西日本に住む方が東に旅すると今なお体調不良を生ずるわけ: ずくなしの冷や水

2019年06月01日

西日本に住む方が東に旅すると今なお体調不良を生ずるわけ

2019/6/1、Hさんから寄せられた投稿を掲載する。

空気中の「はひふへ 」に即座に反応すると感じています。 近くのMPの凸と連動している時もあれば、そうでない時もあります。 風向きかなと思っていましたが、 希ガスの種類もあるのですね。

以前、新幹線の静岡あたりで気分が悪くなったとコメントしました。それ以外に、 敦賀付近を通るときもひどい吐き気がします。日中だけのことでなぜか夜間(帰り)は大丈夫なんです。(風向き?)

別の時期に新幹線の車中で、突然胃がでんぐり帰り、ダメだと思いトイレに駆け込みました。 一息ついて手と口をゆすいでいたら、名古屋に停車しました。ほんの5分間のことです。 列車で遠出するときは用心して、いつも食事を抜いています。(それでも吐くのです、胃液を)

不思議なのは、東や北東方面にいくときは吐き気になり、その方面でしばしの滞在の後、  反対方向に帰るときはなんともないような気がします。  なんともない ≒ 反応していない ≒ 体のセンサーが鈍くなってる? なんだか  そんな感じがするような…しないような… 見えない空気、怖いです。

・・・引用終わり・・・

Hさん こんにちは
静岡、愛知、敦賀、金沢ですね。どこも管理人の現在の注目地点です。
静岡が再稼働すれば、管理人も特に冬季は東京近郊にはいたくありません。防波壁の高さや強度の問題以前に、静岡の施設は欠陥があります。F1事故の後停止したのは、固有の欠陥によるものです。再稼働したら、特に神奈川は大変なことになるでしょう。

愛知は、しばしば若狭湾の影響が出ています。風向き次第ですが、少なくとも敦賀半島にある核施設については、京都や大阪でみられる以上の線量率の変動を愛知に及ぼしているように見られます。

敦賀市については、不思議なことに影響を懸念する声が聞こえません。影響は必ずあるはずですが。

金沢は、越前岬が西に突き出ていることから南風でも若狭湾からの影響はあまり大きくならず、むしろ、より北の日本海側で影響が出ます、能登半島の原発についても西風の際には新潟以北に影響が出ることが多くなっています。

ですが、全く影響がないわけではない。

西に行く時よりも東に行ったときに体感が激しいとしたら、それは佐賀、川内、伊方の影響を受ける範囲の幹線交通の量が少ないためと考えます。中京以西に住む方は、やはり北陸、東海、関東には出かける機会が多いです。逆に西のほう、例えば大分県の温泉に出かけた場合、伊方からの放出状況によっては大変強い体調不良を生ずることもあるはずとみています。

身体症状の改善の由伺って喜んでいます。
posted by ZUKUNASHI at 19:18| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。