would Iran do it? They have no reason to go to war and they have no reason to escalate the situation,” defense analyst and retired lieutenant general, Amjad Shoaib, noted.

Some US allies in Europe were also reluctant to follow Washington’s line of reasoning against Iran. German Foreign Minister Heiko Maas said that the video, which was shared by the US Navy, was “not enough” to “make a final assessment” of the incident.
次の記事は、どこかの国が書かせていることがバレバレです。むしろ威嚇が効いていないのでわざと書かせた? なんでエルサレム発?

時事2019年06月14日13時26分
日本に警告か=安倍首相、イラン訪問中−タンカー攻撃
 【エルサレム時事】イランとオマーンに挟まれたホルムズ海峡付近で13日に起きた日本のタンカーなど2隻に対する攻撃は、安倍晋三首相がイランを訪問し、最高指導者ハメネイ師と会談するタイミングに合わせるかのように実行された。イランとトランプ米政権の仲介を図る日本に対する何らかの警告のメッセージだった可能性もある。
 12日付のイラン保守強硬派寄りの地元紙は「ミスター安倍、あなたは戦争犯罪者(米国)をどうして信用できるのか」という英語とペルシャ語の見出しを、原爆のキノコ雲の写真と共に大きく掲載。反米感情が強いイランの保守強硬派の間で、米国だけでなく安倍首相への不信感も存在することを示した。
 イスラエルのイラン専門家メイル・ジャベダンファル氏(イラン出身)は電話取材に対し、攻撃はイランによるものだと主張した。日本関連の船舶であることを知っていて実行したとすれば「イランの体制が安倍氏を『トランプ大統領の代理人』と見なし、信頼していないことを示唆する狙いがあった」と分析する。
 一方、イランのザリフ外相はツイッターで、攻撃について「ハメネイ師と安倍首相が友好的な会談を行っているさなかに起きた」と強調した。ハメネイ師は保守強硬派が敬愛する存在だ。ハメネイ師の顔に泥を塗りかねない今回の攻撃は、保守強硬派の行為としては不自然な面がある。
 イランでなければ、日本との関係を引き裂こうとする第三国・勢力の関与が疑われる。この場合も、イランと距離を置くよう促す日本への警告だったと考えられる。
 いずれにせよ、ハメネイ師は安倍首相との会談には応じたが「トランプを意見交換に値する人物とは考えない」と表明し、米国との対話を拒否する姿勢を鮮明にした。米国の対イラン制裁が緩和される見通しはなく、ホルムズ海峡やオマーン湾の緊張は今後も続きそうだ。

13日、オマーン湾で、攻撃を受け火災を起こしたタンカー「フロント・アルタイル」と、消火活動を行うイラン海軍艦艇(EPA時事)


JNN/TBS 2019年6月15日(土)15時45分
米国防長官代行、対イランで連携強化したい考え示す
 アメリカのシャナハン国防長官代行は14日、ホルムズ海峡付近で起きたタンカーへの攻撃について、関連する機密情報を積極的に公開し、イランに対する国際社会の連携を強化していきたいという考えを示しました。
 「中東で起きていることは、アメリカの問題ではなく国際的な問題だ。私とボルトン大統領補佐官、ポンペオ国務長官の焦点はこの問題に対する国際的な合意を築くことだ」(シャナハン国防長官代行)
 シャナハン国防長官代行は14日、記者団にこのように述べた上で、「国防総省の役割の一つは外交のための条件を設定することだ」と強調しました。
 アメリカ軍は、タンカーに付着したまま不発になっていた爆発物をイラン側が回収したとする映像を公開しましたが、シャナハン氏は今後も積極的に関連する機密情報の公開を続け、イランに対する国際社会の連携を強化していきたいという考えを示しました。(15日13:54) JNN/TBS

東京新聞2019年6月15日 朝刊
海運会社「飛来物で被害」 乗組員目撃と説明 機雷攻撃を否定
 東京の海運会社「国華産業」の堅田豊社長は十四日、本社で記者会見し、イラン沖のホルムズ海峡近くで攻撃されたタンカーに関し「乗組員は飛来物でやられたと言っている」と説明した。計二回の攻撃のうち、二回目は乗組員が飛来物を目撃していたという。機雷や魚雷による攻撃を受けたとの見方を強く否定した。パナマ国旗を掲げて航行しており、日本の船を狙って攻撃が行われたとは考えにくいとも述べた。
 タンカーの状況については「状態は安定しており、沈没の可能性はない」とした。アラブ首長国連邦に向かってえい航中で、乗組員全員が戻り、予備電源が復旧したという。貨物や燃料の損失もないとしている。
 米軍は、イラン革命防衛隊の小型船が、タンカーに付着させた機雷を取り除いているとする映像を公開したが、堅田社長は「攻撃を受けた場所は水面よりだいぶ上。魚雷や機雷であれば海面より上で損害を受けることはない」と話した。
 国華産業は攻撃された具体的な場所について、十三日はタンカーの左舷としていたが、右舷と修正した。
 国華産業によると、タンカーにはフィリピン人二十一人が乗船。一人が軽いけがを負ったが、応急処置の結果、快方に向かっている。堅田社長は「航路が閉鎖されない限り、船員の同意を得て運航する」として、ペルシャ湾周辺での航行を継続する意向を示した。

画像から見ると国華産業のタンカーは左舷に被弾しているようですが、この側の画像しかなかった?


bloomberg2019年6月13日 18:56 JST
「国華産業」のケミカルタンカーが被弾、乗員に邦人含まれず−国交省
堀江政嗣
中東・ホルムズ海峡の近くで13日、タンカー2隻が被害を受けた件で、国土交通省はそのうちの一隻が国華産業(東京都千代田区)が運航するケミカルタンカーだったことを明らかにした。
  国交省の発表資料によると、被害を受けたのは「KOKUKA Courageous」(パナマ船籍)。同日午前11時45分(現地時間同6時45分)ごろ、機関室外の喫水線付近に被弾した。乗員は船舶から退避を済ませていたという。乗員に邦人はいなかったとしている。
  共同通信は13日、タンカーは日本時間の13日正午ごろと午後3時ごろの2回襲撃を受けたと国華産業を引用して報じた。
  米第5艦隊は13日、ホルムズ海峡の近くで石油タンカー2隻が被害を受けたことを明らかにした。国華のタンカーはサウジアラビアからシンガポールに向けメタノールを積載して航行中で、被害の報道を受けて原油相場は急伸した。  

JNN/TBS 2019年6月15日(土)11時06分
イラン海運当局、タンカー火災は「技術的問題」
 ホルムズ海峡付近で発生したタンカー火災について、イランの海運当局が技術的な問題が原因だったとして、外部からの攻撃によるものだとするアメリカなどの見方を否定する見解を示しているとイランメディアが報じました。
 ホルムズ海峡近くのオマーン湾では13日、タンカー2隻が攻撃を受け、被害に遭ったうち1隻は日本の国華産業が運航するタンカーでした。
 イランのタスニム通信は14日、イランの海運当局が2隻のタンカーで起きた火災について、タンカーの技術的な問題が原因だったとの見方を示していると報じました。
 この火災について、アメリカ政府はイランの攻撃によるものと断定しているほか、被害に遭った国華産業も「飛来したものによる攻撃」との見解を示していて、イラン海運当局の主張はこれら外部的な要因だとする見方を否定するものです。
 ただ、海運当局は「暫定的な分析」だとして、さらなる調査が必要だとの認識も示しているということです。(15日08:54) JNN/TBS

時事通信社2019年6月15日(土)7時39分
米無人機にミサイル発射か=イラン艦艇、タンカー攻撃前に−CNN
 【ワシントン時事】日本などのタンカー2隻がホルムズ海峡近くで攻撃された問題で、米CNNテレビ(電子版)は14日、米当局者の話として、攻撃の数時間前に、イランの艦艇がタンカー周辺を飛行していた米国の無人機MQ9に対し、地対空ミサイルを発射していたと報じた。ミサイルは命中せず海に落下したという。事実であれば、米イラン間の緊張がさらに高まるのは必至だ。
 無人機はイランの艦艇が2隻のタンカーに接近するのを監視していたという。当局者は、この艦艇が実際にタンカーを攻撃したかどうかには言及しなかった。また、数日前には紅海で、イエメンのイスラム教シーア派系武装組織フーシ派が発射したイラン製とみられるミサイルで米無人機が撃墜されたという。

※ buu @buu34氏の21:53 - 2019年6月14日 のツイート
今、BSフジで、ヒゲの佐藤が、「油が流れて(流通して)いる間は護衛艦の派遣はない」とか、アホなことを言っていた失敗



時事2019年06月14日16時12分
機雷攻撃を否定=「乗組員が飛来物目撃」−タンカー運航の国華産業
 中東ホルムズ海峡近くで攻撃されたタンカーを運航する海運会社「国華産業」(東京都千代田区)の堅田豊社長は14日、記者会見し、2発目の攻撃の際に乗組員が飛来物を目撃していたことを明らかにし、「間違いなく機雷や魚雷ではない」と述べた。
 また、タンカーはパナマ国旗を掲げていたことから、「日本だから攻撃したとは考えていない」との見方を示した。
 堅田社長によると、攻撃を受けた箇所は1発目は船の後部、2発目は中央部付近で、いずれも右舷側で海面より上だという。沈没の可能性はなく、米海軍の支援を受け、タグボートにえい航されてアラブ首長国連邦(UAE)に向かっている。
 乗組員1人が軽傷を負ったが、全員再び乗船して発電機などの復旧作業に当たっている。積み荷のメタノールは別の船に積み替えて輸送する方針という。
・・・1隻の積み荷はシンガポールとタイ向けだったようです。飛行機から小型ミサイルを発射?



※ mko @trappedsoldier氏の2019/6/14のツイート
mkoさんがNardeep Pujjiをリツイートしました
この映像はイラン海軍が、2隻のタンカーの乗組員全員を救出した後に撮影したもの。救難信号を受けた米海軍の艦船、レスキューボートの姿はどこにもない。



※ 岩上安身認証済みアカウント @iwakamiyasumi氏の2019/6/14のツイート
岩上安身さんがOKAMOTOをリツイートしました
ハメネイ師のツィートを読むと、トランプと話し合う気はないときっぱり米国との対話を断っていることがわかる。なのに、このように全くのデマを、平然と流す岩田明子とNHK。なぜ、こんなデマ宣伝のために国民は受信料を払わなくてはならないのだろうか。

※ OKAMOTO @corochin61氏の19:15 - 2019年6月13日のツイート
出たぞ!岩田明子のトンデモ解説「イランは、安倍総理の助言を重視してる」。
受信料で出張して、ヨイショ顔2(おこったカオ)

※ Hiromi1961 @Hiromi19611氏の19:34 - 2019年6月13日のツイート
手ぶらでは会ってくれないのか?
「総額2億7000万円余りの緊急無償資金協力を行う考えを伝えました。」
イランを訪れている安倍総理大臣はロウハニ大統領との首脳会談に臨み、アメリカとの対立で緊張が高まっていることを踏まえ軍事衝…

※ Khamenei.ir @khamenei_ir氏の18:14 - 2019年6月13日のツイート
We have no doubt in @abeshinzo’s goodwill and seriousness; but regarding what you mentioned from U.S. president, I don’t consider Trump as a person deserving to exchange messages with; I have no response for him & will not answer him.



JNN/TBS 2019年6月14日(金)12時55分
安倍首相イランから帰国、今夜にも米大統領と電話会談へ
イランを訪問していた安倍総理は14日朝、帰国しました。夜にもアメリカのトランプ大統領と電話で会談し、中東情勢について協議する予定です。
 イランの最高指導者・ハメネイ師やロウハニ大統領との会談を終えた安倍総理は14日朝、羽田空港に到着しました。
 「(ハメネイ師から)『核兵器を製造も保有も使用もしない』。こうした発言があったことは、地域の平和と安定の確保に向けて大きな前進であると評価している」(菅義偉官房長官)
 菅官房長官はこのように、安倍総理のイラン訪問の成果を強調しました。しかしホルムズ海峡で起きた日本のタンカーへの攻撃について、アメリカのポンペオ国務長官が「イランに責任がある」としていることについて問われると、情報収集中であることを理由に「予断を持って発言することは控えたい」と述べるにとどまりました。
 安倍総理は14日夜にもアメリカのトランプ大統領と電話会談を行う方向で調整していて、イランを取り巻く中東情勢について意見交換する予定です。(14日11:21) JNN/TBS

JNN/TBS 2019年6月14日(金)12時55分
「タンカー攻撃はフーシ派」
イエメンでイランの支援を受ける武装組織「フーシ派」と交戦中のサウジアラビア率いる連合軍の報道官は13日、ロイター通信の取材に対し、今回のタンカー攻撃は、「去年7月に紅海で起きた『フーシ派』によるタンカー攻撃と結びつけられる」と述べ、「フーシ派」や関係組織の犯行を示唆しました。
 ただ報道官は、去年の攻撃と今回の関連について、具体的な証拠は示していません。(14日11:18) JNN/TBS
posted by ZUKUNASHI at 21:17| Comment(0) | 国際・政治
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。