1・2号機排気塔が傾いているのは確か: ずくなしの冷や水

2019年06月03日

1・2号機排気塔が傾いているのは確か

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2019/6/3のツイート
4号機ライブカメラから見て、1号機排気筒と垂直に見えるクレーンと比べるとわかる。これからは何があっても情報は出さないでしょう。削除されたり偽り情報震災後からの経過みてもわかる。原発に係わる人間の悪どさ、醜さ嫌というほど見せられた。医者でも平気で嘘をつくという現実、福島から逃げろ!

※ 桑ちゃん @namiekuwabara氏の2019/6/3のツイート
どんどん海側に沈んでいるように見える福島第一原発、その内排気筒も建屋もメルトダウンだったりして、MP2空気中放射能濃度6時40分現在1.8E-06Bq/cm3管理区域値となるが半減期1〜30日は4E-07Bq/cm3なんだけど無視する原発オリンピックモードで情報抑制http://www.tepco.co.jp/decommission/progress/about/livecamera/index-j.html

1号機側からのF1ライブカメラ映像。2019/6/3、午前9時前

クレーンのワイヤーが下へ長く伸びています。これは鉛直。このワイヤーに合わせて四角を描くと下のほうでずれが生じます。これはカメラ画像が水平あるいは鉛直に置かれていないため。


ワイヤーが四角の一辺と一致するように画像を回転させます。そしてこのワイヤーに合わせて四角を描くと、排気塔が鉛直であればワイヤーと平行になるはず。排気塔が鉛直方向からずれています。


この画像では、海側よりも2号機側に傾いているように見えます。4号機側のライブ映像では、1・2号機排気塔の下部は海側より山側が広いように見えます。ということは海側に傾いている。



3・4号機排気塔はそのようなずれが見えません。1・2号機排気塔だけでなく2号機の原子炉建屋なども傾いている?

1・2号機排気塔の根元にある超強力な放射性物質は8年の経過の中で物理的、化学的変化を生じています。今も排気塔の先から飛散しているものもあるでしょう。

1・2号機排気塔の解体作業は延期になっています。
posted by ZUKUNASHI at 11:38| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。