公務員志望者が減っているらしい: ずくなしの冷や水

2019年05月29日

公務員志望者が減っているらしい

先日、昔の職場の同僚というか実質的な上司から電話がありました。私より2、3歳上です。

用件は昔の職場の飲み会の連絡をしたのに返事がない、というものでした。私は1週間に1回くらいしか郵便箱を開けないので、前日にそのハガキを見たところでした。

いつも断っているのでもう来なくなってもいいのですが、その先輩はそれでも連絡をくれるのです。ハガキを作る手間が大変だろうと聞いたらほとんど私のために作っていると。私は世捨て人なのでメールアドレスも教えていなかったのですが、申し訳なく思いメルアドを伝えました。

「全部小文字ですな」と確認してきました。おぬし、詳しいな!

この方は、大きな組織のトップまであと一歩だったのですが、時の政治情勢からその道が閉ざされてしまったのです。今も研究所のようなところのトップをしているはずです。

父上の経歴からしても紛れもなくエスタブリッシュメントの一員なのですが、いろいろな立場にもオープンで度量の広い人物です。

どうしているかと心配してくれますので
「ご一緒していた時の先輩より私のほうが今は体重があると思います。太っているとあの頃の先輩のように重厚感と安定感が出るはずなんですが、ななかなかそうはなりませんね」

「下流老人していますが、結構忙しいんですよ。ブログなんかを始めてしまったので」

「なんというの?」

「すみません。dissidentのブログなので、披露できません。言論の自由など、この国にありませんからね。自分が便所の浄化槽に投げ込まれたり、子供や孫が怖い思いを、不都合を受けることのないように気を付けています。ブログの内容自体は、私は価値観、世界観の違いはあっても客観的なものだと自負していますが。私自身、そして家族も言論のために命を投げ出す覚悟はできていないのです。」

この先輩には、私のブログを教えてやってもいいとは思っています。いろいろ意見もくれるでしょう。ですが、私のブログをそしてその管理人を知っていることが判明して先輩に迷惑をかけたくない。

私はこの先輩を尊敬しています。先輩後輩の関係でお付き合いいただければありがたいと思っているのです。

以前病院に通っていると話がありましたので回復したかと問うと被ばくが原因ではないかと思われる症状でしたので、あれに気を付けていますかと問うと、ごにょごにょとごまかされてしまいました。彼は答えたくない話には、そんな対応をするのです。

エスタブリッシュメントは、やはり彼のような優秀な、かつ度量の広い人間を擁しています。彼が今の政権の政策決定に直接関与しているか不明ですが、もし関与しているとしたら、これは手ごわい。

彼なら、このブログで取り上げているような事柄について、なんにでも自分の意見、見解を持っているでしょう。そして議論しても建設的なやり取りになると思います。

私の知る人たちの中で、なかなかそんな人はいません。

彼は役所との付き合いもあるようで、今の公務員は良心とかなんだとかにこだわっていたらやっていられない、士気の低下にとどまらず、公務員の希望者が減っているようだと言っていました。

息子さんはとっくに東大を出たはず、今どんな仕事をしておられるのか機会があったら聞いてみたいです。親父のかかわり方とともに。
posted by ZUKUNASHI at 13:11| Comment(2) | 社会・経済
この記事へのコメント
私も震災後、話しが通じない人から悪い影響を受ける、いわゆる安全厨への懐柔を恐れて人とあまり会わなくなっていました。それを体調のせいにしていましたが、半分くらいは当たりです。それでも、今会っておかなければ人がバタバタと倒れゆく時代にこれから入って行くだろうと思い、生涯の記念に出かける事もたまにはありました。その中の一つが職場のOB会です。
しばらく会っていない上司の事など聞いてみたいと思ったのですが、他局共に定年前に亡くなっていた方が多かったのです。震災の影響も当然あるだろうと思います。ずくなしさんの上司様はお元気そうで何よりですね。
良心とか士気の低下に関しても、思い出したことがあります。最近、1年ぶりに友達から電話がかかって来ました。大病を患い手術をしていたのだそうです。私は自分から連絡はしないので、それを聞いて申し訳なく思い、つい長話になりました。友達は相続についてもトラブルを抱えていて、弁護士を立てて争おうとしたのだそうですが、一般的には友達の言い分が通りそうな案件であるにもかかわらず、弁護士から、今は正義が勝てない時代ですから、と言われたらしいのです。
確かに最近の裁判はおかしな判決が多く、署名運動が起きているものもあります。忖度だけならまだマシですが、裁く人間の質が落ちて来ているのではないか、むしろその方が恐ろしいと思います。これも被曝の影響でしょうか。
Posted by 良心 at 2019年05月29日 17:52
(ブログ『すくらむ』さん より)
「働き方改革」に逆行する #霞が関のリアル
http://ameblo.jp/kokkoippan/entry-12464758260.html


昨日(2019/05/29)の記事。
直接には、地方から中央に来たGさんの、白血球の話が気になります。

また、公文書がいまや『二重帳簿』状態な現状にも唖然。
Posted by もんと at 2019年05月30日 03:23
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。