ファーウェイが年内に独自OS搭載端末を2億25百万台出荷へ: ずくなしの冷や水

2019年06月15日

ファーウェイが年内に独自OS搭載端末を2億25百万台出荷へ

SPUTNIK2019/6/15
China to Ship 225 Million Devices with Huawei's Own HongMeng and Ark OS Before End of Year – Reports
Chinese tech titan Huawei, is reportedly gearing up to ship almost 225 million devices already running on HongMeng or Ark OS by October 2019 after the Android ban due to the sanctions imposed by the US administration.

According to reports, cited by the Business Times, Huawei will concentrate on equipping the budget smartphone division with the HongMeng OS, while flagship devices will have to wait a little longer since the company-owned OS does not have a wide app ecosystem yet.

A recent report from Rosenblatt Securities revealed that Huawei has already shipped around 1 million devices pre-loaded with the HongMeng OS. According to the report, Huawei's proprietary OS will be compatible with all Android apps and pre-loaded devices will have increased security functionalities to maximize protection for the user's personal data.

According to Huawei's Richard Yu, the company's proprietary OS is ready to be installed on all devices. The Business Times reported that Huawei collaborated with Tencent and made several tests on its proprietary OS with several other smartphone manufacturers like Oppo and Vivo. One of its sources claimed that the Ark OS performed 60 percent faster than Google’s Android.

Huawei has found itself in the crosshairs as Donald Trump’s administration introduced a ban on the use of the Chinese company’s technology, barring US companies, including Google, from trading with the company without government approval.

The US has accused Huawei of exploiting cyberinfrastructure on behalf of China’s ruling Communist Party while threatening to curb intelligence co-operation with any country that allows Huawei equipment to be used in its own networks. The Chinese tech giant has adamantly denied all accusations.


Yahooニュース 2019/6/11(火) 13:21
ファーウェイ、一夜にして独自OS:グーグルは米政府に包囲網解除を要求か
5月24日、中国の「国家知的財産権(知識産権)局商標局」はファーウェイが「華為鴻蒙(Huawei Hongmeng)」というファーウェイ独自のOSの商標登録を終えたと発表した。
 それによれば、ファーウェイは2018年8月24日にすでに独自OS「華為鴻蒙」を商標登録すべく申請を出していて、登録公告をしたのは2019年5月14日だとのこと。米政府がエンティティ・リストを発表する1日前のことだったことが分かる。事前に準備していたようだ。だからインタビューを受ける任氏の態度には余裕さえ感じられたということか。

・・・引用終わり・・・

上に引用した記事の内容には異論があるので後で差し替えます。一夜にして独自OS ? 馬鹿なことを言うんじゃない。

いずれにしても、慌てるのはアイフォンとGoogleです。米国企業です。
Microsoftも気をもんでいるでしょう。スマホ向けのOSと言ったって、いつでもデスクトップに転用できる。

現にロシアはリナックスベースのOSで防衛関連などのパソコンを動かしています。中国が開発に協力しただろうと私は見ていますが。

2019年05月23日
どこがスパイ活動に役立つ情報を集めている?にファーウエイの独自OS待望論を書きましたが、9/22発売? もう完成しているはずと思っていましたが、早い。

今回の騒ぎがファーウエイの独自OSへの移行を早めましたね。

どんなOSになるんでしょう。楽しみです。自分では買わないけど。

個人情報を抜かれず、そこそこ使えれば、乗り換え強力推奨です。

手持ちのアンドロイドタブレットは、別の用途を見つけた。アイフォンを処分して新しいOSのスマホを使ってみようか。

・・・・・

コンピュータのOS
Windows
UNIX
LINUX
MacOS、iOS
ANDROID
Huaweiの新OS HongMeng Oak OS
TRON

Huaweiの新OSに関する日本語の記事は、いくつか見たが全然わかっていない。日本はTRONという家電などに広く組み込まれているOSを開発した国なのに、IT関係の感度が低いし、その社会経済、国際政治に関するインパクトなどを把握できている人はあまりいない?

中国に関する情報も少なく、遅く、バイアスがかかっている。日本は世界からどんどん遅れている。

ファーウエイの創業者、わずかしか彼のインタビューを読んでいませんが、たいした人物ですね。日本の経営者にも立派な人はいるんだろうけど。
posted by ZUKUNASHI at 18:27| Comment(1) | デジタル・インターネット
この記事へのコメント
加油、華為かな?トランプ大統領のGAFA潰しの深謀遠慮かもしれない、と最近思う。
ファーウェイの創業者のお嬢さんの一人アナベル・ヤオ氏(20)はハーバード大でコンピューターサイエンスを専攻しバレリーナでもある優秀な美女とか。
本気のバトルなら逮捕に米国内資産没収ありきでは無いでしょうか?
天才の意図するところは盆暗には分かりません。。。
Posted by たぐちゃん at 2019年06月15日 22:07
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。