あなたならどうする 売る人が悪い? でもそれしか売るものがないのでは?: ずくなしの冷や水

2019年05月27日

あなたならどうする 売る人が悪い? でもそれしか売るものがないのでは?

※ ***@****氏の2019年5月26日 のツイート
長女は、外食から帰ると鼻血を大量に出します。出方が半端なく、30分以上止まりません。ティッシュ詰めてもすぐにボタボタに滲みて、ずっと替え続けます。病的です。昨夜お刺身盛合せを食べた後、同じようになりました。産地は記載なしでした。
お願いです、放射能汚染されたもの、平気で売らないで!

※ ***@****氏の2019年5月26日 のツイート
本当に、そうですね。昨日は法事で、会食した後の鼻血でした。ちなみに長女、9歳。これまで、外食で米を食べた日は、ほぼ大量鼻血出血です。ラーメン屋のチャーハン食べた時には、食べた直後、1時間位、鼻血で店から出られませんでした。外食、やばいですあせあせ(飛び散る汗)

・・・引用終わり・・・

この方のお子さんは、内部被ばくの蓄積があると懸念されます。

皆さんならどう助言しますか?

この記事を掲載してまだ48時間も経っていませんが、反応が少ないですね。

管理人がこの方のツイートに注目したのは
@ 外食するたびに鼻血を出すと認識しておられても、外食をやめようとする気配が窺われません。外食の選択も念頭にあるのかないのかも不明です。

A 鼻血が何か一過的なもので、それが止まりさえすれば何も害は残さないと見ておられるように感じます。実際には外食でものを食べた後ですから、内部被ばくによる刺激が鼻血を起こしていると考えるべきでしょう。
ですから鼻血を出すたびに娘さんと同じものを食べた家族の内部被ばくは蓄積している恐れがあります。

B 「放射能汚染されたもの、平気で売らないで」と書いておられますが、業者も食品が食材がどれだけ放射能で汚染されているか知るすべはありません。業者は農産品は産地によって汚染度合いが違うことを知っているでしょう。現に汚染地域の農産品は価格が安いのですから。でもその程度です。
このツイート主は、原発事故によって放射能汚染が生じた場合、放射性物質が降下した地域では地上のありとあらゆるものを汚染することを知っていません。

C この方は、食べて応援はしていなかったのでしょうか。もし食べて応援をしていれば、他の家族にも内部被ばくによる身体症状が強く出たでしょう。
2019年05月20日
福島の食品を2年半毎日食べて

(ここでTさんからコメントが入りましたが続けます)

D SYさんが指摘しているように、業者の側にしてみれば
>それしか売るものがない(買えるものがない)
状況なのです。西の割高な農産品を仕入れてもどれだけ売れるかわからない。
「消費者が安全をのぞめば、売れるものを「企業努力で量産」という楽観論もありましたが、こと食料に関しては生産に限界があります」
管理人が海外産品、特に南半球産の農産品にシフトするしかないと書いてきたのは、そのような事情を踏まえたものです。

E 多くの主婦が千葉県下が都市近郊野菜の主要産地であることを知らないように、自分たちが日ごろ口にしている農産物が海外、あるいは国内のどこでどのように栽培されているか、知る人はまずいないでしょう。

F そういう知識のない人が今回の原発事故で汚染食品の最終消費者となりました。そういう無知に付け込んだ商法は、日本ではかなり前からはびこっています。携帯電話商法は典型です。食べ物では、添加物、トランス脂肪酸、遺伝子組み換え作物、危険性の高い農薬の使用など気を付けなければならないことはたくさんありました。

G でも残念ながら、日本の多くの主婦などはそのような知識に見向きもしなかったのです。何世代か経るうちに弊害が現れるだけだから気づかれることはない、因果関係の証明などできない、という業者側の利益優先の論理は、こと放射能汚染された食品については通用しなかったのです。

8年も経たないうちに重篤な疾病に苦しむ人、家族の大黒柱が急死して途方に暮れる例が続出しています。

Tさんからコメントによれば、このツイート主は被爆回避を始めようとしているとのこと、よかったと思います。ですが、8周遅れを取り戻すためにはよほど徹底的な努力が必要です。
posted by ZUKUNASHI at 19:49| Comment(4) | 福島原発事故
この記事へのコメント
子供の感受性は大人の10倍
外食で鼻血→外食止める
米の産地確認、西の物限定。放射線量測定済みの物なら尚良し
牛乳製品中止
給食辞退
夏休みには西に保養に最低2週間

日本近海の魚危ない
肉も然り。哀しいかな原発爆発で日本は終わった。
Posted by T at 2019年05月26日 10:18
>それしか売るものがない(買えるものがない)

そういう状況でしょうね。
消費者が安全をのぞめば、売れるものを「企業努力で量産」という楽観論もありましたが、こと食料に関しては生産に限界がありますから(積極被曝利権もあるし・・)

今年は春先の世界的な異常気象で秋以降の需給が逼迫するのでは?と言われていますから、もっとひどくなる可能性もありますね。
みんな一緒なんだから我慢しろよというのが、一般庶民に向けたお国のメッセージでしょう。

気にしない人は食べて、体調不良になったら早めにあの世へ退避がトレンドでしょうか。
Posted by SY at 2019年05月26日 12:48
ごめんなさい、最初に謝ってしまいます。
助言なんて必要ないんじゃないですか?
子供を内部被曝させたくなかったら、日頃から特に食べると危ないリストを作って子供に学ばせたり、常に食卓の話題に出して意識の転換を図ることはとても大切です。スーパーに買い物に行って野菜など産地を一緒にチェックしたりしているうちに、子供の方からこれは食べられないと自然に言うようになります。そのためにも給食はやめてお弁当にしておかないと辻褄が合いませんから、知識と実践の間に誤差がないようにしておかなければいけませんね。私はたとえ変な人と思われようが、スーパーで子供に説明しながら買い物をしてきました。その成果はあったと思っています。
この方の食卓はとても自由に見受けられます。脇の甘さから、給食も食べさせているのでは?
国や大企業東電が平気で嘘を言い、大手スーパーが大々的な産地偽装をして私たちの食に対する信頼というものは徹底的に薄れました。震災後すぐの話です。
自分で作れなければ買うしか苦肉の選択肢はないのに、未だに信用していらっしゃる?まだ懲りていないのですか?
疑わしいものは排除するという事を学ばなかったのでしょうか?
腹が立って仕方がありません。
知っているなら子供は最低限のリスクからは守れるはずです。知らなかった人は残念ですが、知っていてやらないのは怠慢です。
このような方は比較的多くいらっしゃるのでしょうか?
なんだかガックリ来ますね。国が販売停止を言わなければ、生産者は喜んで毒入りだろうが売るのです。それで利益が出るなんて夢のような話です。良心を失ったものたちに囲まれていたら、簡単に陥れられることは誰でもわかるでしょう?
何を今更甘えた事を言っているの?
Posted by 意味不明 at 2019年05月27日 10:35
この御題のツイ、続きを見ました。
遅まきながら危険回避のために努力を始めようとしておられます。わが子は皆可愛い。
これからの為にこの「ずくなし」サイトにたどり着くように祈ります。

トランプ大統領のツイで「8月になったらダブル選挙も終わり農業交渉を本格化させ『アメリカの農産品をしこたま買わせる』様になる。期待している。」と有りました。安倍総理大臣が「日本国の農民、国民の生死は知ったこっちゃ無い、総理の椅子が大事!!」スタンスなので生産者と消費者が今度こそ手を携えて日本の農業を守らなくてはいけないと思いました。
選挙の1票で日本を変えましょう。
Posted by T at 2019年05月27日 19:05
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。