福島の食品を2年半毎日食べて: ずくなしの冷や水

2019年05月20日

福島の食品を2年半毎日食べて

※ 世界銀行300人委員会⚔️ @someone5963氏の8:05 - 2019年5月20日のツイート
福島米食べて応援した結果 | masaaki Suzukiのブログ
食べて応援は、キチガイどもが言ってる事なので、真に受けないようね。

masaaki Suzukiのブログ
福島米食べて応援した結果
2019-03-06 13:10:44
から一部引用。詳しくは元ブログで。

福島米を(郡山市産)、食べ始めたのが2015年末か2016年初めです。
食べるのを辞めたのが、2018年秋。
2018年3月に、私の父親の親指の皮膚癌が判明し(現在は手術をし、経過観察中… 再発の兆しあり。)、同月に母が原因不明の血便で3週間入院(一応病名としては、虚血性大腸炎)しました。
その夏の私の健康診断で、人生初めて心電図で要観察となり…
その後、2018年秋に2歳の娘が突然自立排尿出来なくなり、原因究明のために1ヶ月入退院を繰り返しました。
(診断結果は、原因不明の神経因性膀胱の尿閉で、現在は投薬で通院中です。)
直接摂取は1年8ヶ月程度ですが、私の母乳から間接摂取をおそらく生れた後直〜離乳までの1年しております。
(※妊娠中は福島米はまだ食べていなかったように記憶します。)

・・・引用ここまで・・・

元ブログを読んで絶句しました。食べるのを止めれば、元に戻るわけではないことはまだ理解されていない? あまりに厳しい、つらいことで今はまだ向き合えないのかもしれませんが。

これからはこのような体験談が増えるでしょう。でもそういう体験を話してくれる人は、最悪の事態にまでいかなかった方に限られるでしょう。

配偶者を、子を失うという最悪の事態に至った人は、口をつぐんでしまうのではないでしょうか。
posted by ZUKUNASHI at 23:02| Comment(0) | 福島原発事故
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。